無料ブログはココログ

13日の金曜日:クリスタル・レイクへの帰還(2017年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/wRv6d5v8VXU

監督:ショーン・レイノルズ
出演:ステフ・リッカー、パトリック・マクローリー、ラルフ・ピオトロウスキ
原題:Friday The 13th Return To Crystal Lake Short HD
備考:スプラッターホラー

あらすじ…クリスタル・レイクにジェイソン・ボーヒーズが(いつものように)現われた!

 作中の人物が
「ジェイソンは死んだ」
 と言っていることから、彼らは一応ジェイソン・ボーヒーズの存在は知ってるわけですな。ただし、ジェイソンは死んだことになっていても平然と登場するから油断はできない。
 と思ったら、最後に衝撃の真実が明らかに! …とはいえ、彼が語ることは単なる妄想である可能性があります。信じるか信じないかはあなた次第。
 ちなみに今回のジェイソンはデブです。ジャンクフードでも食いすぎたのかな?

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

飲酒運転(2016年、オーストラリア)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/Gsf87_SahZE

原題:Drink Driving

あらすじ…若者2人がディスコで酒を飲み、車で帰ることにするが…。

 実際に酒を飲んで車を運転しているわけではなく、コントで表現しています。しかも学生のノリで。だから演技が嘘くさくてもそこは大目に見る必要があるでしょう。

【関連記事】
飲酒運転の衝撃

動くな(2013年、イギリス)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/f9jd6lyGvMI

 Vimeoでも観られます。
https://vimeo.com/63895336

監督:アンソニー・メルトン
出演:レイチェル・ブライト、ジェイク・ヘンドリックス
原題:Don't Move
備考:スプラッターホラー

あらすじ…6人の男女が悪魔を召喚してしまう。動けばその悪魔に殺されてしまう!

 なぜ悪魔が召喚されたのかというと、ウィジャボード(Ouija Board)が映っていることから、どうやらこれでうっかり間違って召喚してしまったらしい。よくもまあこんなので厄介なのを呼んだものだ。
 ちなみにグロ描写は結構頑張っていて、特に最後に女性があんな目に遭う場面なんかは凄い。

本当に一人?(2017年、マレーシア)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/miSBwm0amD4

原題:Are you really alone? [Horror short story]
製作:Apon Productions
備考:ホラー

あらすじ…若い女性がホラームービーを観ていると…。

 わずか51秒の短い作品。彼女が視聴していた映像にはウィジャボード(Ouija Board)という西洋版こっくりさんが登場したので、彼女が観ているのはホラームービーだと解釈した次第。
 それはさておき、こういうホラー作品を観ていると「何か」の気配を感じてしまうことはあるんでしょう。ちなみに私の場合、その「何か」とは家族の誰かだったりするのですが。

スター・ウォーズ:影と氷(2017年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/OLocdLdIKGM

監督:ゲイヴィン・ムーア
出演:マイケル・アンソニー、サム・スレイター
原題:Star Wars: Shadows and Ice(Make-a-Wish Fan Film)
備考:SFアクション

あらすじ…銀河帝国の成立を受けてオビ=ワン・ケノービは惑星タトゥーインに逃れ去った。一方、ジェダイの最後の聖地となった氷の惑星イルムにもシスの手が伸びていた…。

 説明文によると、「メイク・ア・ウィッシュ」からの依頼を受けて作ったとのこと。

 さて、話を戻します。
 オビ=ワン・ケノービはトルーパーとの戦闘でライトセーバーを壊されてしまい、クリスタルが胸にめり込んでしまいます。残ったクリスタルではライトセーバーがうまく機能しないので氷の惑星イルムに新しいクリスタルを取りに行くが…。
 そもそも逃亡中にそんなところへ行くのは敵側に発見されるリスクがあります。しかし彼にとっては背に腹は代えられなかったのでしょう。ジェダイにとってライトセーバーはそれだけ重要な武器だということです。

【関連記事】
スター・ウォーズ(目次)

13日の金曜日:POV方式(2017年、アメリカ)

この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/1ukjZfPK4gg

製作:DunDude Bossman
原題:Friday The 13th Short Film (1st Person)
備考:ホラー

あらすじ…ジェイソン・ボーヒーズがやって来た!

 ジェイソンのPOV方式で撮影。ただし、ガキが撮ったものなのでクオリティは低いです。映像がブレブレで何が何やらよくわかりません。ジェイソンのスピードならば視点移動だってもっとゆっくりになるはずなんですがねえ。
 ちなみに一つわかるのは、部屋が散らかっているということ。撮影前に部屋の整理と掃除くらいしておこうよ。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

オーブン(2017年、スペイン)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/RiX8GhrvER0

製作:ラッシュ・スミス
原題:The Oven - Scary Horror Short Film
備考:ホラー

あらすじ…男がオーブンで料理を作る。

 約2分半ほどの短い作品。ネタバレ防止のために結末は伏せますが、正直言って私には意味不明でした。
 まあ、調理に失敗する夢を見てしまうのはわかりますよ。何かに失敗してしまう夢なんて珍しくもないですし、実際に調理で失敗してしまうこともありますからね。

バットマン:恐怖のバットマン(2017年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/Ms--sR8DF6I

製作:Toon Bros
原題:Batman fan film The Creepy BATMAN
備考:アニメ

あらすじ…デッドショットにバットマンが襲いかかる!

 デッドショットはバットマンシリーズに登場するヴィラン(悪役)で狙撃の名手。
 さて、この作品ではデッドショットの視点からホラームービー風にバットマンを描いています。ヴィランにとってバットマンはこのような恐怖の存在だと示しているようです。
 ただ、画面の色調やアニメの技術等の諸問題により、そんなに怖くはないですな。

【関連記事】
バットマン(目次)

バットマン

メタルギアソリッド:敵と添い寝(2015年、オーストラリア)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/fcUHSphvSgM

監督:ニコラス・クリアリー
出演:ダニエル・ヴィンク、ハーレム・バセット
原題:Sleeping with the Enemy - Metal Gear Solid Film
備考:アクションコメディ

あらすじ…スネークは麻酔銃を持って敵のアジトに潜入するが、うっかり自分を麻酔銃で撃ってしまう。スネークは敵と戦いながら眠気とも戦う羽目に。

 アクションゲーム「メタルギアソリッド」を基にした作品。6分弱の長さで戦闘がテンポ良く展開されます。
 ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、やっぱり段ボールは凄いなあ。

バイオハザード7:レジデンツ(2017年、イギリス)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/QQD0uVdI1Qo

原題:RESIDENTS - A Resident Evil 7 inspired short film
備考:ホラー

あらすじ…男が「バイオハザード7 レジデント・イービル」をプレイする。

 スプラッター描写注意。
 さて、男がプレイするゲームのストーリーを簡単に説明します。主人公のイーサンは、行方不明になっていた妻からビデオメッセージを受け取り、彼女を探しに行く。そして彼女を発見して連れて帰ろうとするが、突如彼女は凶暴になり…。
 実際ゲームではこのあと更に複雑なストーリーが展開されるのですが、こちらの映像作品に関わる部分だけにとどめておきます。気になる方は実際にプレイするか、プレイ動画を視聴するかして下さい。
 それにしても、冒頭の食事を作るシーンだけでも充分に不穏なのですが、これは一体…。ひょっとしたら、ホラーゲームをプレイするための雰囲気作りなのかもしれません。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31