無料ブログはココログ

« 本堂前敷石・表門内コンクリート供養塔(宝塔山多聞寺) | トップページ | 本堂建立落慶記念の碑(宝塔山多聞寺) »

スタインベック「朝食」

あらすじ…季節労働者の一家と朝食を共にする。

 どんな朝食かというと、パンとベーコンとコーヒー。キャンプでの食事であり、季節労働者の一家が提供するものだから、凝ったものが出るはずもない。
 しかし、「こいつは、すばらしくうまいや」(P97)、「おれたちはこれで十二日間うまいものを食っている」(P97)というセリフがあり、読者はこの朝食はうまそうだぞと感じてしまうかもしれません。早朝のキャンプ飯であることも併せて考えてみるといいでしょう。

【参考文献】
大久保康雄訳『スタインベック短篇集』新潮社(目次)
朝食(2019年)

« 本堂前敷石・表門内コンクリート供養塔(宝塔山多聞寺) | トップページ | 本堂建立落慶記念の碑(宝塔山多聞寺) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本堂前敷石・表門内コンクリート供養塔(宝塔山多聞寺) | トップページ | 本堂建立落慶記念の碑(宝塔山多聞寺) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30