無料ブログはココログ

« 幕末散歩 イギリス公使館焼打事件 高杉晋作ゆかりの地(2022年、日本) | トップページ | 初代 君が代 (フェントン作曲) The first version of Japan's national anthem(2010年、日本) »

司馬遼太郎「最後の攘夷志士」

あらすじ…陸援隊の隊長代理となった田中顕助は、公卿の鷲尾隆聚を奉じて、紀州高野山で挙兵する。田中顕助は軍略家を欲し、国学者で天誅組の生き残りの三枝蓊(しげる)を迎え入れる。

 『幕末』において田中顕助は厚遇されているらしく、「花屋町の襲撃」、「土佐の夜雨」、「浪華城焼打」、そしてこの「最後の攘夷志士」に登場します。ちなみに時系列は以下の通り。

(1)土佐の夜雨
(2)浪華城焼打
(3)花屋町の襲撃
(4)最後の攘夷志士

 尚、タイトルは「最後の攘夷志士」ですが、田中顕助を指しているわけではありません。「最後の攘夷志士」とは即ち、イギリス公使パークスを暗殺しようとした三枝蓊であり、彼と行動を共にした朱雀操です。あるいは、後詰めの3人もそれに加えてもいいかもしれません。
 それにしても、たった二人で武装した一団の行列を襲うとは無謀すぎる。得意の軍略はどこ行った。

【参考文献】
司馬遼太郎『幕末』文藝春秋(目次)

« 幕末散歩 イギリス公使館焼打事件 高杉晋作ゆかりの地(2022年、日本) | トップページ | 初代 君が代 (フェントン作曲) The first version of Japan's national anthem(2010年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幕末散歩 イギリス公使館焼打事件 高杉晋作ゆかりの地(2022年、日本) | トップページ | 初代 君が代 (フェントン作曲) The first version of Japan's national anthem(2010年、日本) »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28