無料ブログはココログ

« リンカーン・プロジェクト:ここでそんなことが起こるはずがない(2024年、アメリカ) | トップページ | 【短編アニメ】『雨の日の誘惑』(2023年、日本) »

御料地払い下げの碑(上鶴間鹿島神社)

 神奈川県相模原市南区の上鶴間鹿島神社にある、御料地払い下げの碑を解読してみました。

御料地払い下げの碑

【碑文】
明治三十四年三月拂下願
 
相模國高座郡大野村大字上鶴間
字日影山二九五四番 御料地 (風致林)
 一、段別 六畝壱歩
    此土地立木代金 貮拾八圓也
右許可ス  明治四十二年十月十二日
 帝室林野管理局長官 子爵 渡邊千秋
        無格社 鹿島神社 兼務社掌
  昭和二年二月九日 中里源十郎
        登記済 氏子総代 渋谷國八 渋谷久吉 渋谷堂一

 御料地とは皇室の所有地であり、風致林とは風致保安林ともいい、寺社などの風致を保持・助長する目的で維持している森林。
 つまり、鹿島神社が政府に、風致林だった御料地の払い下げを明治34年(1901年)3月に願い出て、明治42年(1909年)10月12日に許可が下りたというもので、これは不動産取引の文書を石碑にして土地の所有をアピールしているものです。
 どういった事情でこんなアピールすることになったのか知りませんが、ともかくもこれはこれで当時の不動産取引の史料の一つとして読むことができます。

« リンカーン・プロジェクト:ここでそんなことが起こるはずがない(2024年、アメリカ) | トップページ | 【短編アニメ】『雨の日の誘惑』(2023年、日本) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リンカーン・プロジェクト:ここでそんなことが起こるはずがない(2024年、アメリカ) | トップページ | 【短編アニメ】『雨の日の誘惑』(2023年、日本) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30