無料ブログはココログ

敷石の石碑(大國魂神社)

 大國魂神社(東京都府中市)の境内にある、敷石の石碑を解読してみました。

敷石の石碑(大國魂神社)

【碑文】
敷石
祠前凡百五間余石数凡
一千六十余
寛政九年丁巳発願今茲
至文化十五年戊寅其功
全成
    発願 氏子中

【読み下し文】
敷石
祠の前凡(およ)そ百五間余り、石の数凡そ
一千六十余り。
寛政九年丁巳に発願し、今茲(こんじ)より
文化十五年戊寅に至りその功
全て成る。
         発願 氏子中

【拙訳】
敷石
祠の前およそ105間あまり(≒190m)、石の数およそ1060あまり。
寛政9年丁巳(1797年)に発願し、この年より文化15年戊寅(1818年)にいたり、その事業が完成した。
         発願 氏子中

 まずは文字の解読について少々。
 碑文中の「凡」という字は「およそ」と「すべて」の二通りの読みが存在します。どちらの読みが適当かは、前後の文脈や、どちらがしっくり来るかで判断すべきなのでしょうが、今回の場合は「およそ」でも「すべて」でも意味が通じるような気がします。私は最初にこの碑文を読んだ時に、この字を自然に「およそ」と読んだので、こちらを採用させていただきました。
 それから、「今茲」はこれまた「こんじ」と「きんじ」の二つの読み方が存在します。これはどちらでもよろしい。
 さて、碑文を読んだ感想ですが、短い漢文で情報量も多いとは言えません。ただ、ここからわかるのは、江戸時代後期、神社の参道に石畳を敷設するのに21年もかかったということです。結構かかるんですね。

陽運寺百度石

 四谷の陽運寺(東京都新宿区)の百度石を解読してみました。

陽運寺百度石

【碑文】
(表)
奉納
百度石

(裏)
於岩様誕生之地
境内に産湯の井戸あり
   南無大■■■■

※■は解読できず。

 陽運寺は『東海道四谷怪談』のお岩さんゆかりの寺として有名で、碑文の裏側でちゃっかりお岩さんアピールをしています。
 それから、百度石はお百度参りの起点となる標識で、お百度参りをする際はここをスタートして本堂にお参りし、またここに戻ってお参りし…と繰り返すわけです。尚、陽運寺の境内は狭く、この百度石から本堂は目と鼻の先。お百度参りで歩く距離は短いんじゃないでしょうか。

【関連記事】
陽運寺&於岩稲荷田宮神社

『高安寺もの語りの栞』高安寺

 龍門山高安寺(東京都府中市片町2-4-1)にて入手。
 前身の市川山見性寺の創建に始まり、足利尊氏によって高安寺として再興され、戦乱による衰退や再中興、その後の発展などを経て今に至ると説いています。つまりは高安寺の歴史を簡略に記したものです。
 その中で足利尊氏のくだりに注目。足利尊氏、寺と来れば次に夢窓疎石が出てきそうなものだと思っていたら、この栞でも言及されていました。

そこで尊氏公は、自身が師事していた夢窓国師の勧めに応じて、鎮護国家と衆生救済を祈って、暦応年間(一三三八~四二)に諸国に安国寺・利生塔の建立を発願した。(P2)

 やっぱりお前が黒幕だったのか。

【参考文献】
高安寺もの語りの栞
『高安寺もの語りの栞』高安寺

【関連記事】
弁慶硯の井(高安寺)(日記)

『高速家族 冬 Winter 2019 vol.61』中日本エクシス

 高速道路のフリーマガジン。今号は北陸道を特集。
 それはさておき、「戦国武将ゆかりの地の名品・逸品」(P14-15)という記事の中の「信濃・甲斐」(P14)の項目にこんな記述がありました。

