無料ブログはココログ

高尾山薬王院の紅葉

 12月上旬に高尾山へ行き、まだ残っていた紅葉を見てきました。

高尾山薬王院の紅葉

 高尾山薬王院の山門脇の石燈籠に苔が生えていて、しかもその背後に紅葉があるのを見て、「これだ!」と直感。撮影しました。

【紅葉関連記事】
西明寺(2020年、イギリス)
都山流本曲「紅葉」(2020年、日本)
井の頭公園の紅葉(日記)
11月下旬の紅葉(日記)
『あいぼりー Vol.134 2022 November』京王電鉄株式会社
『新宿plus vol.15』一般社団法人 新宿観光振興協会
『第11回 都立庭園 紅葉めぐりスタンプラリー』JR東日本
『第13回 都立庭園 紅葉めぐりスタンプラリー』JR東日本
『東京メトロ×東京都公園協会 紅葉満喫スタンプラリー』
若山牧水歌碑(立川駅北口)

映画『シン・ウルトラマン』スタンプラリー

 フォルダの中からこんな画像が出てきました。

映画『シン・ウルトラマン』スタンプラリー

 調べてみたら、去年の5月に横浜でこのスタンプラリーに参加していました。
 その後、台紙を基にレビュー記事を書いて当ブログに投稿しようと思ったものの、原稿が散逸して果たせず、そのまま忘れられてしまったようです。ただ、上掲の画像だけは作っておいたので、今更になってそのことに気付いたという次第。
 このまま捨ててしまうのは勿体ないので、ここにちょっと載せておきます。

【ウルトラマン関連記事】
自主制作映画『帰ってきたウルトラマン』(監督庵野秀明:1983)
『東京スカイツリータウン10周年記念 TOBUウルトラマンスタンプラリー』
『東京メトロ ウルトラマン スタンプラリー』東京メトロ
池袋のウルトラマン
ウルトラマン(後楽園)
ウルトラマン像(祖師ヶ谷大蔵駅前)

神田古本まつり&神保町ブックフェスティバル(2023年)

 10月某日、神田古本まつり及び神保町ブックフェスティバルに行ってきました。

神田古本まつり&神保町ブックフェスティバル

 相変わらず人がいっぱいで、歩くだけでも疲れましたわ。
 ところで、外国人観光客もチラホラ見かけましたが、都心のイベントにしては少ないという印象を受けました。そもそもここで売られている古本の殆どは日本語で、日本語が読める外国人観光客なんてそうはいない。一応、洋書もありますけど、洋書は少数派ですからね。

【関連記事】
第56回 神田古本まつり(2015年)
神田古本まつり・神保町ブックフェスティバル(2016年)
神田古本まつり&神保町ブックフェスティバル(2017年)
神田古本まつり&神保町ブックフェスティバル(平成30年)
神田古本まつり&神保町ブックフェスティバル(2019年)
第61回 神田古本まつり(日記)(2022年)
神田古本まつり&神保町ブックフェスティバル(2022年10月)

滄浪泉園

 10月某日、東京都小金井市にある滄浪泉園(そうろうせんえん)に行きました。
 何年か前に滄浪泉園の前を通った時、ここもいつかは行ってみたいものだと思ってそのままだったのですが、今回行くことができました。
 入園料は100円(令和5年10月時点)で、敷地はそんなに広くはなかったです。とはいえ、中にある泉はファンタジーの世界なら妖精か水魔にでも遭遇しそうな雰囲気が感じられなくもなかったです。

滄浪泉園

【関連記事】
武蔵小金井 滄浪泉園【4K】

川崎市立日本民家園

 8月某日、生田緑地スタンプラリーのついでに川崎市立日本民家園(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)に行ってきました。数年ぶりに行ったら入園料が500円から550円に値上がりしていました。
 それはさておき、当日は暑かったので、なるべく日陰に入るようにして園内を移動。解読できるかどうかわかりませんが、馬頭観音供養塔などを撮影しました。本来なら現場で文字をじっくりと読むところですが、炎天下ではそれもままならず、とりあえず写真撮影だけ済ませてその場を後にしました。
 それから、屋内ではちょっと怖い写真も撮影。

ダルマ

鎧

部屋の片付けをしていたら

 部屋の片付けをしていたら、色々と出てきました。書評としてレビューできそうなものがあったので、とりあえず一部をレビューしてみました。

部屋から出てきた新刊案内など(目次)
『禁談 近代麻雀2/15増刊号』竹書房(目次)
『本当に存在する 投稿!恐怖心霊動画』株式会社ダイアプラス(目次)
『日本民謡曲集』野ばら社(目次)

