無料ブログはココログ

エラリー・クイーン『Yの悲劇』東京創元社

あらすじ…行方不明をつたえられた富豪ヨーク・ハッターの死体がニューヨークの湾口に揚がった。死因は溺死ではなく毒物死だった。発端の事件につづいて、そろいもそろって常軌を逸した病毒遺伝の一族のあいだに、目をおおうような惨劇がくり返される。(P1の紹介文より引用)

『Yの悲劇』人物関係図

 上掲の人物関係図には書きませんでしたが、ちょっと気になる情報があります。エミリー・ハッターの先夫の「キャンピオンには先妻との間にできた男の子があって」(P33)、しかもその「むすこはゆくえ不明だった」(P34)とあることです。
 注意深く読むと彼の名前は伏せられているのに気付きました。これはひょっとすると後で出てくるんじゃ…。
 とまあ、私の予想が当たったか否かはネタバレ防止のために伏せておきますが、ともかくも一般的にこのテの小説では重要な手がかりがどこかしらに埋もれていたりするのでご注意を。

 次に、第二幕第六場(メリアム博士の事務室)にて、ドルリー・レーンがハッター家の人たちのカルテを閲覧するくだりがあるのですが、そのカルテの記述の中に「ワッセルマン反応」なるものがありました。気になって調べてみたところ、これは梅毒検査に用いられるものらしい。
 だとすると、ハッター家の病毒遺伝とは梅毒のことなのかなあ。

 それから、第三幕第一場(警察本部)にて、ドルリー・レーンがハムレットに言及していたのが気にかかりました。当該部分を引用します。

ハムレットを覚えておられますか? 優柔不断で気の変りやすい人間ですが、計画的な頭はもっていました。ハムレットは、暴力と陰謀の荒れ狂うさなかで、自分を責めさいなみながら迷いつづけました。しかし、注目すべきことは、優柔不断ではあったが、ひとたび行動を開始したら、彼はしゃにむに暴れまわり、それが終わるとたちまち自殺してしまったということです(P322)

 なるほど、これがドルリイ・レーンが抱くハムレット像ですか。ちなみに最後の自殺云々は正確には間違いで、毒を塗った剣で斬りつけられたのが彼の直接の死因であり、つまりは毒物による他殺です。とはいえ、父の仇を討つ絶好の機会をわざわざ逃したために謀殺されてしまったのだということならば、自殺と解釈できないことも…う~ん、ちょっと無理があるか。

 最後に、作品全体について。『Xの悲劇』と『レーン最後の事件』は未読なのでそれらとの比較はできませんが、少なくとも『Zの悲劇』よりは面白かったです。特に最後の決着の仕方は凄く、アガサ・クリスティーの『カーテン』に通じるものがあります。
 又、個人的にはシェイクスピア作品への言及があったのも興味深い。

【参考文献】
エラリー・クイーン『Yの悲劇』東京創元社

【関連記事】
エラリー・クイーン『Zの悲劇』早川書房
アガサ・クリスティー『カーテン』早川書房
シェイクスピア(目次)

エラリイ・クイーン『Zの悲劇』早川書房

あらすじ…悪名高い上院議員が、選挙をひかえ、自宅で刺殺されていた。出てきた手紙から、いかがわしい婦人との交際が明らかになるが、事件の様相を一変させたのは、脅迫状だった。それはある囚人からきたもので、復讐をにおわせていた。しかもこの男は最近出所したばかりだったのだ……(裏表紙の紹介文より引用)

『Zの悲劇』人物関係図

 上記に引用したあらすじだけではちょっとわかりにくいので、少々説明を付け加えさせていただきます。
 警察を引退し探偵事務所を開いていたサム元警視のところに、大理石採掘会社のエリヒュー・クレー社長が相談にやって来る。曰く、共同経営者のアイラ・フォーセットがビジネスのおいしい話を持ってくるのだが、どうも怪しい、と。そこでサムは娘のペイシェンスを連れて調査に乗り出すことに。そして調査中にアイラの弟で上院議員のジョエル・フォーセットが殺されたという次第。
 というわけで、「悪名高い上院議員」とはジョエル・フォーセットのことで、「いかがわしい婦人」とはファニー・カイザー、そして「ある囚人」とはアーロン・ドウのことです。