武田信玄のもとで栄えた甲斐国(現在の山梨県)。戦で負け知らずだった信玄は“甲斐の虎”と呼ばれ、戦国最強ともいわれた騎馬軍団を率いて、信濃国(長野県)一円も制覇。優れた統率力と戦略をもつ名将として、織田信長をはじめ、名だたる武将に恐れられました。(P14)

 …ん? 「戦で負け知らずだった信玄」? 砥石崩れという大敗北があったのをお忘れかな? 歴史に詳しい人ならば、他にも信玄の敗北の事例をいくつか挙げられることでしょう。

高速家族 冬 Winter 2019 vol.61

分倍河原古戦場の碑

 東京都府中市にある、分倍河原古戦場の碑を解読してみました。

分倍河原古戦場の碑

【碑文】
(表)
分倍河原古戦場
 正五位男爵新田義美敬書

(側面)
石材寄贈 府會議員/吉野豊次郎

(裏)
元弘三年五月新田義貞勤王ノ兵ヲ起シ北條氏
ヲ攻ムルニ敵ト分倍河原ニ激戦シテ大ニ之ヲ
破リ追撃シテ鎌倉ヲ陥レ遂ニ高時ヲ亡シ建武
中興ノ基ヲ成ス由ツテ有志相謀リ碑ヲ其ノ遺
跡ニ建テ以ツテ不朽ニ傳フ
   昭和十年五月十六日
    官幣小社大國魂神社宮司/府中史談會々長 猿渡盛厚謹記

 裏面の文章を現代語訳してみました。

【拙訳】
 元弘3年(1333年)5月、新田義貞は(後醍醐)天皇のために挙兵し、(鎌倉の)北条氏を攻めたのだが、分倍河原で敵軍と激闘を繰り広げ、大いにこれを打ち破り、(更に)追撃して鎌倉を陥落させ、ついに(北条)高時を滅ぼし、建武中興の基礎を作った。そこで有志が相談して石碑をその跡地に建て、それによって永遠に(このことを)伝える。
   昭和10年(1935年)5月16日
    官幣小社大國魂神社宮司/府中史談会会長 猿渡盛厚謹(つつし)んで記す

 さて、碑文の中の「勤王ノ兵ヲ起シ」や「建武中興ノ基ヲ成ス」といった文言には、皇国史観が反映されているように感じます。皇国史観は今でこそ廃れていますが、この石碑が建立された当時(昭和10年)はバリバリの現役でした。
 分倍河原の戦いは歴史的事実ですが、皇国史観が歴史上に存在したこともまた事実。この石碑はその二つを示してくれています。

馬頭観音の石碑(殿ヶ谷戸庭園)

 都立殿ヶ谷戸庭園(東京都国分寺市南町2-16)の敷地内にある馬頭観音の石碑を解読してみました。

馬頭観音の石碑(殿ヶ谷戸庭園)

【碑文】
(正面)
百万遍成就
馬頭観世音

(側面)
文政七申年
 七月十三日

(台座)
當村

施主
本多氏

 文政7年(1824年)といえば江戸時代後期、化政文化が花開いた頃で、この年にシーボルトが鳴滝塾を開設しています。
 さて、この石碑は江戸時代の石碑の中では文字数も少なく比較的簡単な方です。だから、私でも読めました。いつもこれぐらいだったらありがたいのですが、なかなかそうはいかない。

徳富蘇峰植樹の碑(松陰神社)

 東京都世田谷区の松陰神社(祭神は吉田松陰)の境内にある徳富蘇峰植樹の碑を解読してみました。

徳富蘇峰植樹の碑(松陰神社)

