無料ブログはココログ

« フロリダ州が辞書を禁止に(2024年、アメリカ) | トップページ | デサンティスがデサンティスと討論(2024年、アメリカ) »

奉納土地貮百八拾參坪の碑(上高井戸第六天神社)

 東京都杉並区の上高井戸第六天神社にある、奉納土地貮百八拾參坪の碑を解読してみました。

奉納土地貮百八拾參坪の碑

【碑文】
東京市域
擴張紀念
 
奉納
 
昭和七年十月一日
土地貮百八拾參坪 杉立木附
上高井戸四丁目内藤庄右衛門
       十代 幼名新之助

 東京市域拡張とは、昭和7年(1932年)に東京市の周辺5郡82町村が東京市に編入されたことを指します。この拡張については、「新東京十六景の記念碑(哲学堂公園)」でも触れられています。
 さて、この石碑は、上高井戸4丁目在住の拾代目・内藤庄右衛門(幼名・新之助)が、東京市域拡張を記念して、283坪の土地を上高井戸第六天神社に奉納したことを示しています。それから「杉立木附」ということは、その土地に杉の木が立っていて、それも併せて奉納したということなのでしょう。又、そのことから杉の木が銘記すべき財産だと認識されていたことがうかがえます。

« フロリダ州が辞書を禁止に(2024年、アメリカ) | トップページ | デサンティスがデサンティスと討論(2024年、アメリカ) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フロリダ州が辞書を禁止に(2024年、アメリカ) | トップページ | デサンティスがデサンティスと討論(2024年、アメリカ) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31