無料ブログはココログ

バットマン:誓い(2022年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/QNgKEX9cxwg

監督:ジョニーK
出演:ジェリー・W・モーガン、クリス・コンク、オズ・キーナム、ギレルモ・メヒア
原題:The Oath: A Batman Fan Film
備考:アクション

あらすじ…ゴッサム市警のケリー巡査部長とバーンズ巡査が死体を検分していると、無線で連絡が入る。指名手配中のジミー・アトラスらしき人物が目撃されたという。ケリー巡査部長が一人で現場へ向かうが…。

 こちらの作品はティム・バートン版バットマンのファン・フィルムとなっています。ティム・バートン版バットマン作品は当ブログでは取り上げていませんが、私は昔、テレビで観たことがあります。
 さて、本作はストーリーが少々込み入っているように感じられたので、頑張って全部訳してみました。とりあえず拙訳をどうぞ。

【拙訳】
ケリー「もう一人の死体は?」
バーンズ「身分証ではジョニー・ゴブス」
ケリー「何が起こったと思う?」
バーンズ「わかりません、巡査長殿。おそらく屋根を歩いていて落ちたのかと。『警部補殿』と呼ぶべきでしょうか? 他に何と呼びましょうか? すいません、巡査長殿。あなたには昇進する必要があることはわかっています。メアリーさんの治療費がいるんですよね? あなたは最高の警官です。エックハート警部補の汚職は自分を宣伝しているだけです。不公平だ。ウェイン財団から金が出るなら、あるいは俺たちで何かできることがあれば…」
ケリー「もういい、忘れろ」
バーンズ「それでゴブス氏については?」
ケリー「コウモリですか?」
バーンズ「まさか、そんなわけない」
ケリー「その噂は一体どこから?って、言ってるだけですよ」
バーンズ「奴らはノックスやゴッサム・グローブを始めとして、お粗末な新聞を売り込もうとしているんだ。わかったか。流言飛語を真に受けるな」
ケリー「巡査長殿…」
バーンズ「いないんだ、コウモリなんてな」
無線「付近の者は応答せよ。ジェームス・アトラスの特徴と一致する人物がファースト&プラット地区で目撃されました」
バーンズ「ジミー・アトラス? カール・グリッソムの子分の一人だ」
ケリー「ああ、わかってる。10-14チャンネル、私が調べに行く」
バーンズ「一緒に行きましょう。お供しますよ」
ケリー「いや、片付けておけ。10分で戻る」
バーンズ「お気を付けて。グリッソムの子分は遊び回っていませんよ」
ケリー「ああ」

ホームレス「コウモリに気を付けな」

ケリー「OKフランク。できるさ」
アトラス「遅いぞ」
ケリー「仕事でな」
アトラス「木曜の夜は埠頭じゃ警察の仕事がないようにしようじゃないか。結構。カール・グリッソムからの謝礼だ。最初は誰だってキツイ。何か問題でも? 今から悪いことをやっても大丈夫だ。それを補うために充分にいいことをしなきゃならないだけだ」
ケリー「続けよう」
アトラス「ああ。来週会おう。同じ時間に」
バットマン「金を出せ!」
ケリー「妻のために必要なんだ! こんなことしたくなかった。こんなことしたくなかった。こうするしかなかった」
バットマン「いつだって他に道はある。見ているからな」
バーンズ「巡査長殿? ジミー・アトラスを捕まえたんですか!」

三日後
テレビ「アクション・ニュースの時間です。こちらピーター・マクロイ。いわゆる『バットマン』の目撃情報が新たに報告されました。この1ヶ月で7件です。目撃者によると巨大なコウモリの格好をしていたとのことです」
新聞記事:警官がギャングの大物を逮捕!
ケリー「もしもし。ゴードン(本部長)とデント(検事)が作戦開始だと? 俺も加われって? ああ、月曜に会おう」
メアリー「フランク、大丈夫?」
ケリー「ああ、まあな。もう大丈夫だ」

 こちらの世界でのバットマンは都市伝説的な存在になっているようです。治安が悪いゴッサムシティであれだけ色々と暴れ回っていたら、目撃情報だけじゃなくて映像や写真にも姿が残りそうなものだし、戦った形跡だって拭い去れないんですがねえ。まあ、ゴードン本部長が痕跡を揉み消していそうではある。

【関連記事】
バットマン(目次)