 さて、本作はペイシェンス・サムの視点で物語が展開されるのですが、ドルリイ・レーンに初対面で会った時に推理をかましてくれています。序盤の出来事なので言ってもネタバレにならないと思いますが、レーン氏の爪がひび割れていることから彼がタイプライターをやり出したことを言い当てています。
 タイプライターで爪がひび割れるとは恐ろしい気がしますが、ともかくも若いペイシェンスは老探偵のレーン氏に対抗心を燃やして推理を開陳したのかもしれません。
 それではこの調子で彼女が活躍し続けるのかというと、どうもそううまくは行かないようです。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、なすすべがなくてジリジリ待つくだりが何度か出てきます。そして最後は…おっと、そこから先は読んでみてのお楽しみとさせていただきましょうかね。
 ちなみに、巻末の解説「Aの次にZ」(文・新保博久)によると、ペイシャンス・サム登場作品はこの『Zの悲劇』と『ドルリイ・レーン最後の事件』の二作品のみ(P409)。一発屋で消えてしまう探偵よりはマシですが、やはりこれは寂しい。

【参考文献】
エラリイ・クイーン『Zの悲劇』早川書房

マーシー・ハイディッシュ『呪縛の炎』早川書房

あらすじ…ワシントンでウェザレル古書店を経営しながら小説も執筆しているアリス・グレイ。彼女は小説の題材として、18世紀の植民地時代に魔女狩りで火あぶりにされた産婆エバンジェリン・スミスについて調べる。だが、それと共に現在のアリスの周囲で殺人事件と盗作騒動が起き…。

『呪縛の炎』人物関係図

 この物語の主人公アリス・グレイは、エヴァンジェリン・スミスと自分が似ていることに気付きます。そこまではよくある話です。歴史をひもといて行けば様々な人物に巡り会うわけで、その中には自分と似た境遇の人物、自分と似た性格の持ち主、あるいは自分と顔が似ている人たちがいます。
 「古本屋兼作家と、薬剤師兼産婆のどこが似ているの?」なんて野暮なこと言っちゃいけません。アリス・グレイはもっと別のところに相似を見出しているのです。例えば自立した女性である、といったことですな。

 さて、物語は過去の事件をなぞるかのように現在の世界でも事件が起きます。上掲の人物関係図ではとりあえず第一部までとしましたが、この後も殺人事件が起こるし、18世紀の方でもそれと対応するかのような殺人事件が明らかになります。
 こうなるとシンクロニシティというかオカルトめいてきているというか…。犯人側がそれを狙ってやっているのならまだわかるのですが…おっと、これ以上はネタバレになるので伏せておきます。
 それから、主人公の身に起こった「衝撃の結末」についても言及しておかねばなりますまい。詳しくは言えませんが、ぶっちゃけて言うと超常現象です。科学では全く説明が付きません。一応、作品の中で説明がなされているものの、非科学的です。
 ファンタジー小説やホラー小説ならそれでもいいのですが、ミステリーでそれをやっちゃまずいと思います。

【参考文献】
マーシー・ハイディッシュ『呪縛の炎』早川書房

ディクスン・カー『テニスコートの謎』東京創元社

あらすじ…雨あがりのテニスコートの中央に倒れていた死体。しかしコートには被害者の足跡しか印されていなかった。それ以外の人間がコートに出入りした形跡は皆無。屋外の密室ともいうべき第一の殺人につづいて、ふたたび第二の殺人が発生する。(P1)

Photo_4

 あらすじの段では第二の殺人事件が発生したことまで書いてありますが、その第二の殺人事件は終盤が近付いてきたなと思うところで起きるので、上掲の人物関係図では第一の殺人(フランク・ドランス殺害)までとし、第二の殺人は省きました。
 それから、本作の原題は"THE PROBLEM OF WIRE CAGE"なのですが、"WIRE CAGE"とは第一の殺人事件の死体発見現場であるテニスコートを囲っている金網のことです。この金網をわざわざタイトルに付けるということは、犯行のトリックと何らかの関係があるのだろうか? もちろん私は読み終えているのでその答えを知っているのですが、未読の方のために伏せておきます。

 閑話休題。
 物語の序盤、CID(犯罪捜査部)の警視(ハドリーのこと)がヤング博士に面会に来ていることを知ったキティ・バンクロフトはこんな感想を述べています。

「ほんとうなの、ブレンダ? すごいじゃない! するとスコットランド・ヤードから来たのね? ねえ、スコットランド・ヤードなんて本の中にでてくるだけで、実在するものだなんて考えたこともなかったわ! 本物の捜査官が同じ屋根の下にいるなんて! まるでサンタ・クロースかヒトラーがお客さんに来たみたい。あなた、間違いないの?」(P32-33)

