無料ブログはココログ

町山智浩『激震! セクハラ帝国アメリカ 言霊USA2018』文藝春秋

 表紙には3人の男が並んで立っていますが、向かって左からハーヴェイ・ワインスタイン、ドナルド・トランプ、ケヴィン・スペイシーです。そして裏表紙にはワンダーウーマンが英語で、
「#MeTooの名において、オシオキよ!」
 と言っています。
 つまり表紙の3人は、ワンダーウーマンにしばかれるような悪党だということです。

 ところで、本書ではこれでもかというくらいネタが豊富です。

毎週毎週トランプのことは書きたくないんだけど、次々とバカなことをやるので書かないわけにはいかない。でも、それが多すぎて週刊では追いつかない。(P74)

 でもまあ、著者がこうやってトランプネタを拾ってくれるおかげで、自分の知らなかったトランプネタに巡り会えるのはありがたい。トランプのバカっぷりは奥が深いなあ。

 さて、今回はまじめな話も少々。
 本書ではトランプの周辺人物の一人としてケリーアン・コンウェイを取り上げている箇所があるのですが、その中にこんな一文を発見。

 オバマ大統領の当選で共和党はパニックに陥った。共和党支持者の9割は白人だが白人の減少は止まらない。移民に寛容になり、マイノリティを取り込まねば共和党は生き残れない。ところがコンウェイの調査会社は逆の戦略を掲げた。移民に厳しく、ミッシング・ホワイト(投票に参加しない白人労働者)を掘り起こせばまだ勝てる、と。(P37)

 あれはケリーアン・コンウェイの戦略だったのか! その戦略に対する賛否はともかくとして、2016年の大統領選挙ではそれが奏功してトランプ当選につながったのは事実です。
 ケリーアンって、ただのケバい変人じゃなかったのね。その点は見直しましたわ。

【参考文献】
町山智浩『激震! セクハラ帝国アメリカ 言霊USA2018』文藝春秋

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

令和2年7月5日執行 東京都知事選挙 選挙公報(4)関口安弘

 この人の選挙公報の公約部分はなぜか文字が横向きになっています。おかげで読みにくいですわ。
 さて、公約を読んでみると、「2.オリンピック」の項目に、「最悪の自然災害でも人々の安全を守る為の非常事態法を憲法上で整備することを国会に求める。」という一文を発見。いや、その一文は寧ろ「1.防災」に入れるべきでしょ。

関口安弘

【関連記事】
令和2年7月5日執行 東京都知事選挙

令和2年7月5日執行 東京都知事選挙 選挙公報(5)竹本秀之

 このシンプルすぎる選挙公報を見て一言。
「他に書くことはないのですか?」
 例えば新型コロナウイルス(COVID-19)対策など、現在の都民の関心事は色々ありますぞ。

竹本秀之

【関連記事】
令和2年7月5日執行 東京都知事選挙

令和2年7月5日執行 東京都知事選挙 選挙公報(6)後藤輝樹

 どこからツッコミを入れていいのかわからない。それがこの後藤輝樹氏の選挙公報です。
 幾つか抜粋してみると、「任侠やくざ合法化」「マイクロチップ(体内埋込無料)」「一夫多妻(一妻多夫、多夫多妻)合法化」「NHKを愛国国営放送局にします」などなど…。ネタの宝庫として、色々と詰まっています。

後藤輝樹

【関連記事】
令和2年7月5日執行 東京都知事選挙

令和2年7月5日執行 東京都知事選挙 選挙公報(7)長澤育弘

 長澤氏の選挙公報では「リフィル処方箋」「零売」の語に注釈が付けられています。これらは一般にはなじみがない用語であるため、注釈を必要とするのは当然といえば当然か。
 ただ、それならば、その後の「OTC化」の語にも注釈を付けてほしかった。こちらの語も一般にはなじみがないからです。
 ちなみにOTCは"over the counter"の略で、OTC化とは医師による処方箋を必要とせずに医薬品を購入できるようにすることです。

長澤育弘

【関連記事】
令和2年7月5日執行 東京都知事選挙

令和2年7月5日執行 東京都知事選挙 選挙公報(8)小野たいすけ

 小野泰輔氏の選挙公報(と選挙ポスター)に、応援者として日本維新の会副代表の吉村洋文大阪府知事が載っています。代表じゃなくて副代表の方が、です。
 吉村知事は新型コロナウイルス(COVID-19)対応で株を大いに上げましたからね。こっちを載せるという戦術は理解できる。
 ああ、そういえば新型コロナ対応では小池都知事も株を上げているんだった。吉村知事の顔を見ていたら、そのことを思い出しましたわ。

小野たいすけ

【関連記事】
令和2年7月5日執行 東京都知事選挙

令和2年7月5日執行 東京都知事選挙 選挙公報(1)立花孝志・服部修・さいとう健一郎

 今回の都知事選では、ホリエモン新党という政治団体から3人も立候補しています。そもそも首長選の定数は1なのに、です。
 さて、その3人の選挙公報を見較べてみると…殆ど同じですな。右端の顔写真と名前、そして名前の左のプロフィール欄が違うだけ。
 まあ、この3人の中で本命候補は立花孝志氏でしょうな。立花氏はN国の党首であり、今回の都知事選の「主要候補」の一人と目されているのですから。

立花孝志・服部修・さいとう健一郎

【関連記事】
令和2年7月5日執行 東京都知事選挙

令和2年7月5日執行 東京都知事選挙 選挙公報(2)石井均

 冒頭、「新型コロナウイルスの治療薬と予防薬を発明しました。」と大見得を切っています。ほんとかよ。というより、もし本当なら都知事選に出馬するどころじゃないはずですが…。

石井均

【関連記事】
令和2年7月5日執行 東京都知事選挙

令和2年7月5日執行 東京都知事選挙 選挙公報(3)西本誠

 いきなり白抜きで「現職か、俺か。」とあります。ちょっと待て、他に選択肢はないんですか!? …まあ、二者択一を迫るのはプロパガンダ(政治宣伝)の手法としてはありと言えばありです。もちろん賢明な有権者ならば、他にも選択肢があるということを充分に心得ているはずだし、それがわかっているならこんな手法は通用しないでしょうな。

西本誠

【関連記事】
令和2年7月5日執行 東京都知事選挙

佐藤優『ファシズムの正体』集英社

 私は以前、「トランプ大統領はファシストか?」という動画を当ブログにて取り上げたことがあるのですが、そういえばファシズムについてはあまり学んでいませんでした。そこで本書を読んで少し勉強してみることに。政治学を専攻している大学生なら新書一冊じゃ不充分でしょうけど、一般人が入門書として読む分にはいいんじゃないかと思います。
 さて、ファシズムとは何か? 本書によると、「国家の介入によって国民を統合し、自由主義的な資本主義が生み出す問題を克服していこうとするもの」(P14)です。
 …ん? 国民を統合? アメリカのトランプ大統領は国民を分断しているから、その点ではファシズムとは相容れませんな。
 尚、本書ではトランプに言及している箇所は見受けられるものの、トランプがファシストであるか否かについては述べられていません。まあ、そこは読者がそれぞれ判断すればいい。

【参考文献】
佐藤優『ファシズムの正体』集英社

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31