無料ブログはココログ

勝海舟夫妻墓の傍の石碑

 東京都大田区の洗足池の畔に勝海舟夫妻の墓が建っているのですが、その傍には江戸無血開城を顕彰する石碑が建立されています。

勝海舟夫妻墓の傍の石碑

 今回私は、この石碑を解読してみました。尚、引用に際しては旧字体を新字体に変えるなど、一部表記を改めました。

慶応三年十二月 王政古ニ復シ翌明治元年二月大総督熾仁親王(※1)勅ヲ奉シ 錦旗東征セラレ三月十五日ヲ期シテ江戸城ヲ攻メシム城兵決死一戦セントシ兵火将ニ全都ニ及ハントス時ニ勝安芳(※2)幕府ノ陸軍総裁タリ時勢ヲ明察シテ幕議ヲ帰一セシメ十四日大総督府参謀西郷隆盛ト高輪ノ薩藩邸ニ会商シテ開城ノ議ヲ決シ四月十一日江戸城ノ授受ヲ了セリ都下八百八街数十萬 生霊(※3)因テ兵禍ヲ免ガレ江戸ハ東京ト改称セラレテ 車駕此ニ幸シ(※4)爾来 三朝(※5)ノ帝都トシテ殷盛比ナシ是レ一ニ隆盛安芳ノ両雄互ニ胸襟ヲ披キテ邦家百年ノ大計ヲ定メタルノ賜ナリ今ヤ東亜大有為ノ秋(※6)ニ方リ当年両雄ノ心事高潔ニシテ識見卓抜ナリシヲ追慕シ景仰(※7)ノ情切ナリ茲ニ奠都(※8)七十年ニ際シ両雄 英績ヲ貞石(※9)ニ勒シテ之ヲ顕彰シ永ク後昆(※10)ニ伝フ
   昭和十四年四月
     東京市長従三位勲一等小橋一太謹識

※1.有栖川宮熾仁親王。
※2.勝海舟。安房守だったので勝安房ともいう。
※3.人民。
※4.誰の車駕かは書いてないが、「幸」(みゆき)の字を用いていることから天皇とわかる。
※5.明治・大正・昭和。
※6.後述。
※7.徳を仰ぎ慕う。
※8.都を定める。
※9.堅い石。
※10.後の世の人々。

 続いて現代語訳をどうぞ。

【拙訳】
 慶応三年十二月、王政復古となり、翌明治元年二月に大総督・有栖川宮熾仁親王は勅命を奉じ、錦の御旗を掲げて東征され、三月十五日に江戸城を攻めることにした。江戸城の兵らは決死の覚悟で戦おうとしていて、戦火は今まさに江戸中に広がろうとしていた。
 その時、勝海舟は幕府の陸軍総裁だった。彼は時勢が官軍にあると見抜いて幕府内の意見を集約し、十四日に大総督府参謀・西郷隆盛と高輪の薩摩藩邸で会合して開城の合意をし、四月十一日に江戸城の受け渡しが完了した。
 城下の八百八町、数十万の人民は、これにより戦禍を免れ、江戸は東京と改称され、天皇がこの地に行幸され、それ以来、三代に渡って首都としてかつてないほど繁栄した。これは一つに、隆盛と海舟の両雄が互いに胸襟を開いて国家百年の大計を定めてくれたおかげである。
 今、東アジアは大変な時期を迎えている。両雄の心が高潔で見識がとても優れていたことを追慕し、その徳を切に仰ぎ慕う。ここに遷都七十周年に際し、両雄の優れた功績を堅い石に刻んでこれを顕彰し、長く後の世の人々に伝える。
   昭和十四年四月
    東京市長従三位勲一等小橋一太謹んで記す

 さて、銘文の中に「今ヤ東亜大有為ノ秋(とき)」とありますが、これは一体どういうことでしょうか? 碑文には「昭和十四年四月」とありますが、この時期は日中戦争の真っ最中であり、「東亜大有為」とは日中戦争を指すものと思われます。だとすると、この顕彰は戦時プロパガンダ臭がしますな。もちろん、こんなプロパガンダがあろうとなかろうと、江戸無血開城の英断は評価されて然るべきです。
 ところで、昭和14年を西暦に換算すると、1939年。ここで私はピンと来ましたよ、この年の9月に第二次世界大戦が勃発したんだと。こうなるともう、無血開城なんてハナシどころじゃなくなってきます。

落合信彦『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』集英社(3)

