無料ブログはココログ

スタニスワフ・レム『ソラリスの陽のもとに』早川書房

あらすじ…菫色の霞におおわれ、たゆたう惑星ソラリスの海。一見なんの変哲もない海だったが、内部では数学的会話が交わされ、みずからの複雑な軌道を修正する能力さえもつ高等生命だった! 人類とはあまりにも異質な知性。しかもこの海は、人類を嘲弄するように、つぎつぎと姿を変えては、新たな謎を提出してくる……(裏表紙の紹介文より引用)

 上記のあらすじは抽象的すぎてわかりにくいところがあります。そこで私なりにあらすじをまとめてみました。

 惑星ソラリスを覆う海は、それ自体が一つの巨大な知的生命体らしい。ということで人類は長年に渡ってソラリスと交信しようとし、ソラリスについて調べ続けていたが、うまく行かなかった。もうソラリス研究は打ち切られるかという時、心理学者クリス・ケルヴィンはソラリスの研究ステーションへと赴く。そこには、いるはずのない人間の気配があり、更に彼の目の前には、10年前に自殺したはずの妻ハリーが現われる。

 もちろんこれは全体のストーリーの一部分であり、この後どうなるかは読んでみてのお楽しみとさせていただきます。

 さて、アンドレイ・タルコフスキー監督の映画「惑星ソラリス」では序盤に出てきたバートンの証言が、こちらの原作小説では中盤の『小アポクリフォス』(P122-171)という章で登場します。
 アポクリフォス…? ああ、アポクリファ(外典)のことか。アポクリファとは旧約聖書に収録されなかった宗教文書の一群で、ユディトとホロフェルネスを描いた「ユディト記」や、格言を集めた「知恵の書」などがあります。アポクリファの扱いは各宗派によって異なるのでその価値について一概に言うことはできませんが、だとするとバートンの証言もそのようなもの、つまりはソラリスの学派によって扱いは異なっているのでしょう。

 最後に、ソラリスとは結局何だったのか? 物語の終盤、クリスとスナウトの会話の中で「答え」が提示されますが、それとて数多く提出された仮設の一つに過ぎず、決定打とはなりえていません。しかも、作品の終わりまで読んだとしても、決定的な答えが出るとは思えない。絶望。まさに絶望。
 こうなったら自分で答えをひねり出そうかとも考えましたが、やめておきます。私はソラリスに長く留まらず、報告書(即ちこのレビュー記事)を書いたらさっさと地球に帰還することに決めました。深遠な思考を放棄して逃避に走ったのだとそしられかねませんが、こうでもしないと私の今の頭じゃやって行けないのです。所詮はその程度のレビュー記事だと思ってご了承下さい。

【参考文献】
スタニスワフ・レム『ソラリスの陽のもとに』早川書房

【関連記事】
惑星ソラリス

吉川英治「雲霧閻魔帳」

あらすじ…盗賊・雲霧仁左衛門は捕えられて処刑を待つ身となる。だが、彼には気がかりがあった。それは、かつて盗みに入った先でレイプした女と、その女との間に産まれた子供の存在だった。

 物語の冒頭、五人の男が集まって兄弟分の盃を交わします。その中に本作の主人公(雲霧仁左衛門)もいて、ここから五人の活躍が描かれるのかと思いきや、次の場面では全員逮捕されていて、しかも雲霧以外は何の見せ場もなく消えて行きます。あの四人の存在意義って一体…。

 それから、物語の中盤で仁左衛門はいきなり釈放されます。これについて彼は、「なぜか、まるで見当がつかない」(P420)とありますが、私はピンと来ました。泳がせているな、と。

【参考文献】
『吉川英治歴史時代文庫75 治郎吉格子 名作短編集(一)』講談社

吉川英治「無宿人国記」

あらすじ…悪行を重ねていた清水一角は、上杉家の家老・千坂兵部の計らいで吉良上野介の付き人になるが…。

 忠臣蔵外伝。
 清水一角、というよりも現代の我々には清水一学として知られる人物は、吉良側で奮戦した人物とされています。映画だと庭園の橋の上で戦っているシーンがあったりしますな。
 それはさておき、本作では清水一角(一学)は悪人として描かれています。詳細は本書の記述に譲りますが、彼は自堕落な生活を送るのみならず、他人をも堕落させています。
 それでも彼は千坂兵部との約束を守って吉良上野介の付き人になって赤穂浪士の討ち入りを迎えるあたりは、忠臣蔵のストーリーを逸脱できない存在だということか。

【参考文献】
『吉川英治歴史時代文庫75 治郎吉格子 名作短編集(一)』講談社

吉川英治「治郎吉格子」

あらすじ…盗賊の治郎吉はほとぼりを冷ますために有馬温泉に逗留していたが、そこでなじみとなっていた湯女のお仙と駆け落ちし、大坂へ行く。

「治郎吉格子」人物関係図

 主人公の治郎吉は鼠小僧次郎吉として講談などで有名。で、本作でも盗みの腕は確かなようで、初めて来た場所(大坂の与力町)でいきなり大金を盗み出しています。
 又、お仙やお喜乃にその大金をポンとくれてやるあたりは実に金離れがいい。悪銭身に着かずというべきか、宵越しの銭は持たない江戸っ子気質というべきか。

