無料ブログはココログ

« 心霊スポットでひとりかくれんぼ(2016年、アメリカ) | トップページ | 【心霊】ひとりかくれんぼしようとしたら緊急事態に...(2016年、日本) »

柴田錬三郎「竹中半兵衛」

あらすじ…大坂冬の陣の直後、豊臣秀頼の子・国松を預かっていた塙団右衛門が、真田幸村のところへ駆け込む。国松が何者かに誘拐されたという。真田幸村は推理を巡らせる。

 序盤で真田幸村が探偵役を務めています。歴史上の人物に探偵をさせるという作品はあることはあるので、それ自体はいい。でも幸村ってそういうキャラだったかなあ。
 それはさておき、根本的な疑問を一つ。この時点で竹中半兵衛はとっくの昔に死んでるぞ。
 と思ったら、中盤で老人となった竹中半兵衛が登場。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、こちらの作品では実は死んでおらず、しかも大坂の役まで長生きしていた、という設定になっています。
 まあ、明智光秀が実は生きていて天海になった、なんてハナシもあるくらいですからね。こういうハナシがあってもいいかもしれません。

【参考文献】
司馬遼太郎・松本清張ほか『軍師の死にざま』実業之日本社

« 心霊スポットでひとりかくれんぼ(2016年、アメリカ) | トップページ | 【心霊】ひとりかくれんぼしようとしたら緊急事態に...(2016年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心霊スポットでひとりかくれんぼ(2016年、アメリカ) | トップページ | 【心霊】ひとりかくれんぼしようとしたら緊急事態に...(2016年、日本) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30