無料ブログはココログ

« 『ビジネスマンの本 想像力と数百円 新潮文庫』新潮社 | トップページ | 『新潮社 新刊案内 2』新潮社 »

『岩波新書 フェア[戦後50年] この半世紀を検証し,展望をきりひらくために――』岩波書店

 巻末に「1994.12.」とあるので、1994年12月に発行されたものだとわかります。ちなみに戦後50年はその翌年の1995年。
 表紙を見ると焼け野原に国会議事堂という写真です。東京大空襲でやられた時のやつだな。国会議事堂が写っている写真をわざわざ持ってくるということは、このフェアの政治色が濃いということを示しているようです。
 さて、それではこのフェアにどんな本があるかというと…

大江健三郎『ヒロシマ・ノート』
和田春樹『歴史としての社会主義』
小室直樹『憲法第九条』

 この辺りはいかにも岩波書店らしさを感じます。

岩波新書 フェア[戦後50年] この半世紀を検証し,展望をきりひらくために――

【関連記事】
部屋から出てきた新刊案内など(目次)

« 『ビジネスマンの本 想像力と数百円 新潮文庫』新潮社 | トップページ | 『新潮社 新刊案内 2』新潮社 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ビジネスマンの本 想像力と数百円 新潮文庫』新潮社 | トップページ | 『新潮社 新刊案内 2』新潮社 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31