無料ブログはココログ

« 買って後悔?残念すぎる福袋あるある 7選【あつまれどうぶつの森】(2022年、日本) | トップページ | 【朗報】アメコミ福袋がキターーーーーーーーー!!!(2022年、日本) »

神社復興の記念碑(菅原神社)

 東京都世田谷区の菅原神社にある、神社復興の記念碑を解読してみました。

神社復興の記念碑

【碑文】
(向かって右)
   神社復興の記
當神社の御祭神は菅原道真公にして寛文五年
(二三二五年)石井兵助大人の願望により奉齋せ
せられてより松原の里全域と赤堤一部の氏神
として尊崇と信仰を集め天満宮と称せしも後
菅原神社と改称せられ今日に至る
昭和三十八年一月故 安藤初五郎氏の提唱に
より 辨天池の社地を地元出身區議会議員諸
氏の斡旋を得て兒童遊園地として世田谷區に
提供その資によつて神社の復興計画を立案し
氏子總代宮世話人一同の和衷協力のもとに先
づ社務所の建設嚴島神社の移轉構築工事を起
し 翌三十九年六月完成 引續き社殿新築工
事に着手一年有余にして落成四十年十月十六
日遷宮祭を齋行神靈は新社殿に鎮りましぬ
次いで神樂殿新築工事を起し四十一年九月
落成併せて境内の整備を完了 御鎮座三百年
祭にあたり復興計画の完成を看た次第である
この三ヶ年に渉る画期的大事業を完遂し得た
るは偏に神徳の御加護と御恩澤によると共に
神社役員一同の盡瘁氏子有志の浄財の寄進に
よるものにして茲に悠久に傳承すべき記念碑
を建立しその所以を誌するものである
 昭和四十一年九月(二六二六年)
        氏子中
         宮司茅野志郎謹誌

(向かって左)
復興資金協賛
神社役員
井上新三郎
大庭伊三郎
池田錦造
吉崎庄二郎
上保徳太郎
安藤栄次郎
太田新吉
鈴木金七
美山新太郎
鈴木英太郎
芹川銀治
安藤貫一
上保賢蔵
上保幸作
上保銀之助
上保淺吉
大庭文吉
(※以下、氏名多数につき、これを省略)

 碑文中の「二三二五年」と「二六二六年」は、西暦ではなく皇紀です。皇紀とは神武天皇の即位を元年とする年号で、先に挙げた年号を西暦に換算すると、1665年と1966年になります。
 尚、皇紀の表記は戦後に作られた碑文では殆ど見かけないのですが、それでも少数ながら見かけます(例:伊豆美神社の「澄心の碑」)。これもそんな少数の事例と言えます。
 それから、「神社復興の記」を下にわかりやすくまとめてみました。尚、元号の後のカッコ内の年号はわかりやすくするため西暦で表記。碑文のように皇紀で読みたいという方がいらっしゃったら、ご自分で西暦に660を足しておいて下さい。

寛文5年(1665年)、菅原道真を奉斎。
(年代不明) 天満宮から菅原神社へ改称。
昭和38年(1963年)1月、弁天池の社地を世田谷区に提供。
 神社の復興計画立案。社務所の建設、厳島神社の移転構築工事開始。
昭和39年(1964年)6月、上記の工事完成。社殿新築工事に着手。
昭和40年(1965年)、社殿落成。10月16日、遷宮祭。
 神楽殿新築工事開始。
昭和41年(1966年)9月、神楽殿落成、境内整備完了。
 この碑を建てる。

« 買って後悔?残念すぎる福袋あるある 7選【あつまれどうぶつの森】(2022年、日本) | トップページ | 【朗報】アメコミ福袋がキターーーーーーーーー!!!(2022年、日本) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買って後悔?残念すぎる福袋あるある 7選【あつまれどうぶつの森】(2022年、日本) | トップページ | 【朗報】アメコミ福袋がキターーーーーーーーー!!!(2022年、日本) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31