 それから、2007年夏の秋葉原電気街まつりのスクラッチくじが出てきました。もちろんハズレです。
 なんでこんなものを取っておいたのだろうと思いましたが、ともかくもこれによって自分は秋葉原電気街まつりに参加していたことがわかりました。参加したことがないと思っていたのは記憶違いだったようです。

 又、「深大寺手打ちそば 湧水」のクーポン券(ゆうすいポイントカード 20ポイント)も出てきました。昔、深大寺へお参りしたついでに手打ちそばをいただいたのですが、どこの店だったか忘れてしまいました。
 このクーポン券を見て愚考するに、会計時に貰ったものを取っておいたのでしょう。というわけで私が手打ちそばを食べたのは「湧水」だったようです。おいしかったなあ。

池波正太郎生誕100年記念スタンプラリー

 5月某日、池波正太郎生誕100年記念スタンプラリーに行ってきました。これは東京都台東区内の7箇所を巡って重ね捺しをするもので、ゴールは池波正太郎記念文庫となっています。開催期間は2023年5月1日(月)~31日(水)。

台紙

 これは…どこぞの川の風景かな?
 尚、賞品はクラフトペーパーかピンバッジのどちらかを選べるのですが、私はピンバッジを選択。こっちの方がかさばらないからいいやと判断しました。

 次に、池波正太郎記念文庫についても少々。ここへは以前から行きたいと思っていたものの果たせずにいたのですが、今回のスタンプラリーを機会に行ってみることに。
 私が行った時は「時代小説展 ヒーロー」と題した企画展をやっていました。ヒーローを描いた時代小説・歴史小説の数々を展示。展示書籍を一々列挙はしませんが、司馬遼太郎『燃えよ剣』ならば映画化作品を当ブログにてレビューしたことがあります。
 この時はスタンプラリーをやり遂げてヘロヘロだったのでそんなに熱心に見て回ることはできなかったのですが、展示作品の中に自分が読んだことのあるものを見つけると、「ああ、これ読んだわ」と思い出しました。

 最後に、当ブログにて現時点でレビューしている池波正太郎作品を列挙しておきます。

劇場版 鬼平犯科帳
池波正太郎「雲州英雄記」
池波正太郎「応仁の乱」
池波正太郎「勘兵衛奉公記」
池波正太郎「霧の女」
池波正太郎「黒雲峠」
池波正太郎「黒幕」
池波正太郎「紅炎」
池波正太郎「刺客」
池波正太郎「獅子の眠り」
池波正太郎「将軍」
池波正太郎「賊将」
池波正太郎「智謀の人 黒田如水」
池波正太郎「晩春の夕暮れに」
池波正太郎「猛婦」
池波正太郎「槍の大蔵」

【関連記事】
【池波正太郎生誕100年記念】スタンプラリーを実施しています!・・・このイベントは終了しました

上野動物園のゼニガタアザラシの赤ちゃん

 2023年4月8日、上野動物園でゼニガタアザラシの赤ちゃんが産まれました。5月某日、その赤ちゃんを撮影。暑い中、赤ちゃんは基本的に寝ていたのですが、ようやく動いたところを撮ることができました。

上野動物園のゼニガタアザラシの赤ちゃん

 一方、母アザラシは周囲を警戒(たまにこっちを見ていた)。

【ゼニガタアザラシ関連記事】
ゼニガタアザラシの赤ちゃん「ブルー」に会おう
なまいきチョルベンと水夫さん
ベルクのゼニガタアザラシの昼寝

皇大神宮の渡殿

 1月某日、神奈川県藤沢市の藤沢七福神めぐりに行ってきました。
 私は以前、「奉造営渡殿壱連の碑(皇大神宮)」という記事を書いた折、渡殿の写真を撮りそびれたことが少々心残りになっていました。今回、藤沢七福神めぐりで皇大神宮を再訪する機会に恵まれたので、写真を撮ってきました。

皇大神宮の渡殿

 石碑の後ろに建っているのが渡殿です。写真向かって左側に社殿、右側に社務所があったと記憶しております。それから、渡殿の向こう側にも別の石碑が立っているのが見えたのですが、立入禁止の看板があったのでそちらへは行けませんでした。

11月下旬の紅葉

 令和4年(2022年)11月下旬に紅葉を撮影。

Yygkuyu
代々木公園

Fdtnkuyu
布多天神社

Jndijkuyu
深大寺

【関連記事】
井の頭公園の紅葉(日記)
高尾山薬王院の紅葉(日記)

より以前の記事一覧

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29