無料ブログはココログ

« 『西武鉄道 かわら版 vol.339 11 2020』西武鉄道 | トップページ | リリス(2014年、オランダ) »

ジャスティス・リーグ コルベア編集版(2021年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/fnkgeODv4F8

出演:スティーブン・コルベア
原題:Justice League: The Colbert Cut
備考:コメディ

あらすじ…スティーブン・コルベアが、映画「ジャスティス・リーグ」の1シーンを編集してみたよ!

 レックス・ルーサーとデスストロークの会話シーンを「編集」しています。尚、そこでレックス・ルーサーを演じているのはコルベア本人です。
 3:31~の当該部分を訳してみました。

【拙訳】
レックス・ルーサー「おやおやおや…。デッドプールじゃないな」
デスストローク「デスストロークだ」
レックス・ルーサー「ああ、そうだ、すまない、デスストローク。君デッドプールによく似てるからさ」
デスストローク「無駄口はよせ」
レックス・ルーサー「どっちも赤と黒の衣装で剣と銃を持ってるしさ、マジで見分けがつかないんだよね。ああ、眼帯してるのね! OK、わかりやすい。海賊デッドプールって呼ぶよ。かぶり直していいよ。ところで、全て革の服ってかっこいいね。どのくらいの頻度で洗っているの?」
デスストローク「何?」
レックス・ルーサー「別に。史上最高のものを持ってる?」
デスストローク「閑じゃない」
レックス・ルーサー「マジ? だってこれ、君が出ている唯一のシーンだろ。君は誰と戦ってたんだっけ? スーパーマン?」
デスストローク「バットマンだ」
レックス・ルーサー「ファクトチェックするよ、ホームズ。バットマン最大の敵がジョーカーであることはかなり確実だ」
デスストローク「実際、コミックでは俺はロビンと戦う」
レックス・ルーサー「ガキと?」
デスストローク「彼は十代だ。俺は彼と他のティーン・タイタンズと戦う」
レックス・ルーサー「待て。君がやることは十代の若者のチームと戦うことか? どこでやるんだ? モール?」
デスストローク「黙れルーサー」
レックス・ルーサー「どこに秘密の服があるんだ? フードコート? オレンジ・ジュリアス? フォエバー21? カリフォルニア・ピザ・キッチン? 当たるまで言うぞ」
デスストローク「要点を言え」
レックス・ルーサー「要点? ああ、そうだ! スーパーヴィランのチームを始めようと思っていて、君に参加してほしいんだ」
デスストローク「OK」
レックス・ルーサー「明確にしておくと、我々は大人と戦うんだ」
デスストローク「俺はガキと戦うだけじゃない」
レックス・ルーサー「もちろん、私は完全に君を信じているよ。飲み物はどう?」
デスストローク「いいや」
レックス・ルーサー「狂ったストローがある」
デスストローク「貴様の計画を教えろ、ルーサー。おい…。あのな…。こっち向け、ルーサー!」
レックス・ルーサー「おい、ひどいぞ、デッドショット!」
デスストローク「デスストロークだ」
レックス・ルーサー「それからデッドショットって誰だ?」
デスストローク「そいつは『スーサイド・スクワッド』でウィル・スミスが演じたキャラクターだ」
レックス・ルーサー「だけど、デッドショットって書いてあるこの写真持ってるんだよね」
デスストローク「俺じゃない。デッドショットだ」
レックス・ルーサー「その通り、デッドショットだ。君と彼の2人ともこいつ、デッドプールとは違うんだな?」
デスストローク「そうだ」
レックス・ルーサー「君たちの名前はデッドプール、デッドショット、デスストローク。これらは文字通り同じ名前だ。違いを教えてくれよ。ああそうか、こいつらはガキとは戦わないのか」
デスストローク「おいこら! 難しくないだろ! デッドプールはDCじゃなくてマーべルだ」
レックス・ルーサー「マーベルね、ソニーのマーベル」
デスストローク「デッドプールは21世紀フォックスで、ソニーはスパイダーマンだ」
(中略)
4時間後
レックス・ルーサー「技術的にベイビー・ヨーダがアベンジャーズにいるわけだ」
デスストローク「ワーオ、複雑」
レックス・ルーサー「そういえば、もし君がドゥーム軍団に入るなら、書類にきっちり記入しないといけない」
デスストローク「何? そんなことしたくない」
レックス・ルーサー「すまない、そういう決まりなんだ。だけどグッズ販売をするとなると巨額の金が動くんだ」
デスストローク「マジでそう思っているのか?」
レックス・ルーサー「ああ、君にはたくさんのファンがいるはずだ。だろ? ところで、君のファンは何て言うの? ストロークヘッド?」
デスストローク「いいや」
レックス・ルーサー「ストローカー?」
デスストローク「黙れ」
レックス・ルーサー「ストロークハード?」
デスストローク「黙れと言ったんだ!」
レックス・ルーサー「ストローク国の市民?」
デスストローク「もういい、帰る!」
レックス・ルーサー「どうしたんだよ! 交渉できないの!? …おい、デッドプール。カバンを忘れてるぞ! なんでチクタク言ってるんだ? OKだ!」

 (中略)とした部分には、映画シリーズの説明が語られています。正直言ってこの部分は煩瑣なので省略させていただきました。
 それにしても4時間も付き合うデスストロークは凄いな。

【関連記事】
バットマン(目次)

« 『西武鉄道 かわら版 vol.339 11 2020』西武鉄道 | トップページ | リリス(2014年、オランダ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『西武鉄道 かわら版 vol.339 11 2020』西武鉄道 | トップページ | リリス(2014年、オランダ) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30