 サンタとヒトラーを同列に並べるとは! とはいえ、本作の舞台は第二次世界大戦勃発前だと思われる(『テニスコートの謎』は1939年の作品であり、第二次世界大戦の開始は同年の9月)ので、この時のヒトラーは悪役というより「外国のすごい人」といった程度の位置付けがキティの中でなされていたんじゃないでしょうか。
 もちろん、ユダヤ人などにとっては上記のセリフは噴飯ものであろう、ということは付け加えておきます。

【参考文献】
ディクスン・カー『テニスコートの謎』東京創元社

ディクスン・カー『帽子収集狂事件』東京創元社

あらすじ…夜霧たちこめるロンドン塔逆賊門の階段で、ひとりの男が屍体となって発見された。その頭には、およそ服装とはちぐはぐなシルクハットがのっており、いっぽうロンドン市内には帽子収集狂が跳梁して帽子盗難の被害届が続出する。帽子、帽子、帽子。終始、帽子の謎につきまとわれた怪事件は、ロンドン塔を舞台にエドガー・アラン・ポオの貴重な未発表原稿へとつながっていく。(P1)

『帽子収集狂事件』人物関係図

 上掲の人物関係図の中に「帽子収集狂」の名を書き漏らしてしまいました。でも、勘の良い読者ならば、この中に「帽子収集狂」がいることは察しが付くものと思われます。
 それから、殺害されたフィリップ・ドリスコルの頭に盗まれた帽子があり、これによって「帽子収集狂」が殺人犯ではないかと疑われます。
 だがちょっと待てよ。帽子泥棒と殺人とでは全然レベルが違うぞ。この不自然さは…おっと、これ以上はネタバレ防止のために伏せておくことにします。

 最後に、エドガー・アラン・ポーの未発表原稿について少々。
 新聞の社会欄などに時たま、作家の未発表原稿が見つかったという小さな記事が出ることがあります。ポー級のビッグネームは滅多になく、多くはあまり有名でない人たちですが。
 そんなわけで、ポーの未発表原稿があるとすれば、それだけで記事になるんでしょうな。フィリップ・ドリスコル記者はこのネタに食い付こうとしたんだろうか? いや、彼の性格からすると…。

【参考文献】
ディクスン・カー『帽子収集狂事件』東京創元社

ディクスン・カー『曲った蝶番』東京創元社

あらすじ…ケント州の由緒ある家柄の准男爵ファーンリ家に、突然、現在の当主は偽者であり、自分こそ本物だと主張する人物が現われた。真偽の鑑別がつかないままに現在の当主が殺されるという事態にまで発展した。(P1)

『曲った蝶番』人物関係図

 タイタニック号の沈没が1912年で、本作はその25年後という設定だから、物語の舞台は1937年ということになります。だとすると、第二次世界大戦のちょっと前ですな。

 さて、タイトルの「曲った蝶番(ちょうつがい)」についてですが、これがなかなか出てこない。後半になってようやく、マデライン・デインの口から出てきて、事件解明の鍵になりそうだということが示されます。
 「曲った蝶番」の正体についてはネタバレ防止のために伏せておきますが、これが唯一無二の欠くべからざる鍵ではない、ということはヒントとして申し上げておきます。つまり、鍵は他にもいくつもあるということであり、読み手はそれらを見落とさないように気を付けないといけないのです。
 正直言って、私は色々と見落としてましたわ。

【参考文献】
ディクスン・カー『曲った蝶番』東京創元社

ディクスン・カー『髑髏城』東京創元社

あらすじ…ローレライで名高い絶景のライン河畔にそそりたつ不気味な髑髏城を、稀代の魔術師メイルジャアが入手して、のぞみどおりの幻想の城に改築した。しかし城の持主はライン川に死体となって浮び、あとをついだ俳優マイロン・アリソンは全身を火炎につつまれて城壁から転落。あいつぐ惨死事件の真相をさぐるべく、パリの名探偵バンコランとベルリン警察のフォン・アルンハイム男爵とのあいだに、しのぎをけずる捜査争いが展開する!(P1)

