無料ブログはココログ

« 【マイクラ】都市伝説「猿夢」短編ホラー(2016年、日本) | トップページ | ブラッディ・メアリーの夜更かし怪談(2021年、オーストラリア) »

尾崎秀樹『にっぽん裏返史』文藝春秋(3)柳生飛騨守の義歯

 下谷の広徳寺にある柳生飛騨守の墓から、木製の総入歯(義歯)が出てきたという。
 下谷というと台東区か。あのあたりは寺院が多いんだよなあ…と思いつつ調べてみると、当の広徳寺は東京都練馬区桜台6-20-19に移転していました。しかも、境内は参詣謝絶ということで、これは行けないなと判断。
 さて、話を柳生宗冬に話を戻すと、著者(尾崎秀樹)は義歯から宗冬忍者説を展開しています。しかもただの忍者説ではなく、「くノ一忍者説」(P231)です。つまり女装してたってこと!?

【参考文献】
尾崎秀樹『にっぽん裏返史』文藝春秋

【『にっぽん裏返史』目次】
「鼎談・歴史の見方と日本史の謎」
(1)北白川能久親王の死
(2)慶安事件の四日間
(3)柳生飛騨守の義歯
(4)義経の首

« 【マイクラ】都市伝説「猿夢」短編ホラー(2016年、日本) | トップページ | ブラッディ・メアリーの夜更かし怪談(2021年、オーストラリア) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【マイクラ】都市伝説「猿夢」短編ホラー(2016年、日本) | トップページ | ブラッディ・メアリーの夜更かし怪談(2021年、オーストラリア) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30