無料ブログはココログ

« 誘霊(2021年、日本) | トップページ | ハロウィン:不滅のもの(2021年、アメリカ) »

社殿復興之銘の碑(喜多見氷川神社)

 東京都世田谷区の喜多見氷川神社にある、社殿復興之銘の碑を解読してみました。

社殿復興之銘の碑

【碑文】
(表)
社殿復興之銘
昭和六十三年一月被災消失す 恐懼の極みなり
崇敬者至誠奉賛をもって平成二年四月遷座祭を
斎行す 社殿 五十六・七坪 造営費 三億余円

奉賛者名簿
 金五百万円
  住野直春
 金三百五拾万円
  石井恒良
  野澤紀允
 金三百万円
  早川栄二
  吉野欽次
 金二百万円
  森市郎
  小澤丈太郎
  田中耕ニ
  箕輪安治
  佐久間武
 金百五拾万円
  新井孝治
(※中略)
 真榊一対
  早川栄二
 檜
  成城ロータリー
 白梅一本
  加藤有五

(裏)
(※氏名多数につき、これを省略)
設計
 新川 建築設計
施工
 有井建設

 喜多見氷川神社の公式サイトによると、「昭和六十三年不慮の災いをうけ社殿焼失、平成二年に現社殿を再建す。」とあります。昭和63年(1988年)はソウル五輪が開催された年で、平成2年(1990年)は東西ドイツが統一した年です。

« 誘霊(2021年、日本) | トップページ | ハロウィン:不滅のもの(2021年、アメリカ) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誘霊(2021年、日本) | トップページ | ハロウィン:不滅のもの(2021年、アメリカ) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31