無料ブログはココログ

« 「挑戦の思い湧いてくる」 蓮舫氏、都議会に出馬あいさつ 都知事選(2024年、日本) | トップページ | 【東京都知事選 出馬予定】上楽むねゆきの自己紹介をさせてください。(2024年、日本) »

福田恒存訳『リチャード三世』新潮社(3)アン・ネヴィルへの求婚

 第一幕第二場で、グロスター公リチャードはアン・ネヴィルにプロポーズしました。普通ならラブロマンスのシーンになるところですが、読む限りでは全くそんな気配は感じられません。
 それもそのはずで、アン・ネヴィルの夫であるエドワード王子を殺したのが他ならぬリチャードであり、しかもアンがエドワード王子の父ヘンリー六世の棺を運んでいる最中という、TPOを全くわきまえないプロポーズだからです。全く以てグロテスクなプロポーズですわ。
 当然ながら雰囲気は最悪です。しかし不思議なことに、このプロポーズは成功し、後にアンはリチャード三世の王妃となって登場します。この状況下で、なぜ受諾した?
 でもまあ、世の中には悪い男に引っかかる女性もいますからね(例:ハーリーン・クインゼル)。アンもそんな女性の一人だったのかもしれません。

【参考文献】
福田恒存訳『リチャード三世』新潮社(目次)

【関連記事】
シェイクスピア(目次)

« 「挑戦の思い湧いてくる」 蓮舫氏、都議会に出馬あいさつ 都知事選(2024年、日本) | トップページ | 【東京都知事選 出馬予定】上楽むねゆきの自己紹介をさせてください。(2024年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「挑戦の思い湧いてくる」 蓮舫氏、都議会に出馬あいさつ 都知事選(2024年、日本) | トップページ | 【東京都知事選 出馬予定】上楽むねゆきの自己紹介をさせてください。(2024年、日本) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31