無料ブログはココログ

« 新諸国物語 黄金孔雀城 第三部(1961年、日本) | トップページ | 夢の学校(2018年、アメリカ) »

多摩川決壊の碑(多摩川河川敷)

 東京都狛江市の多摩川河川敷にある、多摩川決壊の碑を解読してみました。

多摩川決壊の碑

【碑文】
(正面)
多摩川決壊の碑

(左斜め後ろ)
 昭和49年(1974)8月31日深夜から9月1日夕方にかけて、台風16号の影響をうけ、上流氷川(※1)を中心にした多量の降雨のため、多摩川の水位が上昇を続けました。この出水により、1日昼頃、二ヶ領宿川原堰左岸下流の取付部護岸が一部破壊されたのを発端に、激しい迂回流が生じたため高水敷(※2)が侵食され、懸命な水防活動もむなしく、午後10時過ぎには本堤防が決壊し、住宅地の洗掘(※3)が始まりました。迂回流はその後も衰えを見せず、本堤防260mを崩壊させたうえ、1日深夜から3日午後までの間、狛江市猪方地区の家屋19棟を流失させる被害をもたらしました。
 この「多摩川水害」は、首都圏の住宅地で発生し、3日間という長時間にわたった特異な災害であり、報道機関によってリアルタイムに全国に報じられ、多くの国民の注目を集めました。
 建設省は、災害直後から速やかに本堰周辺の復旧工事を進め、翌年には完了させるとともに、「多摩川災害調査技術委員会」を設置し、いち早くその原因の究明にあたりました。
 一方、被災住民は国家賠償法に基づき提訴し、河川管理の瑕疵について改めて指摘された水害ともなり、平成4年(1992)に判決が確定しました。
 平成10年(1998)、従来の堰より10m下流に、洪水を安全に流すとともに、豊かな水辺環境の保全と創造を目的として新しい堰が完成しました。
 ここに、水害の恐ろしさを後世に伝えるとともに、治水の重要性を銘記するものです。
 平成11年3月27日

                   建設省京浜工事事務所
                   狛江市

※1.奥多摩町に氷川渓谷あり。
※2.常に水が流れるところを低水式といい、それより一段高い敷地を高水敷という。
※3.せんくつ。流水により土砂が洗い流されること。

 この碑がある場所が河川敷という環境のせいか、銘板の劣化が著しく、読みにくくなっている文字がいくらか見受けられました。それから、右斜め後ろの銘板には何が書いてあるのか読めないぞと思ってよくよく見たら、洪水の写真でした。この写真もところどころ剥げかかっている部分がありました。
 それから碑文中では裁判が起こって判決が確定したとあるものの、判決内容までは書いていません。調べてみると住民側の勝利でした。ということは、裏返して言えば行政側の敗北であり、行政はそのことを書きたくなかったんじゃないかと邪推してしまいます。

« 新諸国物語 黄金孔雀城 第三部(1961年、日本) | トップページ | 夢の学校(2018年、アメリカ) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新諸国物語 黄金孔雀城 第三部(1961年、日本) | トップページ | 夢の学校(2018年、アメリカ) »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31