無料ブログはココログ

« 西明寺(2020年、イギリス) | トップページ | ピエロの怖い都市伝説トップ10(2018年、カナダ) »

司馬遼太郎「猿ヶ辻の血闘」

あらすじ…会津藩の密偵・大庭恭平は、一色鮎蔵と名を変えて浪士のふりをして、薩摩藩の田中新兵衛と親交を結ぶ。そんなある時、大庭は長州藩が操っている姉小路公知を暗殺することにし…。

 『幕末』収録作品の中で密偵(スパイ)が主人公として登場するのは、この「猿ヶ辻の血闘」くらいのものです。あとはせいぜい、「土佐の夜雨」で岩崎弥太郎が下横目として密偵行為を働いているくらいです。
 まあ、『幕末』は時代小説であってスパイ小説じゃないってことですかね。

【参考文献】
司馬遼太郎『幕末』文藝春秋(目次)

【関連記事】
猿ヶ辻の変の現場-姉小路公知襲撃地

« 西明寺(2020年、イギリス) | トップページ | ピエロの怖い都市伝説トップ10(2018年、カナダ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西明寺(2020年、イギリス) | トップページ | ピエロの怖い都市伝説トップ10(2018年、カナダ) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31