無料ブログはココログ

« シャガールの便箋 | トップページ | 『甦る人類以前の動物達 動く恐竜展 同時開催化石展』動刻 »

秋田縣黒川油田 大噴油實況(1914年、日本)

 この映画は、「フィルムは記録する」で観ました。
https://filmisadocument.jp/films/view/54

あらすじ…日本石油株式会社の内藤久寛社長一行が、秋田県の黒川油田を視察する。

 内藤久寛は「日本の石油王」と呼ばれた人物。
 それから、秋田県で石油が採掘できたとは寡聞にして知りませんでしたが、調べてみると黒川油田は大正2年(1913年)に開発された大油田だったとのこと。映像のタイトルに「大噴油」と書くだけのことはあるというわけですな。
 さて、映像を観ると、日本の鄙びた農村の風景の中に石油採掘施設があります。私はこの組み合わせを見慣れていないので違和感がありますが、そもそも今では日本じゃ石油を採掘していないですからね。もうこんな風景はない。

« シャガールの便箋 | トップページ | 『甦る人類以前の動物達 動く恐竜展 同時開催化石展』動刻 »

1910年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャガールの便箋 | トップページ | 『甦る人類以前の動物達 動く恐竜展 同時開催化石展』動刻 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31