 本書の第一章ではイサー・ハレル(元モサド長官)、第二章ではメイアー・アミット(同じく元モサド長官)にインタビューしていますが、第三章では趣向を変えて、自由レバノン軍の指導者サード・ハダッド少佐にインタビューしています。
 これはこれで興味を引くところはあるのですが、今回の一連の書評ではスパイについて取り上げたいと思っているので省略。

 というわけで、第三章は飛ばして第四章を取り上げます。第四章ではエジプトに潜伏していた元スパイ、ウルフガング・ロッツが登場。ハレルとアミットが指揮官・司令官クラスだったのに対して、ロッツは現場の最前線で働いていた人物です。
 ところで、スパイが他の身分になりすますことをカバーというのですが、そのカバーに失敗している例としてこんな人物が取り上げられています。

ドイツ人でゲアハルト・バウハという名だったが、彼はあるドイツの大企業の総支配人としてエジプトに駐在していた。私は初めから彼がおかしいと感じていた。ピラミッド・ガーデン市のデラックスな館に住み、金は使い放題だがいつも仕事をしている様子はない。カイロのダウンタウンにオフィスさえもないのだ。自宅の書斎をオフィスとして使っているという。ドイツのコンツェルンの総支配人にしてはビジネス感覚もあまりありそうにない。(P195-196)

 見事な観察と推理です。大金持ちの道楽者なら仕事しないで金は使い放題なのかもしれませんが、大企業の総支配人ならまず仕事をしなきゃならない。金の使い道だって、まともな企業なら監査のチェックが入りますからね。
 つまり、こんな奴がいたらそいつはスパイだぞ、とロッツは教えてくれているわけです。
 ちなみにロッツはどんなカバーをしていたかというと、元SS(ナチス親衛隊)将校という、ユダヤ人とは正反対の存在になりすましていました。こいつはすさまじい。

【参考文献】
落合信彦『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』集英社

【目次】
『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(1)
『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(2)
『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(3)

【スパイ映画】
スパイ・ハード
007 スカイフォール
007 スペクター
デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく
陸軍中野学校
陸軍中野学校 雲一号指令

落合信彦『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』集英社(2)

 本書でイサー・ハレルに続いてインタビューを受けたのは、メイアー・アミット。ハレルがモサド長官を辞任した後、長官職を引き継いだ人物です。
 さて、インタビューを読むと、アミットもハレルと同様、秘密主義があります。例えば1981年にイスラエルがイラクの原子炉を爆撃した件(通称、バビロン作戦。もちろんモサドも深く関わっている)に触れながらこんなことを述べています。

 あのイラクでのオペレーションだけに限らず近頃モサドに関してはあまりにあちこちで語られすぎている。しかも単なる興味本位でしか取り上げない。その一語一語がモサドを傷付け、イスラエルを危険に陥れているということに全く気付いていない。(P99)

 だとすると、この書評記事もモサドを傷付けることになるのでしょうか? いやいや、当ブログの社会的影響力の小ささとモサドの強固さを考えれば、これでモサドが傷付くなんてありえないでしょうな。
 尚、モサドについて多く語られるというのは、成功・失敗いかんを問わずモサドがそれだけ「仕事」をして人々の目に着いたからだという側面もあります。例えばアドルフ・アイヒマン生け捕り(※)なんてことをしたら、そりゃあ世界中が注目しますよ。

※アイヒマンを捕まえるくだりは本書第一章にて詳述されている。指揮を執ったのはアミットの前任者ハレル。

【参考文献】
落合信彦『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』集英社

【目次】
『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(1)
『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(2)
『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(3)

【スパイ映画】
スパイ・ハード
007 スカイフォール
007 スペクター
デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく
陸軍中野学校
陸軍中野学校 雲一号指令

落合信彦『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』集英社(1)

 イスラエルの諜報機関モサドの関係者にインタビューしたもの。
 最初に登場するのはモサドの元長官で「モサドの生みの親」(P10)といわれるイサー(イサヤ)・ハレル。よくこんな人物にインタビューできたものだ。

 ところで、イサー・ハレルは本書の中でこんなことを述べています。

 しかし、KGBの活動は俗に考えられているほど成功してはいない。時には非能率的なこともするし、彼ら自身の偏見のとりことなることもしばしばある。
 たとえばの話だが、イスラエル国内にいるKGBエージェントがある日新聞で新しい道路がどこどこに作られるといったような記事を読んだとする。彼はまず自分でその場所へ行ってそれを確かめ事実と確認してからモスクワのセンター―KGB本部―に報告する。時間と労力の無駄遣いの見本のようなものだが、彼らは新聞で読んだだけでは決して信じない。
 なぜかわかるかね?
 それはソ連国内の新聞は事実を書かないからだ。それを彼らはよく知っている。だからここイスラエルでも新聞の言うことは信用出来ないと思い込んでしまっている。すべてをソ連流に解釈してしまうのだ。(P18-19)

