無料ブログはココログ

« 月笛日笛 第一篇 月下の若武者(1955年、日本) | トップページ | 令和5年4月23日執行 船橋市議会議員選挙公報(1)山本深雪 »

渡邊崋山滞留の地の碑(厚木市)

 神奈川県厚木市の天王町バス停近くにある、渡邊崋山滞留の地の碑を解読してみました。

渡邊崋山滞留の地の碑

【碑文】
(正面)
渡邊崋山滞留の地
   厚木市長 足立原茂徳書

(左面)
天保二年九月二十二日より二十四日に至る
 旅籠萬年屋古郡平兵衛の屋敷跡

(右面)
昭和六十年春厚木市制施行三十周年
        平塚信用金庫

(背面)
渡邊崋山由縁の地 厚木市

 渡辺崋山は画家で、彼の作品の中では鷹見泉石像が国宝となっています。
 それにしても、天保2年(1831年)9月22日~24日って、たったの3日いただけじゃないですか。それでわざわざこんな石碑を建てるとは驚きですわ。

« 月笛日笛 第一篇 月下の若武者(1955年、日本) | トップページ | 令和5年4月23日執行 船橋市議会議員選挙公報(1)山本深雪 »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月笛日笛 第一篇 月下の若武者(1955年、日本) | トップページ | 令和5年4月23日執行 船橋市議会議員選挙公報(1)山本深雪 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30