無料ブログはココログ

太宰治「道化の華」

あらすじ…大庭葉蔵は江の島の海岸で女性と一緒に入水自殺をしようとするが、女性は死んで自分は生き残ってしまう。そして彼は近くの結核の療養院に収容される。そこへ、友人の飛騨と小菅が駆けつける。

 主人公が入水自殺に失敗して生還し、一緒に死のうとした女性は死んでしまう…という、いつかどこかで見た光景です。ええ、わかっていますとも、大庭葉蔵なんて変名を用いていても、その実は作者(太宰治)が自分語りをしています。
 そういったところを見ると、この作品は『人間失格』のプロトタイプの一つだと思えてきます。そういえば、「僕はひとでなしでなかろうか。ほんとうの人間らしい生活が、僕にできるかしら。」(P142)というくだりなんかは人間失格の萌芽とも取れます。

 ところで、タイトルにある道化とは、葉蔵と飛騨、小菅の3人のことです。

 小菅は口を大きくあけて、葉蔵へ目くばせした。三人は、思いきり声をたてて笑い崩れた。彼等は、しばしばこのような道化を演ずる。(P166-167)

 とあるように、この物語の舞台である病室でも馬鹿話などをして大笑いするくだりが幾度か出てきます。ただし、本当に愉快な三人組などではなく、「けれども悲しいことには、彼等は腹の底から笑えない。」(P136)とあります。
 そんな道化たちが咲かせた華が、御覧の有様ですよ。

【参考文献】
太宰治『太宰治全集1』筑摩書房

太宰治「地球図」

あらすじ…江戸時代、宣教師シロオテは日本に潜入するが捕まり、新井白石の尋問を受ける。

 シロオテ? 読み進めてみると、シドッチのことだと判明。新井白石がシドッチを取り調べた件をまとめた『西洋紀聞』を昔読んだことがありますわ。
 作者(太宰治)も『西洋紀聞』を読んだ上で本作を書いているものと思われます。

【参考文献】
太宰治『太宰治全集1』筑摩書房

太宰治「葉」

あらすじ…なし。

 特にこれといったストーリーはなく、断片を並べています。
 それにしても、冒頭でいきなり「死のうと思っていた。」(P11)とあり、ドキリとさせます。しかも、その後の断片の中にも自殺にまつわるものが幾つか出てきます。
 こいつは自殺に取り憑かれているな。そもそも作者(太宰治)は生涯の間に自殺未遂を繰り返し、最後はやっぱり自殺だったということを念頭に置いて読まざるをえない。

【参考文献】
太宰治『太宰治全集1』筑摩書房

松岡和子訳『ヘンリー八世 シェイクスピア全集31』筑摩書房

あらすじ…テューダー朝を継いで二十年余り。亡き兄の妻だったキャサリン妃との間に世継ぎがいないことに苦悩するヘンリー八世は、枢機卿主催の晩餐会で若く美しい侍女アンと出会う。一方、宮廷では奸計が渦巻いていた。政敵を追い落として昇りつめた者が、次に追い落とされる――。(裏表紙の紹介文より引用)

 本作のタイトルは「ヘンリー八世」ですが、それにしてはヘンリー八世が薄味に描かれています。彼は生涯に6度の結婚をしたほどだから、相当アクが強いはず。それなのにハムレットのように一人で苦悶するシーンもなければ、マクベスのように狂気を振り撒くこともない。一応、アン・ブーリンとのロマンスは出てくるけれども、それもあっさりしたもので、アントニーとクレオパトラほどの駆け引きはないし、ロミオとジュリエットほどの純愛でもない。
 その代わりに描かれるのは、これでもかというばかりの宮廷陰謀劇です。登場人物の名前を憶えるのが面倒になるくらい、政治家たちが現われては消えて行きます。
 宮廷陰謀劇があってもいいけど、さすがにそれが続くと食傷気味になりますわ。

【参考文献】
松岡和子訳『ヘンリー八世 シェイクスピア全集31』筑摩書房

【関連記事】
シェイクスピア(目次)
ブーリン家の姉妹

「笑う石像」(超・怖い話ガム)

あらすじ…通学路の空き地の原っぱに、いつからかおじいさんの石像が立っていた。そして、そこを通りかかるたびに、石像の種類が増えていった。そんなある日…。

 語り手の主人公は小学生の女の子。文章の中では自分のことを小学生の女の子だと言っているわけではないのですが、イラストを見ると赤いランドセルを背負ってスカートをはいているのでそれと判断した次第。
 ちなみにこのイラスト、石像が女の子のスカートの中を覗いているようにも見受けられます。変態!

