無料ブログはココログ

« 敷石並社前石段改築寄進連名の碑(北澤八幡神社) | トップページ | 『日比谷線開業60周年記念スタンプラリー』東京メトロ »

小泉八雲「衝立の乙女」

あらすじ…篤敬という若い書生が、衝立に描かれた乙女に恋をし、とうとう病気になってしまった。老学者が相談に乗り、彼にアドバイスをする。

 二次元の女性に恋をする話は、江戸川乱歩の「押絵と旅する男」も然り。もっとも、話としては「衝立の乙女」の方が古い。
 それはさておき、老学者のアドバイスの中に、「百軒のちがう酒屋で買った酒を一杯、女に差し出す」(P21)というものがありました。おそらくは酒屋を100軒巡って酒を少量ずつ買い求め、それを混ぜ合わせたものを一杯、差し出すのでしょう。しかしこれは何の意味が?
 そこでハタと思い至ったのが、お百度参りです。寺社に百度お参りすることで神仏に願いをかなえてもらうという呪的行為で、百軒の酒屋巡りもこれに類するものではないでしょうか。

【参考文献】
上田和夫訳『小泉八雲集』新潮社(目次)

« 敷石並社前石段改築寄進連名の碑(北澤八幡神社) | トップページ | 『日比谷線開業60周年記念スタンプラリー』東京メトロ »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敷石並社前石段改築寄進連名の碑(北澤八幡神社) | トップページ | 『日比谷線開業60周年記念スタンプラリー』東京メトロ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29