無料ブログはココログ

高尾開山行基菩薩御像の碑(高尾山薬王院)

 東京都八王子市の高尾山薬王院にある、高尾開山行基菩薩御像の碑を解読してみました。

Gyouki

【碑文】
高尾/開山行基菩薩御像
天平十六年聖武天皇勅願に
依り行基菩薩薬師如来を
奉安東国鎮護の祈願の寺
薬王院有喜寺を創建す
永和年間俊源大徳修法精
進飯縄大権現を感得高尾
山御本尊とし中興開山し法燈
今日に及べり
一心祈願 山内安全 萬民豊楽
  大本山高尾山薬王院現住
      第三十二世隆玄識[印][印]

【拙訳】
高尾開山の行基菩薩の像
 天平16年(744年)、聖武天皇の勅願により、行基菩薩は薬師如来を奉じて、東国鎮護の祈願の寺・薬王院有喜寺を創建した。
 永和年間(1375~1379年)に俊源大徳が修法を行ない、飯縄大権現を感得。これを高尾山の御本尊として(高尾山薬王院を)中興開山し、法燈が今日に及んでいる。
 一心に祈願する 山内の安全と 多くの人たちが豊かで楽しむことを
  大本山高尾山薬王院現住
      第三十二世 隆玄これを記す。[印][印]

 高尾山薬王院の縁起を記したもの。
 行基が開基したと伝わる寺は全国各地にあり(例:千葉寺)、ここもその一つ。又、創建時は薬王院有喜寺だったとありますが、現在の高尾山には有喜苑というのがあって、そこには大きな仏舎利塔が建っています。

 そういえば有喜苑にも石碑はあります。多少は解読に成功したので、いずれ発表したいと思います。

【関連記事】
高尾山の石碑(目次)

長寿院慈法霊神の碑(高尾山薬王院)

 東京都八王子市の高尾山薬王院にある、長寿院慈法霊神の碑を解読してみました。

長寿院慈法霊神の碑

【碑文】
 浅草高尾講 先達生出サイ
(梵字※)長寿院慈法霊神
 平成十五年九月二十三日入寂寿齢百四歳

※梵字は不動明王の種字カンマーン。

 故人の霊を神として祀ったもの。その故人とは浅草高尾講の先達・生出サイで、神号は長寿院慈法霊神。享年104歳とのことで、長寿院の名にふさわしいというべきか。
 それにしても、平成15年(2003年)というと、イラク戦争が始まった年ですな。

【関連記事】
高尾山の石碑(目次)

福善霊神の碑(高尾山薬王院)

 東京都八王子市の高尾山薬王院にある、福善霊神の碑を解読してみました。

福善霊神の碑

【碑文】
 川越福善講先達平野ふく
      高尾山主秀順書
福善霊神
  講元 平野ふみ

 故人の霊を神として祀ったもの。その故人とは川越福善講の先達・平野ふくで、神号は福善霊神というらしい。
 それから、埼玉県南西部に川越市があり、川越市には関東三十六不動霊場の第27番・川越不動尊(成田山本行院)と第28番・川越大師不動尊(星野山喜多院)があります。ちなみに飯縄大権現(高尾山薬王院)は第8番。

【関連記事】
高尾山の石碑(目次)

山容整備記念の碑(高尾山参道)

 東京都八王子市の高尾山参道にある、山容整備記念の碑を解読してみました。

山容整備記念の碑

【碑文】
千住一神講
登山五十周年
山容整備記念
 昭和五十二年八月吉日
    先達 小澤諒瑩
 大本山高尾山 大僧正秀順書

副先達  小澤義重
講元   堀口繁雄
副講元  濱野富蔵
副講元  前原正二
会計   三輪芳央
会計   百瀬元
会計監査 小川名栄寿
会計監査 鈴木太一郎

(※以下、氏名多数につき、これを省略)

 千住(せんじゅ)は東京都足立区にあります。又、東京都荒川区に南千住あり。
 それから、昭和52年(1977年)に何があったのかというと、エルヴィス・プレスリー死去です。

信仰之碑(高尾山薬王院)

