無料ブログはココログ

« 高尾天神社---東京都八王子市(2016年、日本) | トップページ | 水神社---東京都狛江市(2016年、日本) »

岡崎雅子『寝ても覚めてもアザラシ救助隊』実業之日本社

 アザラシが好きすぎる人のエッセイ。著者(岡崎雅子)はアザラシが好きすぎて、オホーツクとっかりセンターでアザラシの飼育員になってしまったという、筋金入りです。
 ちなみに本書の第1章では飼育員になるまでが描かれているのですが、その中で学生時代に水族館へ行って、「アザラシなら2時間だって3時間だって飽きずに見ていられる」(P025)と豪語。すごい、私なら30分が限界ですわ。
 ところで、動物園や水族館にいるアザラシというと、ゴマフアザラシが多いのですが、本書によるとゴマフアザラシは「とても飼育しやすいアザラシであ」(P160)り、「ケガに強く、環境の変化にも柔軟に対応」(P161)するとのこと。
 なるほど、だからあちこちの動物園や水族館にいるのか。

【参考文献】
岡崎雅子『寝ても覚めてもアザラシ救助隊』実業之日本社

【アザラシ関連記事】
愛らしいアザラシの赤ちゃんが冒険を始める
アザラシさん
アザラシ2013
アザラシを編集したもの
エアビーアンドビーがパンデミック中にアザラシの赤ちゃんの病院に転向
ゼニガタアザラシの赤ちゃん「ブルー」に会おう
太平洋の楽園のレッドリスト ハワイのモンクアザラシ
チチュウカイモンクアザラシがイスラエルで初確認
飛び出すゴマフアザラシ・もなかちゃん!@のんほいパーク
なまいきチョルベンと水夫さん
眠そうなアザラシが岩の上でウトウト
眠たげなゾウアザラシが出勤しようとするタスマニアの女性を押しとどめる
ハイイロアザラシは(殆ど)人間のように歌を覚える
平和なアザラシの子育て
ベルクのゼニガタアザラシの昼寝
ミナミゾウアザラシとボク!
野生のアザラシが水中でハグ
リュック・ジャケの世界:悪党の取り分―ヒョウアザラシの狩り
リュック・ジャケの世界:ウェッデルアザラシの春
しろたんチーム『ようこそ しろたんの世界へ』株式会社学研プラス

« 高尾天神社---東京都八王子市(2016年、日本) | トップページ | 水神社---東京都狛江市(2016年、日本) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高尾天神社---東京都八王子市(2016年、日本) | トップページ | 水神社---東京都狛江市(2016年、日本) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31