無料ブログはココログ

『BLUE NOTE TOKYO jam Vol.199 NOV-DEC 2018』ブルーノート東京

 ブルーノート東京が2018年11月に30周年を迎えるということで、本誌では冒頭からP22迄、ブルーノート東京に出演したアーティストたちを掲載。
 オスカー・ピーターソン(P8)、B.B.キング(P9)、クインシー・ジョーンズ(P16)など、音楽に疎い私でもさすがに知っているくらい豪華な面々も散見されます。こういうのに詳しい人が本誌のこの記事を目にしたら、時間を忘れて見入ってしまうんじゃないでしょうか。

BLUE NOTE TOKYO jam Vol.199 NOV-DEC 2018

『7TH TOKYO 三ツ星バザール』TOKYO 三ツ星バザール事務局

 2018年11月7日(水)・8日(木)に新宿駅西口広場イベントコーナーにて開催。
 私は本誌P6掲載の豆工房 コーヒーロースト調布深大寺店のブースにてカフェインレスのコーヒー豆を購入。寝る前にコーヒーを飲みたくなった時に、このコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れ、それを飲んでリラックスできました。

7TH TOKYO 三ツ星バザール

【コーヒー映画】
ア・フィルム・アバウト・コーヒー

『小田急沿線 御朱印めぐり』小田急電鉄

 明治神宮(P02)や豪徳寺(P03)、江島神社(P08)など小田急沿線の神社仏閣を掲載。
 ただし、寒川神社(P05)はJR相模線に乗って行くなど、必ずしも小田急沿線とは言い難いところも散見されます。まあ、都心から寒川神社へお参りする場合は小田急線を使うか。

小田急沿線 御朱印めぐり

【関連記事】
寒川神社(日記)

『TOKYO MARATHON 2019 Guide to Events and Attractions』東京都

 外国人観光客向けの東京マラソン2019の地図。英語で表記。
 …ん? こんなものがあるということは、外国人観光客も東京マラソンを見に来るということですか。私はマラソン見物しないから気付きませんでしたわ。

TOKYO MARATHON 2019 Guide to Events and Attractions

『己亥歳 東京五社のごあんない』

 己亥は…え~と、本棚の古語辞典を引っ張り出して調べてみると、これは「つちのとゐ」と読みます。
 それから、本パンフレットによると東京五社とは以下の通り。

靖國神社
日枝神社
大國魂神社
明治神宮
東京大神宮

 大國魂神社は府中市にあり、それ以外の四社は東京23区内にあります。大國魂神社だけが、都心から行くのに少々不便なのかもしれません。

己亥歳 東京五社のごあんない

『Play Station4 2018-2019 Winter』株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 PS4のゲームカタログ。
 そもそも私はPS4を持っていないし、これを購入する気もないのですが、それじゃあなんでこのカタログを読んでいるのかというと、ゲーム情報を得て、それに基いてそのゲームのファン・フィルムを探すためです。
 例えば本誌P18には「バイオハザード RE:2」が掲載されていますが、「バイオハザード」シリーズのファン・フィルムは既に何本かレビューしております。
 それから、「レッド・デッド・リデンプションII」(P14)のファン・フィルムは、レビューこそしていないものの何本か存在を確認しています。

Play Station4 2018-2019 Winter

『BLUE NOTE TOKYO jam Vol.202 FEB-MAR 2019』ブルーノート東京

 表紙を飾るのはジョージア・アン・マルドロウ(Georgia Anne Muldrow)。
 YouTubeにて彼女の楽曲を幾つか視聴。う~ん、私にはよくわかりませんが、トランスミュージックの要素が入っているように感じられました。

BLUE NOTE TOKYO jam Vol.202 FEB-MAR 2019

『Bunkamura magazine No.165――2019 JANUARY 1』Bunkamura

 表紙に「ハムレット」の文字があるので調べてみたら、舞台「Bunkamura30周年記念 ハムレット」がシアターコクーンで5/9(木)~6/2(日)に上演とありました。言うまでもなく「ハムレット」はシェイクスピアの代表作とも言うべき悲劇です。
 ええと、王妃ガートルード役に松雪泰子ですか。松雪泰子はもうガートルードを演じるような年齢に達していましたか。
 ちなみにちょっと説明しておくと、ガートルードはハムレットの母親で、そのハムレットは30歳という設定であり、つまりガートルードは30歳の子供がいるくらいの年齢だということです。

Bunkamura magazine No.165――2019 JANUARY 1

【関連記事】
シェイクスピア(目次)

『HOT ほっと TOKYU 2019 Jan. 1 vol.474』東京急行電鉄株式会社・東急バス株式会社

 特集は「新しい年の運気を上げる目黒・五反田のパワースポットへ。」(P2-7)と題して池田山公園やホテル雅叙園東京、瀧泉寺(目黒不動尊)などを掲載。
 何をもってパワースポットとするのかという定義は人によって異なるので、ここに掲載された場所がパワースポットか否かはここでは論じませんが、自分の感性に自信をお持ちなら現地に足を運んで体感してみるのもいいでしょう。
 かく言う私はというと、例えば本誌P8掲載の五百羅漢寺にお参りしたことがあるのですが、羅漢たちと対面してみると、パワースポット云々はともかくとして結構楽しめましたぞ。

HOT ほっと TOKYU 2019 Jan. 1 vol.474

『ふれあいの窓 1 2019/January No.285』都営交通

 浅草エリアを特集(P1-11)。表紙の場所は浅草の雷門の前で、これぞ浅草と言わんばかりのスポットです。
 そういえば浅草は暫く行ってなかったな。今行ったら外国人観光客がいっぱいいるんだろうなあ。

ふれあいの窓 1 2019/January No.285

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31