 東京都八王子市の高尾山薬王院にある、信仰之碑を解読してみました。

信仰之碑

【碑文】
奥之院改修記念 昭和丗三年四月吉日
信仰之碑
 川口市幸町三丁目廾四番地
   向井鑄工所主 向井雪

 丗は30という意味で、昭和丗三年は昭和33年(1958年)。廿(20)は廿日市(はつかいち)という地名を通じて知っていましたが、丗は知りませんでしたわ。ちなみに廾は20なので廾四番地は24番地。
 それから、川口市幸町(さいわいちょう)は埼玉県にあります。
 最後に、昭和33年(1958年)に何があったのかというと、東京タワー竣工です。東京タワーには何度か行きましたわ。

【関連記事】
高尾山の石碑(目次)

春峰霊神の碑(高尾山薬王院)

 東京都八王子市の高尾山薬王院にある、春峰霊神の碑を解読してみました。

春峰霊神の碑

【碑文】
(正面)
(梵字※)春峰霊神

(右)
妻沼高尾講二代目先達霊神碑
 施主
妻 吉野静子
息 吉野勝男

※梵字は不動明王の種字カンマーン。

 個人の霊を神として祀ったもの。その故人とは妻沼高尾講二代目先達で、春峰霊神は神号。尚、近くに立つ「妙夏霊神の碑」には、妻沼高尾講の二代目先達として「吉野春一」の名があり、春峰霊神とは吉野春一のことと思われます。

【関連記事】
高尾山の石碑(目次)

埼玉田嶋一心講の碑(高尾山薬王院)

 東京都八王子市の高尾山薬王院にある、埼玉田嶋一心講の碑を解読してみました。

埼玉田嶋一心講の碑

【碑文】
 昭和三十六年十一月十五日壽之祝七五三記念
埼玉 田嶋一心講
四月十五日
十月十五日
参拝
 児玉郡美里村阿那志
  先達 田嶋弥三次

 碑文を読む限りでは七五三のお祝いで建てたものらしい。
 児玉郡美里村阿那志は、現在の埼玉県児玉郡美里町阿那志。
 それから、昭和36年(1961年)に何があったのかというと、坂本九の「上を向いて歩こう」がヒットしました。

【関連記事】
高尾山の石碑(目次)

妙夏霊神の碑(高尾山薬王院)

 東京都八王子市の高尾山薬王院にある、妙夏霊神の碑を解読してみました。

妙夏霊神の碑

【碑文】
(正面)
(梵字※)妙夏霊神

(左)
妻沼高尾講 初代先達 吉野妙夏

(右)
平成十七年春吉祥月日建立

二代目先達 吉野春一
妻沼高尾講々員一同
  当山現住隆玄代

※梵字は不動明王の種字カンマーン。

 個人の霊を神として祀ったもの。その故人とは、妻沼高尾講の初代先達・吉野妙夏のようです。
 又、妻沼(めぬま)は埼玉県妻沼町(現在の埼玉県熊谷市)から来ていると思われる。
 それから、平成17年(2005年)というと、名古屋で愛・地球博(愛知万博)が開催されましたっけ。

【関連記事】
高尾山の石碑(目次)

奉納杉苗七萬本の碑(高尾山薬王院)

 東京都八王子市の高尾山薬王院にある、奉納杉苗七萬本の碑を解読してみました。

奉納杉苗七萬本の碑

【碑文】
奉納
 昭和五十六年七月
杉苗七萬本
 八王子市叶谷町
   横田仙太郎

 昭和56年(1981年)7月に杉の苗木7万本を高尾山薬王院に奉納したことを示す碑。叶谷町は「かのうやまち」と読みます。
 それから、昭和56年(1981年)は何があったかというと、イギリスではダイアナ妃が結婚し、エジプトではサダト大統領が暗殺されています。

【関連記事】
高尾山の石碑(目次)

奉納杉苗壹億本の碑(高尾山薬王院)

 東京都八王子市の高尾山薬王院にある、奉納杉苗壹億本の碑を解読してみました。

奉納杉苗壹億本の碑

【碑文】
奉納
 昭和三十一年四月吉日
杉苗壹億本
 東京都下小平町 藤本伊美

 1億本!? 思わず我が目を疑ってしまいましたわ。高尾山を歩いて石碑をチェックしていると、杉苗1万本を奉納したという碑はザラにあるのですが、それとはケタが4つ違います。
 尚、小平町は現在の東京都小平市。又、藤本伊美は少々調べたところ牛乳業界の人らしいのですが詳細は知らず。
 それから、昭和31年(1956年)というと、映画「十戒」が公開されています。

【関連記事】
高尾山の石碑(目次)

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31