無料ブログはココログ

« サウス・ベース島(2023年、アメリカ) | トップページ | ダビデとゴリアテ(1995年、アメリカ) »

マーク・トウェイン「名探偵誕生」

あらすじ…夫に虐待されて捨てられた女が男の子(アーチー・スティルマン)を生んで育て、息子に自分を捨てた夫(ジェーコブ・フラー)への復讐を果たさせようとする。アーチ―には、猟犬のように優れた嗅覚があった。

 原題は"A Double-Barrelled Detective Story"(P289)で、直訳すると「二連式の探偵物語」。これはどういうことかというと、物語の後半で突如としてシャーロック・ホームズが登場し、アーチ―・スティルマンと「二連式」で推理を展開するからです。それにしても二連式という銃の用語をタイトルに持ってくるあたりは、銃社会アメリカならではでしょうか(念の為に言っておくと、作者のマーク・トウェインはアメリカの作家で、作品の舞台もアメリカ)。
 一方、邦題の「名探偵誕生」ですが、このタイトルが指す名探偵とは誰のことでしょうか? シャーロック・ホームズは名探偵として名高いけれども、登場の時点で既に高名な存在です。例えばホームズが宿帳に自分の名前を記すと、こんな反応が。

 このニュースはたちまち小屋から小屋へ、採鉱場から採鉱場へと広まり、仕事道具を放り出し、部落じゅうの人びとが<興味の中心>めがけて集まってきた。(P247)

 すごい人気だこと。ともあれ、シャーロック・ホームズは本作で「誕生」した「名探偵」ではありません。だとすると、タイトルが指す名探偵とはやはり、「二連式」のもう一人の探偵、アーチー・スティルマンになります。
 それでは、アーチ―の名探偵ぶりは、どんなものでしょうか? ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、彼は優れた嗅覚を駆使しています。論理的思考のできる猟犬といったところでしょうかね。

【参考文献】
各務三郎編『ホームズ贋作展覧会』河出書房新社(目次)

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)

« サウス・ベース島(2023年、アメリカ) | トップページ | ダビデとゴリアテ(1995年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サウス・ベース島(2023年、アメリカ) | トップページ | ダビデとゴリアテ(1995年、アメリカ) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31