バットマン

【最恐に怖い】かんかんだら“姦姦蛇螺”(2022年、日本)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/5Pfik11ulsw

監督:とまりん
製作:J Horror Story
備考:ファウンドフッテージホラー

あらすじ…恐ろしい怪物が出るという家に泊まってみることに。

 都市伝説の怪人「姦姦蛇螺(かんかんだら)」を映像化しています。あの複雑な体を自主製作の予算で映像化するとなると、こうなるのかという一つの見本となっています。さすがに下半身の蛇体は出せなかったか。

【恐怖】昭和日本にジェイソン「13日の金曜日」(2022年、日本)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/01NgzEEWIck

監督:とまりん
出演:柚奈、Mass、泊誠也、薔子
製作:J Horror Story
備考:ファウンドフッテージホラー

あらすじ…3人の男女がビデオカメラを持って廃屋を探索する。この廃屋に入った者が行方不明になるのだという。

 「13日の金曜日」を日本でやっています。日本にはジェイソン村なんてものがありますからね(それも日本各地に!)、そういうところにジェイソン・ボーヒーズが潜んでいてもおかしくはない。
 しかしながら、映像をよくよく観ると、こちらの廃屋は住宅街の中にあるようです。おいおい、そんなんじゃ警察がすぐに入ってくるだろうに。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

ハロウィン:マイケル・マイヤーズの休憩時間(2012年、アメリカ)

 この自主製作映画は、Vimeoで観ました。
https://vimeo.com/37764001

監督:JDシムズ
出演:クリストファー・コシンスキー、カイラ・アイラー
原題:Michael Myers Downtime
備考:ホラーコメディ

あらすじ…夜、マイケル・マイヤーズが車に乗り込んで、女性を待ち受ける。

 標的がいつ車に乗り込むかわからないから、待つのも結構しんどかったりします。だから、暇つぶしをしたくなる気持ちはわからなくもない。
 しかしそれにしても、読書(よりにもよってエドガー・アラン・ポーとは!)を暗い車内でするのはよろしくないですぞ。

【関連記事】
ハロウィン(目次)

マイケル・マイヤーズ

13日の金曜日:仕事の日(2018年、アメリカ)

 この自主製作映画は、Vimeoで観ました。
https://vimeo.com/279811525

原題:Friday the 13th - The Work Day
備考:ホラーコメディ

あらすじ…ジェイソン・ボーヒーズが仕事の日に起床する。

 ジェイソン・ボーヒーズの仕事とは言うまでもありません。いつものアレです。
 さて、ここでのジェイソンはコーヒーを飲もうとしていますが、ポットからカップにコーヒーを注ぐ際にちょっとこぼしています。しかも、こぼしたところを拭いたりはせずにそのままにしています。無頓着だこと。まあ、ジェイソンだから仕方ないか。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

ホラー映画のキャラクターたちのクリスマスパーティー(2021年、オーストラリア)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/mgtCe22P2t8

監督:ルーク・ペダー
出演:ジョシュア・ペダー、ジョン・ペダー、マルチェロ・ドノフリオ、マイケル・ホームズ、リーアム・リオンズ
原題:Horror Icons Celebrate Christmas
製作:Radical Talent
備考:ホラーコメディ

あらすじ…ホラー映画のキャラクターたちがクリスマスパーティーを開く。

 ここに登場するのは以下の通り。

ジェイソン・ボーヒーズ(「13日の金曜日」シリーズの殺人鬼)
マイケル・マイヤーズ(「ハロウィン」シリーズの殺人鬼)
フレディ・クルーガー(「エルム街の悪魔」シリーズの殺人鬼)
レザーフェイス(「悪魔のいけにえ」シリーズの殺人鬼)
ゴーストフェイス(「スクリーム」シリーズの殺人鬼)
ペニーワイズ(「イット」の殺人鬼)

 楽しそうにやってはいますが結局は…ネタバレ防止のために伏せておきますが、まあこいつらならそうなりますよね。

【関連記事】
13日の金曜日(目次)
ハロウィン(目次)

ジェイソン・ボーヒーズ

マイケル・マイヤーズ

ウェイリー(2022年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/7zMG_hcXEiA

監督:ジュリアナ・ロビンソン
出演:ヘンリー・クラーク、アイダ・クラーク、レスリー・ホラン、ニコ・コーエン、ミア・マッカーサー、アンドリュー・オズワルド
原題:Whaley
備考:ホラー

