無料ブログはココログ

« リンカーン・プロジェクト:恐怖の下院(2022年、アメリカ) | トップページ | 怖い廃病院トップ10(2018年、カナダ) »

山号碑(常光寺)

 神奈川県藤沢市の常光寺の山号碑を解読してみました。

山号碑

【碑文】
(正面)
浄土宗八王山常光寺

(背面)
後嵯峨天皇寛元三年浄土宗三祖良忠上人創始
正親町天皇元亀三年光明寺廿七世西穏上人隠栖
扇谷阿弥陀堂如来ヲ迎エテ本尊トシ八王山常光
寺ト称ス創草以来七百年常ニ念佛道場タリ
    第廿五世  真誉廣信 誌

【現代語訳】
 後嵯峨天皇の時代、寛元3年(1245年)、浄土宗第3祖・良忠上人が(この寺を)創始する。
 正親町天皇の時代、元亀3年(1572年)、光明寺の第27代住職・西穏上人が(ここに)隠棲する。
 扇谷阿弥陀堂の如来(像)を迎えて(寺の)本尊とし、八王山常光寺と称する。(寺の)創建から700年、常に念仏道場であった。
    第25代住職・真誉廣信、記す。

 背面で寺の歴史を簡略に述べています。ただ、少々調べてみると、常光寺は西穏上人による創建とする説が一般的なようです。
 どちらが正しいのか、ここでは論じることはしません。しかし、山号碑という寺の看板にわざわざ書いてあることから、常光寺の公式見解は上記の如しである、と見ていいでしょう。
 ちなみに、寛元3年(1245年)は鎌倉時代で、前年の1244年に曹洞宗の永平寺が創建されています。又、元亀3年(1572年)は戦国時代で、この年に三方ヶ原の戦いが起こっています。

« リンカーン・プロジェクト:恐怖の下院(2022年、アメリカ) | トップページ | 怖い廃病院トップ10(2018年、カナダ) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リンカーン・プロジェクト:恐怖の下院(2022年、アメリカ) | トップページ | 怖い廃病院トップ10(2018年、カナダ) »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28