無料ブログはココログ

« 新諸国物語 紅孔雀 完結篇 廃墟の秘宝(1955年、日本) | トップページ | リンカーン・プロジェクト:ロジャー・ストーン(2022年アメリカ) »

常陸丸殉難記念碑(靖國神社)

 東京都千代田区の靖國神社にある、常陸丸殉難記念碑を解読してみました。

常陸丸殉難記念碑

【碑文】
(表)
常陸丸殉難記念碑
  元帥伯爵東郷平八郎書(花押)

(裏・上段)
常陸丸殉難記
明治三十七年皇師海ヲ超エテ露ヲ征ス近衛後備歩兵第一聯隊長須知中佐亦其第二大隊ヲ率ヰ第十師團糧食縦列(※1)ト倶ニ常陸丸ニ搭シ六月十四日宇品ヲ發シテ途ニ上リ翌十五日未明關門海峡ヲ出ツ會ゝ雲霧玄界ヲ蔽ヒ咫尺(※2)ヲ辨セス遠ク砲聲ヲ右舷ニ聞キ戒心ヲ加ヘテ航行シ午前十時頃沖ノ島附近ニ達スルヤ突如敵艦三隻現ハレ我ヲ掩撃ス我ニ應スヘキノ砲ナク一彈ヲ酬ユル能ハス死傷續出ス監督將校山村海軍中佐驀進シテ敵艦ヲ衝カントシ令未タ畢ラサルニ殪レ船長運轉士亦相踵テ死ス聯隊長復タ施スニ術ナキヲ察シ遙ニ皇城ヲ拝シ軍旗及要書ヲ火ニシ衆ト訣シテ從容死ニ就ク山縣少佐以下一千有餘ノ烈士萬斛(※3)ノ恨ヲ飲テ空シク海ニ没シ忠魂長ヘニ天ニ歸ス爾来三十年凛乎(※4)タル生氣猶人心ニ感孚(※5)ス因テ梗概(※6)ヲ勒シテ後世ニ傳フ
昭和九年十月     陸軍大將正三位勲一等功四級荒木貞夫撰

(裏・下段)
本碑ハ曽テ牛ヶ淵(※7)
在リ偶々大東亜戰爭
終結ニ際シ破却セラル
仍テ日露戰爭六十
周年ニ当リ此ノ處ニ
復興再建ス
 昭和四十年十一月十五日
 常陸丸殉難記念碑
    復興期成会

※1.食料運搬の輜重兵大隊。
※2.距離。
※3.非常に多くの量。
※4.りりしく勇ましいさま。
※5.心に深く感じる。
※6.あらまし。
※7.皇居の田安門から清水門を廻る堀。

【現代語訳】
(裏・上段)
常陸丸殉難記
 明治37年(1904年)、大日本帝国軍は海を越えてロシアを征伐した。近衛後備歩兵第一連隊長・須知中佐もまた、その第二大隊を率いて第十師団食料運搬輜重兵大隊と共に常陸丸に乗船し、6月14日に宇品を出港して翌15日未明に関門海峡を出た。たまたま雲霧が玄界灘を蔽い、距離感が掴めなかった。右舷の遠くから砲声が聞こえたので更に警戒しながら航行し、午前10時頃、沖ノ島付近に達すると、突如として敵艦3隻が現われ、こちらを攻撃してきた。こちらは応戦するような大砲もなく、一弾も射つことができず死傷者が続出した。監督将校・山村中佐が船を驀進させて敵艦に突っ込ませようとしたが、命令が終わらない内に死に、船長や運転士も相次いで死んだ。(須知)連隊長もまた、どうしようもないことを察し、遥かに皇居を拝礼し、軍旗と重要書類を燃やして、皆と共におとなしく死に臨んだ。山県少佐以下、千人余りの烈士が多大な恨みを飲んで空しく海に没し、忠義の魂はようやく天に帰った。以来30年、(彼らの)りりしくて勇ましい生気は、今もなお人の心に深く感じるところである。よって、あらましを(石碑に)刻んで後世に伝える。
昭和9年(1936年)10月
      陸軍大将正三位勲一等功四級・荒木貞夫・文を選ぶ。

(裏・下段)
 本石碑はかつて、(皇居の)牛ヶ淵にあった。ところが大東亜戦争終結に際し、撤去されてしまった。そこで日露戦争60周年の時にこの地(靖國神社)に復興・再建した。
 昭和40年(1965年)11月15日
 常陸丸殉難記念碑復興期成会

 日露戦争の常陸丸事件の記念碑。常陸丸事件とは、兵員を乗せた輸送艦がロシア軍艦に撃沈されたという事件で、この事件が日本に与えた衝撃の大きさが、石碑の大きさとして表わされているようです。
 とはいえ、そもそも戦争において敵の兵站を叩くというのはよくあることで、輸送艦なんて格好の標的です。だから護衛艦があるわけです。
 しかも日本は、日清戦争で似たようなことを逆にやっています。清国兵約1100名を輸送中だった艦船を撃沈したのです(高陞号事件)。ついでに言えば、この時に高陞号を沈めたのが東郷平八郎。そう、この碑の表側の揮毫をしたその人です。

【日露戦争関連記事】
日露戰爭記録
加々美鎌吉顕彰碑(下祖師谷神明社)
『現代文 トルストイの日露戦争論』国書刊行会
戦捷紀念碑(小平神明宮)
戰捷紀念碑(深大寺)
第一駆逐隊の碑(東郷神社)
忠魂碑(伊勢山皇大神宮)
忠魂碑(布多天神社)
日露戦役紀念の碑(氷川神社)
日露戰役紀念碑(金毘羅神社 八坂神社)
日露戦役紀念碑(泉龍寺)
日露戦役記念碑(田無神社)
日露戰勝紀念碑(小動神社)
明治三十七八年戰役紀念碑(飛鳥山公園)
明治卅七八年戦役紀念碑(布多天神社)

« 新諸国物語 紅孔雀 完結篇 廃墟の秘宝(1955年、日本) | トップページ | リンカーン・プロジェクト:ロジャー・ストーン(2022年アメリカ) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新諸国物語 紅孔雀 完結篇 廃墟の秘宝(1955年、日本) | トップページ | リンカーン・プロジェクト:ロジャー・ストーン(2022年アメリカ) »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31