無料ブログはココログ

« 十四烈士の碑(代々木公園) | トップページ | 徳川好敏之像(代々木公園) »

リュック・ジャケの世界:悪党の取り分―ヒョウアザラシの狩り(1999年、フランス)

監督:リュック・ジャケ
原題:The Leopard Seal's Share
備考:ドキュメンタリー

あらすじ…南極のグレアムランド唯一のハンターであるヒョウアザラシは、海岸で戯れる幼いジェンツーペンギンを虎視眈々と狙っている。生態系の頂点に君臨する者の真の役割とは?(パッケージ裏の紹介文より引用)

 グロ注意。例えば序盤、ペンギンの生首が海中を落ちて行くシーンが登場します。又、これ以外にもヒョウアザラシがペンギンを時間をかけて食い殺したり、ヒョウアザラシが食い散らかしたペンギンの死骸なども登場。視聴の際はご注意を。
 それから邦題は「悪党の取り分」とあり、ヒョウアザラシを悪党と表現しています。原題の"The Leopard Seal's Share"を直訳すれば「ヒョウアザラシの取り分」となり、悪党の語は原題にはないものです。なるほど悪党っぽさはありますな。
 とはいえ「悪党」にも役割があって、映像を観るとヒョウアザラシが食い散らかした肉を鳥が食べたり、海底に沈んだペンギンの死骸を海中の他の生物が群がって食べたりと、南極の生態系の一部を支えている実態が浮かび上がります。
 そういった側面も見せてくれているドキュメンタリーだということは評価したい。

【アザラシ関連記事】
愛らしいアザラシの赤ちゃんが冒険を始める
アザラシさん
アザラシ2013
アザラシを編集したもの
エアビーアンドビーがパンデミック中にアザラシの赤ちゃんの病院に転向
ゼニガタアザラシの赤ちゃん「ブルー」に会おう
太平洋の楽園のレッドリスト ハワイのモンクアザラシ
チチュウカイモンクアザラシがイスラエルで初確認
飛び出すゴマフアザラシ・もなかちゃん!@のんほいパーク
なまいきチョルベンと水夫さん
眠そうなアザラシが岩の上でウトウト
眠たげなゾウアザラシが出勤しようとするタスマニアの女性を押しとどめる
ハイイロアザラシは(殆ど)人間のように歌を覚える
平和なアザラシの子育て
ベルクのゼニガタアザラシの昼寝
ミナミゾウアザラシとボク!
野生のアザラシが水中でハグ
リュック・ジャケの世界:ウェッデルアザラシの春
岡崎雅子『寝ても覚めてもアザラシ救助隊』実業之日本社
しろたんチーム『ようこそ しろたんの世界へ』株式会社学研プラス

« 十四烈士の碑(代々木公園) | トップページ | 徳川好敏之像(代々木公園) »

1990年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十四烈士の碑(代々木公園) | トップページ | 徳川好敏之像(代々木公園) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30