無料ブログはココログ

« 重大発表ライブ「東京都知事選、日本保守党ついに決断!」(2024年、日本) | トップページ | 東京都知事選挙に出馬します!(2024年、日本) »

福田恒存訳『リチャード三世』新潮社(5)第二の求婚

 リッチモンド伯ヘンリー(ランカスター派)という強敵が立ちはだかる中、リチャード三世は起死回生の策(?)として、政略結婚を目論見ます。ちなみにアン・ネヴィルはいつの間にか暗殺されたので、この時点でリチャードは独身です。
 政略結婚自体は当時の王族としては珍しくないのですが、問題なのは結婚相手です。こともあろうに、兄エドワード四世の娘エリザベス(リチャードの姪に当たる)で、彼女の母で同名のエリザベスに「娘と結婚させてくれ」と頼み込んでいます(第四幕第四場)。
 叔父と姪の結婚も問題ですが、それ以前にリチャード三世は求婚相手の兄弟三人(グレー卿、エドワード五世、ヨーク公リチャード)や叔父(リヴァーズ伯、クラレンス公ジョージ)を殺していることもお忘れなく。
 アン・ネヴィルへの求婚もグロテスクでしたけど、こっちもなかなかグロテスクですな。

【参考文献】
福田恒存訳『リチャード三世』新潮社(目次)

【関連記事】
シェイクスピア(目次)

« 重大発表ライブ「東京都知事選、日本保守党ついに決断!」(2024年、日本) | トップページ | 東京都知事選挙に出馬します!(2024年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重大発表ライブ「東京都知事選、日本保守党ついに決断!」(2024年、日本) | トップページ | 東京都知事選挙に出馬します!(2024年、日本) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31