無料ブログはココログ

マネキン(2022年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://www.youtube.com/watch?v=x-Yb8-PqeWA

監督:アレックス・マガーニャ
出演:ジュリエット・セシル、アレックス・マガーニャ
原題:The Mannequin
備考:ホラー

あらすじ…曰くつきのマネキンが動き出す!

 女性がビックリしてガラスのコップを落として割ってしまうシーンがあります。それから彼女はホウキでガラス片を掃除するのですが、その後に掃除機をかけた方がいい。というのは、ホウキだけでは取り切れない細かい破片が落ちているからです。
 ところで、本作の重要アイテムであるマネキンの「曰く」ですが、動画内で語られます。このマネキンは元々殺されたデザイナーのもので、オークションで格安で手に入れたものだとか。格安というのも一つの要素でしょうな。安いのにも理由があるってことです。

恐怖のバービー2(2024年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://www.youtube.com/watch?v=L1WFLpKqauc

監督:アレックス・マガーニャ
出演:キャット・ハム、ハンナ・カネッティ
原題:Barbie 2
備考:ホラー

あらすじ…ニコールはゴミ捨ての際にバービー人形を拾って、バービーマニアのアビーのところに持ってくる。だが、アビーは新品じゃないという理由でその人形をゴミ箱に放り込む。

 2と銘打っていますが、とは直接のつながりはありません。
 それにしても、アビーの老け具合であの格好はキツいものがあります。これはこれで恐ろしいですぞ。

13日の金曜日:キャンプ・ブラッドの陥落(2022年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/9n4zYS8wwiA?si=dYNyq2jYcdP3mZpO

監督:リレイ・ローデン
出演:ブレット・エジェット、TJボウザー、ピーター・アンソニー、イーサン・スピックラー
原題:The Fall of Camp Blood
備考:スプラッターホラー

あらすじ…キャンプ・ブラッドで惨劇が起き、ジェイソン・ボーヒーズが蘇生してクリスタル・レイクに帰還する。そして1年後…。

 どうやら、この作品が始まる直前にジェイソンが大暴れしたものの反撃に遭って倒れた模様。そして事情を知らない救急隊員がジェイソンを救急車に乗せて運んだというもの。もちろんジェイソンがそのままおとなしくしているわけもなく…やっぱりそうなったか。
 それから、ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、あの結末を見ても「どうせまた復活するんだろ」と思わざるをえない。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

13日の金曜日:犠牲者はもういらない(2022年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/bGxXwnPUA5o?si=dt_ZqeiTs8GlTLze

監督:ボブ・ヘックマン
出演:ハンス・ポール、ディアナ・ナージャ、ジョー・ウィンチェル、ショーン・ジョーダン、ジェームス・タフレッリ
原題:Victim No More
備考:スプラッターホラー

あらすじ…若い男性ロビーは、ジェイソン・ボーヒーズに家族を殺されていた。ロビーはジェイソン・ボーヒーズが死んだことと、クリスタル・レイクが安全になったことを証明するべくクリスタル・レイクに向かう。

 この話の開始時点ではジェイソン・ボーヒーズは死んでいることになっているようです。もちろんジェイソンのことですから、死んでいたとしても油断はなりません。
 ちなみに今回登場するジェイソンはゾンビタイプで、首に鎖を巻いた状態で湖から上がったところを見ると、どうやら湖底に封印されていたのが、封印が解けて出てきたらしい。
 それからロビーがクリスタル・レイクに向かうというのは、過去への踏ん切りをつけるという目的があるようです。
 最後に、結末について。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、あれはミリシア(民兵)にアメコミ要素が入っていますな。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

13日の金曜日:YouTubeで最も短い13日の金曜日(2023年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/iCRbzjy_vw8?si=IQEVW7Pjm1JtS-Yq

原題:Shortest Friday The 13th Fan Film On Youtube
製作:Robert The Filmmaker
備考:ホラー

あらすじ…ジェイソン・ボーヒーズが殺戮をする。

 わずか40秒ほどの作品。最短かどうかは知りませんが、たしかに短い。
 それと、おそらく製作者のロバートが、ジェイソンと被害者の一人二役をやっているんじゃないでしょうか。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

13日の金曜日:悪の起源パート3(2023年、ドイツ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/67KvppymIV4?si=471VV04elNcLGhd2

監督:フランチェスコ・テサーロ
出演:サブリナ・アルンズ、セリーナ・ルフ、ヘレナ・ドゥマイア、フランチェスコ・テサーロ
原題:Friday the 13th: Origin of Evil - Part 3
備考:ホラー

あらすじ…1957年のクリスタル・レイク。サブリナは森で一人過ごすことが多かった。そんなある時、子供時代のジェイソンと遭遇する。やがてサブリナは成長し、1981年…。

