無料ブログはココログ

« 烏枢沙摩明王の碑(不動院東光寺) | トップページ | 山号碑(不動院東光寺) »

新黄金孔雀城 七人の騎士・第二部(1961年、日本)

監督:山下耕作
出演:里見浩太朗、山城新伍、山波新太郎、国一太郎、沢村訥升、河原崎長一郎
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…雲切玄蕃が突如、軍勢を率いて桃の木の国に攻め込む。太郎丸らも桃の木の国へと向かう。

 第一部の続き。前作の最後で繰り広げられた虎丸と渦彦の戦いは「水入り」によって早々に中断。舞台は桃の木の国へ移ります。
 なぜ舞台が移ったのかというと、桃の木城の城主・左馬頭が危篤に陥ったのを知った雲切玄蕃が急いで攻め込んだためなのですが、この左馬頭は特に何もすることもなく病死します。映像を観る限りでは左馬頭は老人で、娘が一人(菊姫)いるようです。
 だとしたら、左馬頭は前もって菊姫に優秀な婿を迎えて後継体制を固めておくべきだったはずですが、どうもそれを怠っていたようです。危機管理上、これはまずい。
 そんなわけで危機に陥った桃の木城ですが、家臣たちは一様に降伏を申し出る始末。弔い合戦をする気概もないんですかねえ。まあ、これくらいのピンチにならないと、よそ者である主人公たちの活躍の余地がないか。
 そんなこんなで完結篇へと続く。

« 烏枢沙摩明王の碑(不動院東光寺) | トップページ | 山号碑(不動院東光寺) »

1960年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 烏枢沙摩明王の碑(不動院東光寺) | トップページ | 山号碑(不動院東光寺) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30