無料ブログはココログ

« 有権者がジョージ・サントスに辞任を要求(2023年、アメリカ) | トップページ | 性を売り物にするオンリーファンズ製作現場の内側(2023年、アメリカ) »

若山牧水歌碑(立川駅北口)

 東京都立川市の立川駅北口にある、若山牧水歌碑を解読してみました。

若山牧水歌碑

【碑文】
(表)
    旅にて詠める   牧水
立川の驛の古茶屋
 さくら樹のもみぢの
かげに見送りし子よ

(裏)
   建碑のことば
 市政施行十週(ママ)年を迎へ郷土立川の過去を顧み
其の遙かなる將來を望む里程標として之を建つ
 賛助者の御芳名
石井守
川野秀夫
山田平次郎
木村政長
(中略)
 千九百五十年十二月一日
         發起人 佐藤吉熊
         補助者 小室兼吉
         同   岡崎清平
               濱中石材店刻

 傍に立つ説明板によると、若山牧水が「明治39年に奥多摩への旅行の途中立川駅前で休憩した時に詠んだ作品」とのこと。今だったら奥多摩旅行をする場合、立川駅は通過するか、せいぜい短時間の待ち合わせくらいで済むんでしょうけど、当時(明治39年=1906年)は古茶屋で休憩するほどだった、ということなのでしょう。
 それから、短歌の中に「もみぢ」とあることから、季節は秋であると知れます。桜というと花ばかりが注目されがちですが、この短歌では紅葉に目を向けています。そういえば桜も紅葉になるんだった。
 ちなみに現在、この歌碑の周辺はコンクリートジャングルでガチガチに固められているので、紅葉も何もあったもんじゃないです。

« 有権者がジョージ・サントスに辞任を要求(2023年、アメリカ) | トップページ | 性を売り物にするオンリーファンズ製作現場の内側(2023年、アメリカ) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有権者がジョージ・サントスに辞任を要求(2023年、アメリカ) | トップページ | 性を売り物にするオンリーファンズ製作現場の内側(2023年、アメリカ) »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31