無料ブログはココログ

『TOKYO TREND RANKING 2017 2』東京地下鉄株式会社 株式会社ぐるなび

 「2月スポット10」(P07)の中に「2位 サナギ 新宿」(新宿区新宿3-35-6)なるものを発見。甲州街道高架下にこんなものがあったっけ!? というわけで所用で新宿へ赴いた際にちょっと探してみると、観光案内所の近くにあるのを発見しました。
 施設の前を通ると、強烈な香辛料の匂いが鼻を刺激。アジアンフードの店が入っているようです。

TOKYO TREND RANKING 2017 2

『KADOKAWA アニメマガジン 創刊号 2017年1月発行』KADOKAWA

 「ノーゲーム・ノーライフ」と「プリズマ☆イリヤ」の劇場版が制作決定とありました。前者はTVアニメ版がニコニコチャンネルで放送していたのを視聴したことがある、ということを本誌の記事で読んで思い出しましたわ。尚、後者のTVアニメ版は未見ですが、少なくとも前者よりは人気が高いはずです。
 それから「ルパン三世 血煙の石川五ェ門」が2017年2月4日公開。そういえば「次元大介の墓標」をまだ観ていなかったことに思い当たる。

KADOKAWA アニメマガジン 創刊号 2017年1月発行

『HITACHI ルームエアコン 総合カタログ 2016-春夏』日立

 私がこれを入手たのは2016年冬だったと記憶しているのですが、表紙を見ると右側の小さな白クマ(白くまくん)がスイカを持っています。
 スイカは夏なのになあと思ってよくよく見たら、これは春夏のカタログでした。とはいえ、カタログには冷房機能だけじゃなくて暖房機能も載っている通り、エアコンは冷房だけじゃなくて暖房もできますからね。

HITACHI ルームエアコン 総合カタログ 2016-春夏

『HITACHI 炊飯器 総合カタログ 2016-秋』日立アプライアンス株式会社

 「打込鉄釜 おひつ御膳」(P11-12)に注目。おひつ部分を外して運ぶことができる炊飯器です。これなら食卓でご飯をよそうことができるというわけですな。
 尚、製品をチェックしてみると、2号炊きタイプ(RZ-WS2M)と4号炊きタイプ(RZ-WS4M)のみ。これを見る限りでは5.5合炊きタイプはまだない模様。5.5合炊きだと運ぶには重すぎるのかな?

HITACHI 炊飯器 総合カタログ 2016-秋

『TIGER 総合カタログ No.77-3 2016 Autumn&Winter』タイガー魔法瓶株式会社

 P32に餅切り器具の「まる餅くん」(SMX-5401, \8500-)なるものを発見。つきたての餅を簡単に切ることができるとのこと。
 「最大容量3升」ということは、一般家庭で使うというよりも業務用といったところか。

TIGER 総合カタログ No.77-3 2016 Autumn&Winter

『intoxicate #125 2016 December』タワーレコード

 映画「スノーデン」の記事(P40-41, 文=北小路隆志)を発見。スノーデン事件からもう3~4年は経つのか。いや、まだそれぐらいしか経っていないと見るべきでしょうかね。

 それから、「溝口健二&増村保造 映画祭 変貌する女たち」の記事(P54, 文=冨永昌敬)も発見。
 溝口健二監督作品ならば「新・平家物語」、増村保造監督作品ならば「陸軍中野学校」をかろうじてレビューしておりますが、彼らの作品数に較べると寂しい限りです。まあ、気になった作品があればそのうち観ておこうかな。

intoxicate #125 2016 December

『紀州浪漫 2016 WINTER 冬号 Vol.59』和歌山県観光連盟

 P3に全裸の入浴写真あり。ただし男だけどな! あ、でも、ホモにとっては…いや、何でもないです。
 それはさておき、P3は白浜町の崎の湯というところで、海を眺めながらの露天風呂です。水平線や波しぶきを眺めつつ温泉につかるとはねえ。

紀州浪漫 2016 WINTER 冬号 Vol.59

『TSUTSYA CLUB MAGAZINE 2017 2 vol.253』TSUTSYA

 「飛びぬけアワード」(P54-58)にサメ映画「シン・ジョーズ」なる作品を発見(P58)。タイトルが明らかに「シン・ゴジラ」を意識してますな。
 「核実験から生まれたこの怪物は、まさに海のゴジラ!」(P58)という文句からどうしてこんなタイトルになったのかわかろうというものです。

TSUTSYA CLUB MAGAZINE 2017 2 vol.253

『METROPOLIS December 2016』メトロポリス

 「MOVIES」(P12, ドン・モートン)にて7本の映画を紹介。タイトルは以下の通り。

ANTS ON A SHRIMP(ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た)
JACK REACHER: NEVER GO BACK(ジャック・リーチャー NEVER GO BACK)
EVERYTHING WILL BE FINE(誰のせいでもない)
A BIGGER SPLASH(胸騒ぎのシチリア)
MISS YOU ALREADY(マイ・ベスト・フレンド)
STORKS(コウノトリ大作戦!)
EVERYBODY WANTS SOME!!(エヴリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に)

 こうして英題と邦題を見較べてみると、邦題を決める際に明らかに手抜きしているなと思えるようなものもあるし、あるいは長い邦題で映画の内容を何とか伝えようとしているものもありますな。

METROPOLIS December 2016

『DRAGON BALL スタンプラリー』JR東日本

 2017年1月10日(火)~2月27日(月)開催。
 このスタンプ帳には各キャラクターの簡単な解説が書かれており、それを読んでいるだけでも楽しい。例えば天津飯(P9, 恵比寿駅)は「種族:三つ目人(宇宙人)」とあり…って、あいつ宇宙人だったの!? それから、バブルス君(P10, 大久保駅)の「必殺技・特技:逃げる」って、そりゃあ確かに悟空の修行では逃げてたけどさ。

バブルス

DRAGON BALL スタンプラリー

【関連記事】
ドラゴンボール エヴォリューション
ドラゴンボールZ:人類の堕落

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30