 まずは冒頭の字幕を訳してみました。

【拙訳】
「批評家はこの種の映画を理解していない…
 もしこの種の映画で楽しめないのなら、『13日の金曜日 パート2』を観てはいけない…
 批評家が何を言うかについては心配していない。もし私たちが批評家を喜ばせるために映画を作ったら、私たちはおそらく観客に正しいことをしていないでしょう。」
   スティーヴ・マイナー

 スティーヴ・マイナーは映画監督。『13日の金曜日』のパート2とパート3の監督を務めています。上記の発言を作品の冒頭に持ってくるということは、本作もまた批評家向けではないぞ、ということを示しているようです。まあ、難しいことを考えずに観客の一人として楽しめばいいってことでしょうかね。

 さて、映画本編について述べておくと、本作の特徴の一つとしてジェイソンとサブリナの過去のエピソードが描かれていることが挙げられます。それがどんなエピソードで、それがどんな風に影響してくるのかはネタバレ防止のために伏せておきますが、批評家みたいに深く考察しなくていい、ということだけは述べておきます。
 ただ、それよりも前作(悪の起源パート2)の登場人物が出てくるので、前作は観ておいた方がいい。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

13日の金曜日:悪の起源パート2(2022年、ドイツ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/J72XKNLckBU?si=nPcKifZa1RF8tqHt

監督:フランチェスコ・テサーロ
出演:ヘレナ・ドゥマイア、スザンヌ・キール、フランチェスコ・テサーロ
原題:Friday the 13th: Origin of Evil - Part 2
備考:ホラー

あらすじ…前作から2か月後、ジェイソン・ボーヒーズが殺戮を再開する。そんな中、ヘレンとスーザンがクリスタル・レイクにやって来る。

 前作のパート1はこちら。尚、本作の視聴に際して、パート1を観ていなくても何ら支障はありません。何しろ、ジェイソンがやっているのは「いつものこと」なのですから。
 ちなみに今回のジェイソンも頭に袋をかぶっているのでパート2のジェイソンです。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

13日の金曜日:悪の起源(2022年、ドイツ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/ooW1tqzdcmY?si=rLe4chviK9gP1pVj

監督:フランチェスコ・テサーロ
出演:フィリップ・ダライオ、ジョン・フーリー、フランチェスコ・テサーロ、シャナ・ウィーンズ
原題:Friday the 13th: Origin of Evil
備考:ホラー

あらすじ…クリスタル・レイクでキャンプをしていた人たちをジェイソン・ボーヒーズが殺し、袋を頭にかぶる。そしてまた一人犠牲者がやって来る。

 今回のジェイソンはオープニングで頭に袋をかぶるシーンが出てきます。ということはパート2のジェイソンだな。
 それから今作で標的となる若い女性(シャナ)ですが、水着になる時に尻を画面に向けています。ああ、これはセクシー枠でもあるのか。というよりそもそも、こんなところへよく一人で来られたな。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

13日の金曜日:森(2023年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/dPQ4eng4v_8?si=kKUVbem6N0ORELwS

監督:ランドン・クリステンセン
出演:ギャレット・モス、ノア・クック、クリス・ゲヴィング、アダム・ハッセンスタブ、ランドン・クリステンセン、アレックス・コナー
原題:The Forest
備考:ホラー、モキュメンタリー

あらすじ…若者たちが湖に囲まれた森でドキュメンタリーを撮影する。そしてそこには恐るべきモノがいた!

 序盤にヒゲ面の男が車を運転しながらしゃべりますが、そこではクリスタル・レイクの惨劇の歴史を簡略に語っています。ここで視聴者には一応の説明をしているわけですな。
 ところで、今作ではドキュメンタリーを撮影していて、その撮影した映像を流すという形式なのですが、画面が時々乱れます。低品質の撮影機材を使っているんでしょうかね。又、時折ピンボケするのも、撮影者の技術の低さを物語っているのかもしれません。
 とはいえ、ジェイソン自体はなかなか登場させずにジェイソンの存在を暗示し続けて恐怖を煽る演出は面白い。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

ジェイソンが13日の金曜日に備える(2023年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/ZJHCxPe2Tlk?si=Th7H9MzDeaE2nlxu

原題:Jason preparing for Friday the 13th...
製作:THE MERKINS

あらすじ…ジェイソン・ボーヒーズが13日の金曜日に備えてトレーニングをする。

 本作は2023年10月11日公開なのですが、2日後の2023年10月13日が「13日の金曜日」となっているので、それに対応した作品だと思われます。
 映画「ロッキー」シリーズのパロディとなっています。ジェイソンらしく、死体を担いで走り込みをしたりしています。それに、パメラの首もちょっとだけ登場するのでそちらもお見逃しなく。
 尚、最後の階段を駆け上がる場所ですが、あれはフィラデルフィアにある「ロッキー・ステップ(The Rocky Steps)」です。さすがに自主製作の予算ではそこまでロケには行けなかったようで、画面を合成しています。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

より以前の記事一覧

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29