無料ブログはココログ

« 品川歴史探訪 大森貝塚とモース博士 ~日本考古学の出発点~(2016年、日本) | トップページ | 「小督曲」山田検校 作曲(2019年、日本) »

弁財天 童子像(江島神社)

 神奈川県藤沢市の江島神社にある、弁財天 童子像の碑文を解読してみました。

弁財天 童子像

【碑文】
(台座・向かって右)
奉献

(台座・向かって左)
御鎮座千四百五十年記念
   奉賛者一同

(向かって左)
奉賛世話人
 二見幸雄
 大田孝一
 阪本一央
 吉岡保
 堀之内伸一
 豊山勝治
 木原光浩

責任役員 宇田川英男
同    渡邊三郎
総代   岩本泰明
同    秋岡太門
同    井上平八郎
権宮司  岡田永庸
設計   (株)松本設計事務所
施工   (株)石の稲田社
監修   片岡華陽

(向かって右)
   弁財天 童子像建立之記
 平安時代中期に撰述せられた「江嶋縁起」は天地開闢のことより説き起し 東海道相模国江ノ島が天下の霊地たるを 記述せられている
 縁起に曰く 「(略)」とあり 弁財天が江ノ島に祀られることとなりしを伺い知ることが出来る
 折りしも当神社御鎮座千四百五十年を迎ヘ 記念事業としてこの縁起に基づき 弁財天顕現の一場面を 篤志者の御浄財を以て石像にて奉製いたし 弁財天の無量無辺不可思議の功徳を後の世永く称え奉るべく 祈念建立いたすものなり

   平成十四壬午歳十二月吉日
             江島神社 宮司 相原圀彦

 「弁財天 童子像建立之記」で省略した部分には『江嶋縁起』の引用が長々と書いてあります。長いので簡潔にまとめると、「欽明天皇13年(553年)に江の島が爆誕し、天女(弁財天)が天からその島に降臨した」ということです。
 つまりはこれ、江島神社の縁起を説明するオブジェということになります。

 尚、平成14年(2002年)12月は、韓国で盧武鉉が大統領に当選しています。

【関連記事】
江島縁起 ~五頭龍様と弁財天様~
弁財天像(母智丘神社)

« 品川歴史探訪 大森貝塚とモース博士 ~日本考古学の出発点~(2016年、日本) | トップページ | 「小督曲」山田検校 作曲(2019年、日本) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 品川歴史探訪 大森貝塚とモース博士 ~日本考古学の出発点~(2016年、日本) | トップページ | 「小督曲」山田検校 作曲(2019年、日本) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31