無料ブログはココログ

« スタインベック「蛇」 | トップページ | スタインベック「朝食」 »

本堂前敷石・表門内コンクリート供養塔(宝塔山多聞寺)

 東京都東久留米市の宝塔山多聞寺にある、本堂前敷石・表門内コンクリート供養塔を解読してみました。

(写真なし)

【碑文】
現住 櫻井淨憲代
本堂前敷石/表門内コンクリート 供養塔
昭和二年十月日 納主 篠宮五郎左衛門

 篠宮五郎左衛門の「左」の「エ」の部分が元の碑文では「ヒ」になっていますが、この字は調べてみると「左」の俗字でした(ソースは旺文社の漢和辞典)。ですので、ここでは「左」と表記することにしました。
 さて、この供養塔についてですが、そもそも敷石の供養塔ならば、私は以前にも「敷石供養塔(高井戸不動尊)」などを読んでいたので、「ここにもあるのか」程度に思ったのですが、コンクリートまで書いてあるのはちょっと意外に感じました。
 尚、昭和2年(1927年)は、金融恐慌が起こっています。

« スタインベック「蛇」 | トップページ | スタインベック「朝食」 »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタインベック「蛇」 | トップページ | スタインベック「朝食」 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31