あらすじ…1885年、サンディエゴ。夜、ウェイリー家に、新婚旅行に出かけたはずの娘ヴァイオレットが倒れ込むように帰って来る。夫の行方は知れないのだという。

 アメリカのカリフォルニア州サンディエゴにある幽霊屋敷「ウェイリー・ハウス」を題材にした作品。以前取り上げた「行く前にお祈りをする必要がある心霊スポットトップ10」にウェイリー・ハウスが取り上げられており、これについて調べてみたらこんな作品を見つけたという次第。
 さて、作品を視聴してみると、照明がチカチカしているので目にはよろしくない。現在、ウェイリー・ハウスは記念館として公開されており、この照明は幽霊屋敷っぽさを演出しているものなのですが、こんな風に映画にしてみると嘘っぽさがにじみ出てしまいます。
 それから、実際の事件に基いて作られているためか、心霊の要素が控え目になっているように感じました。こういう控え目なのも悪くはない。

【関連記事】
ウェイリー・ハウス:アメリカ随一の幽霊屋敷
ウェイリー・ハウス:アメリカ随一の幽霊屋敷での一晩

クリスマスに一人(2015年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/doqxQNpUxOs

 Vimeoでも観られます。
https://vimeo.com/150006112

監督:ライアン・ショーヴィ
出演:ヴィクトリア・レイノーソ
原題:I'll Be Alone for Christmas
備考:ホラー

あらすじ…クリスマスの夜を一人で過ごす女性に恐怖が襲いかかる!

 よく見ると部屋はクリスマスパーティーの飾り付けがしてあります。ということは、主人公の女性が一人で飾り付けをやったわけで、その労力を考えるとクリボッチ(※)の寂しさ・みじめさがより一層募ります。

※クリスマスを一人で過ごすこと。

歯医者(2020年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/XzS3jGocnck

監督:マイケル・ブライアン・ローリンズ
出演:マイケル・ブライアン・ローリンズ、トラヴィス・ジャガー
原題:The Dentist
備考:西部劇

あらすじ…尾羽打ち枯らした歯医者が荒野で馬車に乗って移動していると、強盗に出会う。強盗は歯医者に自分の虫歯を抜かせるが…。

 ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、そういう展開になりましたか。そういえばこの歯医者、よく見るとガタイがいい。これはつまり、ただの歯医者じゃないってことです。

 ちなみに監督兼主演のマイケル・ブライアン・ローリンズは、「保安官代理」という作品でアクションをたっぷりと見せてくれています。彼のアクションを堪能したい方はそちらをどうぞ。

ハロウィン:お前にブギーマンは殺せない(2022年、アメリカ)

 この自主製作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/0fe844dmdPQ

監督:ディロン・クロエ
出演:ケイティー・ケイ、ブリトニー・クラーク、アーロン・グローベン、ブランドン・J・マグワイア、エンジェル・チャベス、レイ・バリオス
原題:You Can't Kill the Boogeyman
備考:ホラー

あらすじ…1979年、イリノイ州ハドンフィールド。ハロウィンの夜にまたもやマイケル・マイヤーズがやってきた!

 序盤での登場人物たちの会話がちょっとたるいです。よく聞き取れませんでしたが、あんまり大したことは言ってなかったように思います。まあ、ハロウィンパーティーで浮かれている人間が重要なセリフをしゃべることはあるまい。
 ネタバレ防止のためにストーリー展開は伏せておきますが、複雑な話じゃないです。犠牲者たちはいつも通りハロウィンに浮かれているし、マイケル・マイヤーズはいつも通りのことをやっています。

 それからタイトル「お前にブギーマンは殺せない」について。ブギーマンとはマイケル・マイヤーズのことなのですが、そもそもブギーマンを殺せないのは「お前」だけじゃないだろ、とツッコミを入れたくなります。何しろマイケルは、鉄砲玉を何発も撃ち込まれて倒れてもむっくり起き上がって平然と襲いかかってきますからね。
 これまたネタバレ防止のために伏せておきますが、この作品の結末でも…って、あの禿げ頭の男はルーミス博士(※マイケルの主治医)!?

【関連記事】
ハロウィン(目次)

マイケル・マイヤーズ

より以前の記事一覧

2023年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31