無料ブログはココログ

« 本当にいい人(2012年、アメリカ) | トップページ | 森鴎外「牛鍋」(2020年、日本) »

烏森神社縁起の碑(烏森神社)

 東京都港区の烏森神社にある、烏森神社縁起の碑を解読してみました。

烏森神社縁起の碑

【碑文】
   烏森神社縁起
 御祭神 倉稲魂命 天鈿女命 瓊々杵尊
平安時代天慶三年(約一千年前)に平将門が
東國で叛乱を起こしたとき 征討将軍 藤原
秀郷が当社に戦勝を祈願したとき このとき
勧請したとも伝えられている 室町時代の
享徳四年(約五百年前)には室町幕府の関東
管領で古河公方と云われた足利成氏は 当社
に 戦勝を祈願した その祈願状は今日も
当社に宝物として伝えられている
 江戸時代は稲荷信仰により祭礼も二月初午
の日に執行せられ 稲荷祭としてその賑わい
は 江戸で一二を争うものであつた
 明治以降は五月四五六日を祭日とし 夏祭
のはしりとしてその名をうたわれている
 当社殿は 伸びゆく新橋の地にふさわしい
近代建築美の中に 神社本来の伝統を加味し
昭和四十六年十二月 氏子の熱により竣工
をみたものである

 昭和四十六年十二月 宮司 山田将夫

 碑文に登場する足利成氏(しげうじ)は第5代鎌倉公方で、古河に移ったために古河公方となりました。しかし関東管領には上杉氏がいたはずだが…と思って調べてみると、鎌倉公方は元は関東管領といったというから、この記述はあながち間違いではないということか。ややこしい!
 それから、享徳4年(1455年)は享徳の乱の真っ最中で、この乱で足利成氏は山内上杉氏・扇谷上杉氏と熾烈な争いを繰り広げていました。つまり戦勝祈願とは、享徳の乱の勝利を祈願したわけですな。

« 本当にいい人(2012年、アメリカ) | トップページ | 森鴎外「牛鍋」(2020年、日本) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当にいい人(2012年、アメリカ) | トップページ | 森鴎外「牛鍋」(2020年、日本) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31