無料ブログはココログ

« 東京都知事選挙ポスター あなたもオリジナルポスター貼ってみませんか?(2024年、日本) | トップページ | 「挑戦の思い湧いてくる」 蓮舫氏、都議会に出馬あいさつ 都知事選(2024年、日本) »

福田恒存訳『リチャード三世』新潮社(2)クラレンス公ジョージ

 前回、クラレンス公ジョージに言及しましたが、冒頭のリチャードの長い独白の直後にそのジョージが登場します。逮捕されて身柄をロンドン塔へ送られるところです。なぜそんなことになったのかというと、とどのつまり、リチャードの陰謀です。仕事が早いなあ。
 ともあれ、ジョージアに対してリチャードはそ知らぬ顔で同情する素振りを見せ、共に歎いてみせます。「きっとお助け申し上げる」(P15)と申し添えて。
 どの口が言うかと思いますが、ともかくもここでリチャードは「偽善」という手を使っています。この偽善はその後も度々出てくるので(例:第三幕第七場での祈祷)、これはリチャード三世の武器の一つだと言えます。
 それから、リチャードはジョージを見送る際に、こんなセリフ(独白)を吐いています。

グロスター さあ、二度と戻らぬ旅路を辿るがよい、お人好しの凡くら、クラレンス、俺はお前が大好きだ、だから、すぐにも天国へ送りとどけてやる、天の方で受取ってくれさえすればな。(P16, 第一幕第一場)

 格調高く(?)述べていますが、要するに「バカめ、さっさと殺してやる」ということです。又、最後の「天の方で受取ってくれさえすればな」は、ジョージが天国に行けるような善人ではないとリチャードが見ているとも取れます。
 ちなみにクラレンス公ジョージは以前、ランカスター派に寝返った後、更にヨーク派に寝返っており(『ヘンリー六世』でもそのシーンが出てくる)、寝返りの罪は一応は赦されているものの、油断のならない人物と見なされていてもおかしくはない。ランカスター派という強大な敵が壊滅したことで、エドワード四世王や王妃がこういった人物の排除に向かったのであり、リチャードはそれをこっそり後押ししてやったのだ、とも考えられます。

【参考文献】
福田恒存訳『リチャード三世』新潮社(目次)

【関連記事】
シェイクスピア(目次)

« 東京都知事選挙ポスター あなたもオリジナルポスター貼ってみませんか?(2024年、日本) | トップページ | 「挑戦の思い湧いてくる」 蓮舫氏、都議会に出馬あいさつ 都知事選(2024年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都知事選挙ポスター あなたもオリジナルポスター貼ってみませんか?(2024年、日本) | トップページ | 「挑戦の思い湧いてくる」 蓮舫氏、都議会に出馬あいさつ 都知事選(2024年、日本) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31