笑う石像

太宰治「服装に就いて」

あらすじ…自分の服装について語る。

 太宰治がまた自分語りを始めています。しかも今回は自分の服装について語っているのですが、貧乏作家なので服があまりない。ここには詳しく書きませんが、一種の貧乏自慢のような文章が続きます。
 で、最後はこう締めくくっています。

 宿題。国民服は、如何。(P176)

 巻末の「解題」(P431-439)によると、本作の初出は昭和16年(P435)で、第二次世界大戦の真っ最中です。更に詳しく言えば、この時の日本は大陸で中国と泥沼の戦争を繰り広げており(日中戦争)、しかもこの年(1941年)の12月にハワイの真珠湾奇襲攻撃、日米開戦となります。
 つまりこの作品、戦時下で書かれているということを、最後の一行でピシャリと打ち出しているのです。それまでは、そんな風には見えなかったので、これにはハッとしましたわ。

【参考文献】
太宰治『太宰治全集4』筑摩書房

太宰治「新ハムレット」

あらすじ…デンマーク国エルシノア城。王子ハムレットは悶々とした日々を送っていた。父王が死んでその弟が即位し母と結婚したのだ。

 原作は言うまでもなくシェイクスピアの『ハムレット』。
 シェイクスピア版との違いは色々とありますが、一つは登場人物が削られていることが挙げられます。先代の王の幽霊は登場せず、代わりに噂話として言及されるにとどまっています。又、ローゼンクランツとギルデンスターンも登場せず、フォーティンブラスや旅芸人一座さえも登場しない。随分と小じんまりした感じを与えます。
 舞台が一国の王城であることを考えると、もっと人がいてもいいし、もっと人が出入りしてもいい。
 それから、ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、あの結末は決着になっておらず、釈然としないものが残ります。これはどうやら、作者(太宰治)が力尽きたようです。さすがにシェイクスピアの傑作の壁は高いと言うべきか。

【参考文献】
太宰治『太宰治全集4』筑摩書房

【関連記事】
シェイクスピア(目次)

太宰治「誰」

あらすじ…学生から「サタンだ」と言われたことが気になった作者(太宰治)が、これを否定するためにサタンについて色々調べてみる。

 その後、かつて自分が金を無心した先輩や、女性読者が登場。話がユーモラスに展開します。
 本作を読むに際しては、深刻な気持ちにならず、気楽な感じでいるのがいいでしょう。

【参考文献】
太宰治『太宰治全集4』筑摩書房

太宰治「令嬢アユ」

あらすじ…友人の佐野君が伊豆へアユ釣り旅行をして、そこで出逢った女性に恋をする。

 これは恋愛小説に分類してもいいように思います。というのは、佐野君はその令嬢について、「いいひとだ、あの令嬢は、いいひとだ、結婚したい」(P185)と言っており、その方面に疎い私でも佐野君が恋をしていることくらいさすがにわかる。
 そしてこれが恋愛小説だとすると、太宰にしては珍しいといえば珍しい。
 さて、そんな恋愛譚ですが、最後に作者(太宰治)が令嬢アユの正体を推理して見せて、水を差して終わっています。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、この結末は渡辺温「男爵令嬢ストリートガール」を想起しました。

【参考文献】
太宰治『太宰治全集4』筑摩書房

太宰治「佐渡」

あらすじ…佐渡へ旅行する。

 「みみずく通信」の続きに当たる作品。「みみずく通信」で作者(太宰治)は新潟の高校で講演をしており、その直後に佐渡に渡っています。
 さて、そんな太宰ですが、佐渡行きの船の中で早くも佐渡行きを後悔しています。

 けれども船室の隅に、死んだ振りして寝ころんで、私はつくづく後悔していた。何しに佐渡へ行くのだろう。(略)誰も褒めない。自分を、ばかだと思った。いくつになっても、どうしてこんな、ばかな事ばかりするのだろう。私は、まだ、こんなむだな旅行など出来る身分では無いのだ。家の経済を思えば、一銭のむだ使いも出来ぬ筈であるのに、つい、ふとした心のはずみから、こんな、つまらぬ旅行を企てる。(P125-126)

 悔恨の言葉はまだ続きますが、このくらいにとどめておきます。
 私も、ふと思い立って遠出をして後悔の念に駆られることがあるから、気持ちは(少しは)わかります。ここで具体的な場所の名前を書くとその土地の悪口を言うことになりかねないので具体名は伏せますが、観光地として開発されすぎていて観光客でごった返しているところなんかは、私には合わないので後悔することがあります。行く途中でも、行った後も。
 しかしですよ、太宰さん。あなたは「何しに佐渡へ行くのだろう」とおっしゃいますが、アンタそもそも小説家じゃないですか。だったら小説の取材という大義名分が使えますぞ。

【参考文献】
太宰治『太宰治全集4』筑摩書房

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31