 メディアリテラシーが発達した人間ならば、新聞に書いてあることを全て鵜呑みにしないのが常識ですが、さすがに何でもかんでも疑うのはやりすぎで、わざわざ自分で確認しなくてもいい情報だってあります。
 と、ここでふと気付いたことが2つ。
 1つは、ここでKGBのスパイが求めているのが、新聞に発表された公開情報(オープンソース)であるということです。そもそもスパイは公開情報を収集することもありますが、やはり機密情報を得ようとします。下手にそんな機密情報に触れるのはまずいから、ハレルは明らかに言っても差し支えないネタを出してきた、と見ることができるのです。
 それからもう一つは、彼は敵スパイの動向を逐一把握していたらしい、ということです。どこへ行って何をしているのか、のみならず、いつ本部に報告しているのかまで、こっちはお見通しなんだぞと言ってるようなものですからね。

 さて、記事も長くなってきたので続きは次回。

【参考文献】
落合信彦『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』集英社

【目次】
『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(1)
『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(2)
『モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(3)

【スパイ映画】
スパイ・ハード
007 スカイフォール
007 スペクター
デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく
陸軍中野学校
陸軍中野学校 雲一号指令

『歴史図書総目録2018』歴史図書目録刊行会

 パラパラとめくっていたら、引っかかるものがありました。

歴史文化ライブラリー406
高師直
 ―室町新秩序の創造者― 亀田俊和著(P14)

 調べてみると、上記の本は当ブログでレビューしておりました。記事の末尾に当該記事へのリンクを貼っておきます。
 それにしても、こんなところで以前読んだ本を発見するとはね。私も少しは歴史図書を読んだってことになるのでしょうか。

歴史図書総目録2018

【関連記事】
亀田俊和『高師直 室町新秩序の創造者』吉川弘文館

倉山満『大間違いの織田信長』KKベストセラーズ

 何が大間違いなのか? 本書によると以下の通り。

 最初に言っておきます。みんなが知っている「織田信長」のイメージと、信長を専門とする研究者の示す信長像は、まったくの別人と言ってよいほどです(詳しくは、日本史史料研究会編『信長研究の最前線』洋泉社をどうぞ)。(P16)

 つまり、一般的にイメージされている織田信長像が大間違いだと言っているわけですな。このテの歴史本では従来のイメージを覆そうとするのは珍しくないのですが、大間違いとは大きく出ています。
 では、どこが大間違いなのかというと、例えば「第五章 信長はものすごい働き者だった」…って、さすがに信長が働き者だってことくらい私でも知ってますわ。
 ところで、本書を読んで私が「おや?」と思ったのは、小早川隆景をボロクソに言っていることです。詳細は本書の記述に委ねますが、隆景は「言うなれば『太平記』の大悪役、坊門清忠みたいな奴です」(P260)って、これはひどい。

【参考文献】
倉山満『大間違いの織田信長』KKベストセラーズ

『SHIMODA IZU PENINSURA』下田市

 静岡県下田市のガイド。
 下田といえばペリーの艦隊が来航しところですが、本誌に「下田の開国史に登場する著名人」(P10)という記事があります。その著名人は以下の通り。

吉田松陰
ペリー
ハリス
お吉
下岡蓮杖
プチャーチン

 お吉は何かの本に出てきたのを読んだ記憶がかろうじてありますが、下岡蓮杖は全く知りませんでした。記事によると蓮杖は写真家とのこと。
 う~ん、写真家ですか。ひょっとしたら彼が撮った写真をどこかで見たかもしれませんが、被写体の人物に注目することはあっても撮影した方は見てないからなあ…。

SHIMODA IZU PENINSURA

西脇真一、平野光芳『なぜ金正男は暗殺されたのか 自滅に向かう独裁国家』毎日新聞出版社

 2017年2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で起こった金正男暗殺事件の本。
 タイトルの「なぜ金正男は暗殺されたのか」という疑問に対して、本書はこう述べています。

 北朝鮮、金正恩氏にとって、金正男氏とは体制転覆の芽であり、危険分子であった。
 祖父の金日成氏が、また実の父である金正日氏が実行したように、敵対勢力は粛清しなければならなかった。権力の継承と反対派の粛清は独裁国家においてはセットともいえる。金正男氏を暗殺する動機は、十分すぎるほどあったということだ。
(P66)

