無料ブログはココログ

« ハロウィン:ハドンフィールドの死神(2018年、アメリカ) | トップページ | 13日の金曜日の悪夢(2020年、アメリカ) »

蝶三子句碑(泉龍寺)

 東京都狛江市の泉龍寺にある、蝶三子句碑を解読してみました。

蝶三子句碑

【碑文】
(表)
むさし野の
 いづみの里乃
    栗の花
     蝶三子

(裏)
     句碑に寄せて
 蝶三子(青戸公義)は鳥取県に生る 少年
時代より詩情豊かで俳句を生涯の趣味とする
昭和十五年六月鹿島守之助社長を深く尊敬し
鹿島建設株式会社に入社以来五十三年三月迄
三十八年間建築部勤務 この句は昭和二十一
年五月に中支戦線から復員と共に代々木の進
駐軍宿舎建設に従事し厳しい敗戦下にも変ら
ぬ郷土の平和な自然を詩つたもので 晩年迄
多摩川に沿つた狛江を愛しここに静かに眠る
 昭和五十九年七月二十三日  妻 タマ

 栗の花は仲夏(夏のなかば)の季語。又、狛江市には和泉本町、元和泉、中和泉など和泉の名を持つ地名が残っています。
 さて、碑文の俳句は助詞「の」を多用しています。というより、助詞は「の」しか使っておらず、他は全て名詞です。形容詞や動詞は見当たりません。
 「の」を多用することで韻律を作ろうとしたのでしょうかねえ。

【令和3年11月18日追記】
 泉龍寺の近くにある狛江市立中央図書館には、蝶三子の著書『句分集 堤下抄』(鹿島出版会)が収蔵されています。本書巻末の著者近影を見ると、そこには和服姿の眼鏡をかけた老人が立っていました。

【参考文献】
青戸蝶三子『句分集 堤下抄』鹿島出版会

« ハロウィン:ハドンフィールドの死神(2018年、アメリカ) | トップページ | 13日の金曜日の悪夢(2020年、アメリカ) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハロウィン:ハドンフィールドの死神(2018年、アメリカ) | トップページ | 13日の金曜日の悪夢(2020年、アメリカ) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31