『髑髏城』人物関係図

 上記の人物関係図では別荘の客を一くくりに表記しましたが、彼らは彼らで複雑な関係を持っていることが捜査の過程で明らかになります。長編小説の文量ともなると、そういったところも込み入って描写されますからね。

 さて、本作の特徴の一つは、バンコランとフォン・アルンハイムの二人が捜査を競うという展開にあります。どちらか一方が無能だったならば、そいつは有能な方の引き立て役になり下がるんでしょうけど、どちらも優秀と来ている。そのため相乗効果が働いたのか、捜査に乗り出してから極めて短時日のうちに事件の解決を見ています。
 例えば片や髑髏城を探索し、片やアリソン氏の部屋を探索するといった具合で進み、それぞれが成果を挙げています。探偵が一人しかいなかったら、あの魔改造を施された髑髏城だけで相当の時間を要したのではないでしょうか。

【参考文献】
ディクスン・カー『髑髏城』東京創元社

伝オスカー・ワイルド「ティルニー」

 本書に収録されているのは全体の一部です。収録されていない部分のあらすじは本書に記してあるのでここでは割愛するとして、収録されている部分のあらすじを簡単に述べるとすると、

実業家カミーユ・デ・グルーとピアニストのティルニーがホモセックスをする。

 というものです。作品全体を読んでいないのでこんなことを言うのは烏滸がましいかもしれませんが、この収録部分だけを読むとエロ小説です。エロいです。

【参考文献】
A.C.ドイル、H.メルヴィルほか『クィア短編小説集 名づけえぬ欲望の物語』平凡社

アーサー・コナン・ドイル「三人のガリデブの冒険」

あらすじ…三人のガリデブ氏を集めることができれば莫大な遺産が手に入る。そんなおいしい話にホームズの推理が冴え渡る!

 巻末の解説(文・大橋洋一)によると、ホームズたちにもゲイ的要素が見出せるという。

「三人のガリデブの冒険」では、ゲイ的要素が犯人側だけでなく、犯罪を防ぎ犯人を追い詰める探偵側にも見出せる。ホームズが冷静さを失い、ホームズの動転ぶりに熱い愛情を見出して心震わせるワトソン――(中略)ここにはゲイ的感情がある。(P321-322)

 当該部分はP136に出てくるのですが、それを読んでみるとたしかにそういう感じを受けることができます。そもそも私はノンケなのでホモセンサー(ホモを感知する能力)が本物のホモや腐女子ほど発達していませんが、それでも同性の者同士による心的結合ともいうべきものが見えました。

「だいじょうぶか、ワトソン。後生だから、だいじょうぶだといってくれ」
 怪我をして損はなかった――たくさんの怪我を負ってもいいくらいだった――あの冷静な仮面の背後にある熱い誠実な心と愛情とを知ることができたのだから。(中略)私のつつましやかな、だが一途の奉仕の年月のすべてが、この啓示の瞬間において頂点に達したのだ。
(P136)

 ホームズに奉仕するワトスン。そういえばワトスンは女性と結婚した後、妻をほったらかしにしてホームズのところへ入り浸っていましたっけ。あれも奉仕といえば奉仕ですな。

【参考文献】
A.C.ドイル、H.メルヴィルほか『クィア短編小説集 名づけえぬ欲望の物語』平凡社

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)

アーサー・コナン・ドイル「赤毛連盟」

あらすじ…シャーロック・ホームズは赤毛のジェイブズ・ウィルソンから奇妙な相談を受ける。彼は赤毛連盟なるものに加盟していたのだが、それが突如解散したというのだ。

 巻末の解説(文・大橋洋一)によると、

「赤毛連盟」では、犯人像からゲイ的要素が発散している。(P321)

 とのこと。
 ただ、私はノンケなのでホモセンサー(ホモを感知する能力)は本物のホモや腐女子ほど発達しておらず、残念ながらそれを感じ取ることはできませんでした。
 しかし、フロイト的解釈をするならば、どうだろう? 犯人の男たちがトンネルを掘るというのは男色行為(オカマを掘る)を連想させます。又、フロイト的解釈では黄金=大便であり、掘った先に金(きん)があるのは肛門性交の隠喩(メタファー)だと解釈できます。
 うん、これならホモ小説として読めなくもないぞ。

【参考文献】
A.C.ドイル、H.メルヴィルほか『クィア短編小説集 名づけえぬ欲望の物語』平凡社

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30