無料ブログはココログ

トレースしてみた

 トレース紙を買って描いてみました。

ドナルド・トランプ

 元の画像はあまりに有名なのでここには引用しません。

新横浜ラーメン博物館

新横浜ラーメン博物館

 狭い通路を撮影。心霊写真っぽい雰囲気が出ています。

【追伸】
 ラーメンおいしかったです。

寒川神社

 私がお参りした当日は曇天だった(雨も少し降ったかな)ので、社殿の写真があまり映えないものになりました。そこで画像ソフトで加工してモノクロに。これで少しはマシになったかと思います。

寒川神社

青木ヶ原の樹海を撮影

青木ヶ原の樹海

【樹海関連記事】
思わず青木ヶ原樹海に行きたくなる動画
樹海の最強霊媒師
日本の自殺の森

神田古本まつり・神保町ブックフェスティバル

 去年の10月某日、神田古本まつり・神保町ブックフェスティバルに行ってきました。

神田古本まつり

 その際に購入した本『親鸞』(責任編集・石田瑞麿、中央公論社)の中に変なシールが貼ってあるのを発見。

オレハ賀川昭夫

 「オレハ賀川昭夫」とあります。元の持ち主でしょうかねえ。だとしたら、わざわざこんなシールを作って貼り付けているというのは強烈な自己顕示欲と見ることもできます。
 ちなみに、「賀川昭夫」の名を検索したら経済学者が出てきました。同一人物か同姓同名の別人かは不明。
 しかしながら、そんなことは私にとってはどうでもいいんです。というのは、本書を少し読んだだけですが、なかなか読みごたえがあって面白いからです。
 尚、本書収録作品のレビューについては(いつになるかわかりませんが)本ブログにてアップする予定です。

心霊写真!?

 夏の某所にて撮影。

心霊写真!?

 何やら赤く光るものが写っていますが、実はこれ、月なんです。木の間隠れの月を撮ろうとしたのですが、夜間に撮影したものだから、こんな風にブレちゃったんですわ。

「妖怪がいた!――ここにも、そこにも、町田にも――」に行ってきました。

 2016年7月16日(土)~9月19日(月・祝)開催の展覧会「妖怪がいた!――ここにも、そこにも、町田にも――」(会場:町田市民文学館ことばらんど)に行ってきました。

妖怪がいた!――ここにも、そこにも、町田にも――

 百鬼夜行図絵巻や鳥山石燕といった古典はもとより、妖怪フィギュアや妖怪絵本などの最近のものも展示してあって、入場無料の割には充実しているな、というのが正直な感想です。
 又、個人的には石黒亜矢子や山科理絵といった「妖怪画家」を知ることができたのは収穫です。
 それから、妖怪画ではこの人の存在は外せないであろう、水木しげるの作品もありました。水木しげるの妖怪キャラクターのお面が展示されているのですが、そのお面の中にサラリーマン山田が。いやいや、そいつは人間ですって、一応。

【関連記事】
水木しげる(目次)

水かけごはん作ってみた。

 アニメ「くまみこ」で水かけごはんの作り方が出てきました。お手軽で私でも作れそうだったので、試しに作ってみました。

水かけごはん

 冷や飯をざるで洗って皿に盛り付け、氷を添え、冷蔵庫にあった漬物をのせ、かつお節、しょうゆ、ごま油をかけてできあがり。アニメに出てきたものより雑で手抜きしていますが、それでも結構いける。
 昼飯のレパートリーが1つ増えましたわ。

「直筆!ハリウッドスターサイン展」に行ってきました。

 7月某日、「直筆!ハリウッドスターサイン展」に行ってきました。会場は紀伊國屋書店新宿本店4階フォーラムで、入場無料。
 なぜ無料なのかというと、展示即売会だから。オードリー・ヘプバーンやマイケル・ジャクソンなど数多くのスターのサインが展示されていて、10万円、20万円を超えるものも珍しくないのですが、売約済みのものも結構ありました。こんな高値でも買う人がいるんですねえ。

直筆!ハリウッドスターサイン展

累塚(祐天寺)

 某日、目黒区の祐天寺に行ってきました。祐天寺は駒沢通り沿いにあるので、辿り着くのは比較的容易でした。

 さて、ここには累(かさね)塚というものがあって、これが今回の私の目当て。怪談『真景累ヶ淵』ゆかりのスポットです。
 寺務所前に掲示された案内図をチェックすると、累塚は鐘楼の隣にあるとのこと。おやおや、本堂へお参りする際に累塚の前を素通りしていました。すっかり見落としてましたわ。いかんいかん。

累塚(祐天寺)

【関連記事】
怪談(2007年)

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31