 そういえば金正恩が権力を継承した時に反対派を粛清しまくったという情報が流れたことがありましたっけ(例:張成沢処刑)。金正男暗殺もその流れの中で見るべし、ということか。

 尚、北朝鮮は公式には関与を否定しています。又、本書でも暗殺工作を行なったスパイの上層部までは迫れていません。
 事件の全容が明らかになるとすれば、それは北朝鮮政府が倒れて機密文書が暴露された時でしょうかねえ。

【参考文献】
西脇真一、平野光芳『なぜ金正男は暗殺されたのか 自滅に向かう独裁国家』毎日新聞出版社

菊地明『新選組 粛清の組織論』文藝春秋

 本書によると、新選組の前身である壬生浪士組の結成から鳥羽・伏見の戦いの直前までに、新選組が殺した外部の敵は26人。それに対して粛清されたのは40人とのこと。

外敵の殺害……26人
内部の粛清……40人
闘死………………7人
病死………………3人

 新選組には粛清が多かったことは知っていましたが、こうして改めて数字を出されると、新選組は外部に対してのみならず内部に対しても恐ろしい組織だったことがわかります。
 なぜこうなってしまったのか? その理由の一つとして、本書ではこう述べています。長くなりますが引用します。

 幕臣や藩士という正規の武士であれば、切腹や斬首という死罪のほかに、所領や家禄・屋敷を没収する改易、終身の謹慎である永蟄居、出仕・外出を禁じる蟄居、ほかに閉門や逼塞、遠慮、隠居、差控などの罪に応じた刑罰がある。しかし、死罪以外にこれらが成立するには、身分があり、守るべき代々の家があってのことだ。
 ところが、隊士たちは身一つで入隊しているため、そこに守るべき代々の家や名誉はない。つまり、“担保”がないのだ。担保となるのは己の命だけなのである。もちろん、新選組にも謹慎や追放などの処分はあったが、それで済まない刑罰は死罪のほかにない。そのため、隊規に背けば切腹が課せられたのである。
(P139)

 新選組の隊士の命はそれだけ軽かったんですかね。
 あるいは、幕臣や藩士などは身分や家柄などを担保とすることで死罪を回避するという知恵を構築していたのだとも言えます。新選組にはそれに代わる知恵を構築する時間などなかっただろうし、その余裕もなかったのでしょう。

【参考文献】
菊地明『新選組 粛清の組織論』文藝春秋

【関連記事】
燃えよ剣(1966年)

グレン・D・デイビス『JFK暗殺は日本の謀略だった オズワルドの陰で蠢く日本の巨悪三人組』株式会社KADOKAWA

 JFK(ジョン・F・ケネディ)暗殺事件(※1)の陰謀論本。
 邦題だけを見ると日本がケネディ暗殺の黒幕であると主張しているのかと思えてきます。しかし、原題は"OSWALD and JAPAN: Japanese Threads in JFK Assassination Fabric"で、直訳すると「オズワルドと日本 JFK暗殺組織における日本の糸」となり、又、本書を読む限りではオズワルドと日本との関係に注目しているものの日本が真犯人とまでは言っていない。
 それから、邦題の副題に出てくる「日本の巨悪三人組」とは、本書によると岸信介(※2)、笹川良一(※3)、児玉誉士夫(※4)とのこと。まあ、彼らならば大規模な陰謀劇の登場人物としては充分な風格を持っていると言えるでしょうな。
 それではその3人がJFK暗殺とどうかかわっているのかというと…M資金(※5)? う~ん、胡散臭いなあ。

 最後に一つだけ申し上げておくと、私はJFK暗殺事件には詳しくはないので、本書の記述の内、どこまでが本当でどこまでが嘘かは判別できません。ですので、これ以上突っ込むのはとりあえずやめておきます。

※1.1963年、アメリカ大統領ジョン・F・ケネディがテキサス州ダラスをパレード中に銃撃され死亡。リー・ハーベイ・オズワルドが容疑者として逮捕された。
※2.昭和の妖怪。
※3.世界で一番金持ちのファシスト。
※4.右翼の大物。
※5.本書によると、「M資金とは、太平洋戦争の戦前と戦中に日本がアジアから略奪した金、ダイヤモンド、タングステンなどの財貨を使って、米軍の日本占領中に作られた地下資金のことである」(P130)とのこと。

【参考文献】
グレン・D・デイビス『JFK暗殺は日本の謀略だった オズワルドの陰で蠢く日本の巨悪三人組』株式会社KADOKAWA

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31