【参考文献】
『吉川英治歴史時代文庫75 治郎吉格子 名作短編集(一)』講談社

【関連記事】
御誂治郎吉格子

吉川英治「醤油仏」

あらすじ…日傭人足の左次郎は元武士で仇を探している身だった。一方、大量の醤油をペロリと飲んでしまう伝公という人足がいて…。

 伝公は醤油賭というのをやって荒稼ぎしています。即ち、一定量の醤油を飲んでみせたら賭金をいただくというもので、左次郎の同僚が賭けに負けて大金をふんだくられています。
 尚、良い子のみんなは伝公のようなマネはしちゃいけませんよ。伝公みたいな末路を辿ってしまいますぞ。

【参考文献】
『吉川英治歴史時代文庫75 治郎吉格子 名作短編集(一)』講談社

吉川英治「増長天王」

あらすじ…肥前鍋島家の御用窯。そこの傲岸不遜な陶工・久米一のところへ鍋島家から注文が入る。一方その頃、窯焚きの百助が山目付の鈴木杢之進に、久米一の娘・棗とラブラブな絵描座の兆二郎が実は他国の間者だと告発していた。

「増長天王」人物関係図

 増長天王は四天王の一。この作品で久米一が作るのが増長天像であり、と同時に増長天王が傲慢増長の久米一を指す悪口(P21)になっています。
 それはさておき、兆二郎にかけられた嫌疑は、今で言えば産業スパイ。鍋島焼の秘法を狙っているというわけですか。
 その嫌疑が本当か否かはネタバレ防止のために伏せておきますが、そもそも秘法には文字に書かれていない(書き切れない)膨大なノウハウが含まれているから、盗み出すのは容易ではあるまい。殊に久米一のようなトップクラスのものともなると、盗み出す方の感性も技術も高い水準が求められるでしょうな。

【参考文献】
『吉川英治歴史時代文庫75 治郎吉格子 名作短編集(一)』講談社

小松重男「桜田御用屋敷」

あらすじ…御庭番・川島真五郎の屋敷に、ある日突然、将軍・徳川家斉がお忍びでやってくる。

 ネタバレ防止のために結末は伏せますが、オチがひどすぎる。こういう終わらせ方もあるのかと驚きましたが、よくよく思い出してみると、コメディの世界ならばこういったこともありうるか。

【参考文献】
縄田一男選『迷君に候』新潮社

池波正太郎「晩春の夕暮れに」

あらすじ…春の夕刻、井戸端で身体を拭う百姓の女房の裸身を覗き見て、思わず突撃した大名は、減封国替の憂き目に遭うのだが……(裏表紙の紹介文より引用)

 主人公の大名の名は筒井土岐守忠親といいます。…土岐守? どうせ架空の人物だから適当に架空の官職名を付けたのだろうと思って調べてみたら、なんと実在の人物(井上正甫)がモデルになっているとか。とはいえ、実在のモデルがいようとも、筒井忠親が架空の人物であることに変わりはない。

【参考文献】
縄田一男選『迷君に候』新潮社

柴田錬三郎「殺生関白」

あらすじ…関白豊臣秀次が乱行の果てに処断されることになる。

 豊臣秀次処断の理由についてはよくわかってはおらず、諸説あるのが現状です。千利休切腹と同様、歴史のミステリーというわけですな。
 さて、この時代小説ではどう描いているかというと、簡単に言うと秀次乱行説と石田三成讒言説を組み合わせています。原因は一つだけじゃなく複数あってそれが絡み合っている、というわけですか。
 それにしても、本作で描かれる石田三成の謀略は凄まじいものがあります。詳細は本作の記述に譲りますが、一歩間違えば自分の首が飛びかねない。
 一方、豊臣秀次ですが、石田三成の謀略にどの時点で気付いたかは不明ですが、カウンターインテリジェンス(防諜)をやった形跡が見当たらない。豊臣政権内部の権力闘争くらい承知しているはずですが…。ひょっとしたら、その程度のことすら見えなくなっていたのかもしれません。

【参考文献】
縄田一男選『迷君に候』新潮社

筒井康隆「ジャズ大名」

あらすじ…楽器を持った黒人が三名漂着した。牢で騒音をたてる彼らに興味を持った殿さまは、日頃嗜む篳篥の奏法を援用しクラリネットでセッションに加わり、やがて……(裏表紙の紹介文より引用)

 本作は岡本喜八監督により映画化されていますが、そちらは未見。
 尚、あらすじの段では黒人たちが日本に漂着したところから書き出していますが、それは物語後半になってから。前半は黒人たちの長い長い旅が描かれています。
 あらすじの段で言及されていなかった前半部分ですが、ジャズの発展を見るのならば読み飛ばすわけにはいかないでしょうな。

【参考文献】
縄田一男選『迷君に候』新潮社

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31