【碑文】
景慕英風植樹表誠
明治四十一年十月十七日 肥後学生

【読み下し文】
英風(※1)を景慕(※2)し植樹して誠を表す。
明治四十一年十月十七日 肥後学生

※1.すぐれた徳風・教化。
※2.仰ぎ慕う。

【拙訳】
すぐれた徳風を仰ぎ慕い、植樹して誠意を表す。
明治41年(1908年)10月17日、肥後学生

 石碑の傍には立札があり、そこにはこんな説明文が書かれています。

   徳富蘇峰植樹の碑
 徳富蘇峰(本名 猪一郎、徳富蘆花の兄)は
明治の言論人。肥後の生まれで、熊本洋学校をへて、
同志社に学ぶ。政治的には桂太郎と密接な関係を
持った。
 明治41年自身の著述「吉田松陰」発刊にあたり
植樹をおこない、碑を建立した。

 徳富蘇峰は松陰神社の境内に石碑建立をすることで、「あなたのことを本に書きましたので、そこんところよろしく」と言っているわけですな。なるほど、こういう仁義の切り方もあるのかと感心しました。と同時に、自分の著述の宣伝になっていることも見逃せない。

玉木正之乃碑(松陰神社)

 東京都世田谷区の松陰神社(祭神は吉田松陰)の境内にある、玉木正之乃碑を解読してみました。尚、こちらの玉木正之はスポーツ評論家の人とは同姓同名の別人です。

玉木正之乃碑(松陰神社)

【碑文】
  玉木正之乃碑
明治十年三月(萩)に玉木家の
長男として生まれる。父正誼は乃木
希典の弟 母トヨは吉田松陰の姪。
二代目文之進を継ぐが明治四十年
正之に戻る。乃木希典大将の甥と
して、その葬儀の喪主をつとめる
その前後の事情は渡辺洋一氏著
『静寂の声』に詳しい。世田谷に昭和
二年まで在住。のち故郷萩に戻り
昭和二十九年二月十一日逝去
   永遠。画・記述は孫辻喜美子建立
       平成十一年八月吉日

 乃木希典には息子が二人いましたが、どちらも日露戦争で戦死。そして彼自身は妻と共に自害、明治天皇に殉死しています。そのような事情もあって甥に喪主のお鉢が回ってきたのでしょう。

神奈川県立小田原城内高等学校建学100年記念碑

 小田原城(神奈川県小田原市)の濠端、学橋近くの駐車場敷地に立つ石碑を解読してみました。

神奈川県立小田原城内高等学校建学100年記念碑

【碑文】
神奈川県立小田原城内高等学校
建学100年記念碑

 明治三十六年、女子高等教育
のための学校設立に情熱を傾け
た地元有識者の尽力により、
お濠端のこの地に小田原高等
小学校女子部補習科が開かれ、
明治四十年町立小田原高等女学校
となり、四十四年新校舎が落成
いたしました。
 その後震災、戦争など時代の
変遷と共に校舎は数度移転
校名も県立小田原高女、県立
小田原女子高、県立小田原城内
高校と変わり、神奈川県の女子
教育の拠点の一つとして百年の
歴史を刻んで参りました。
 平成十六年四月からは、県の
教育改革によって県立小田原高
校と再編統合され、新たに単位
制高校として発足することに
なりました。
 ここに建学百年を記念して
この日を建立します。

   平成十五年十月吉日
    神奈川県立小田原城内高等学校
          同窓会 窓梅会

 タイトルが長くなっていて、石碑では2行に分かれています。こんなに長くなっているのは、お役所仕事だからでしょうかね。
 それはさておき、この石碑では小田原での女子教育の歴史の一端がうかがえます。100年も経ったと見るべきか、まだ100年しか経っていないと見るべきか。

監修・小和田哲男『5分でまる分かり 細川ガラシャ』

 細川ガラシャを簡単に解説した小冊子。タイトルに「5分でまる分かり」とあるように、それだけ薄い本です。
 それにしても表紙の細川ガラシャは、昔の少女マンガ風です。おまけにどこかバタくささを感じさせます。
 ところで、なんでこんな小冊子が出たのかといえば、ガラシャが明智光秀の娘であり、その光秀がNHK大河ドラマの主人公になったからでしょうな。

5分でまる分かり 細川ガラシャ

【関連記事】
松本清張「逃亡者」

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31