無料ブログはココログ

« RVAT終了のお知らせ(2020年、アメリカ) | トップページ | 「お酒と能」狛江の籠屋・秋元酒店にお邪魔してきました!(2020年、日本) »

スカラムチのホワイトハウス最初の粗暴な一週間(2017年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/7BgabMU3v3Q

出演:アンソニー・スカラムチ
原題:Scaramucci's wild first week in White House
製作:CNN

あらすじ…2017年、アンソニー・スカラムチがホワイトハウス広報部長に就任した。

 尚、スカラムチはこの後すぐにクビになりましたとさ。めでたしめでたし。
 それでは拙訳をどうぞ。

【拙訳】
スカラムチの就任最初の一週間

スカラムチ「簡単に説明します。私は自分の発言をするつもりです」

彼はトランプ大統領を称揚することでスタートした。

スカラムチ「私は大統領を愛している」
スカラムチ「私は大統領を愛している」
スカラムチ「私は大統領を愛している」

選挙期間中、彼はトランプを「もう一人の下っ端政治家」と呼んだ。

スカラムチ「あれは下っ端政治家だ」
「ドナルド・トランプを『下っ端』と呼ぶんですか?」
スカラムチ「彼は下っ端政治家だ」

今週、彼は謝罪した。

スカラムチ「彼についてあんなこと決して言うべきじゃなかった。だから大統領、もし聴いているのでしたら、私は個人的にそのことについて50回謝罪します」

クリス・クオモ「これはどうですか?」
スカラムチ「我々は…我々はたくさん勝つつもりです。クリス、勝利に飽きるでしょう」

スカラムチは潜在的に恥ずかしい自分の投稿を削除し始めた。

「完全な透明性:私は古いツイートを削除している。過去の見解は進化し、気を散らすものであるべきではない。私は大統領の計画に尽力する。それが全ての問題だ。 2017年7月22日午後12:15」

スカラムチは匿名の情報源を主張した。それからそれはトランプだったと明らかにした。

スカラムチ「ある人が昨日私に言ったんです。誰のことかは言いませんが、もしロシア人が実際にこの状況をハッキングし電子メールを漏洩したなら、それを見ることはなかっただろう、とね」
ジェイク・タッパー「匿名の人物が誰か知りませんが、その人は、もしロシア人が実際にそれをやったら、見つけられなかっただろうと言っています。しかしそれは…」
スカラムチ「ですが…」
ジェイク・タッパー「満場一致で…それは詐欺…」
スカラムチ「(情報源が)大統領だったらどうですか?」

スカラムチとプリーバス(首席補佐官)は緊張関係を長期間持っている。

スカラムチ「あー、ラインス(・プリ―バス)と私は6年間個人的な友人です。ちょっとした兄弟みたいなものです」
スカラムチ「君たちは、私がラインスとこれから親密になるという関係についてとても、とても驚くだろう」

水曜日、彼はショーン・ハニティ、フォックスの元重役ビル・シャイン、トランプ大統領と夕食を共にした。

スカラムチ「(夕食を)リークしたのが誰かについて、私はとても、とてもいい考えを持っている。上級のリーク者がホワイトハウスにいる。イタリア式の表現を知っているだろうが、魚は頭から腐る。だけど腐っていない2匹の魚を言うことはできる、OK? 私と大統領だ。」
スカラムチ「ラインスが自分はリークしていないと説明したいなら、そうさせておけ」

アンダーソン・クーパー「スカラムチがあなたに何と言ったのか一部を読んでみたい。『ラインスは×××パラノイド統合失調症、パラノイアだ』スカラムチは言った。彼はプリ―バスの口真似をした。『おー、ビル・シャインが入ってくる。俺に×××モノを××××させてくれ。もしこいつらを×××××させることができたら、スカラムチを6か月間×××××してやるよ』」
スカラムチ「首席補佐官について話したいなら、勝ち目はあった。違いはあった。演壇では我々は兄弟だったと言った時、なぜなら…我々はお互いに乱暴になる…カインとアベルみたいな兄弟だ。他の兄弟だってお互いに戦うことがあるし長引くこともある。修復可能かどうかなんて知らない。大統領に報告されるだろうよ」

木曜日、プリ―バスは辞任した。トランプはジョン・ケリーを首席補佐官に任命した。

ドナルド・トランプ「ラインス・プリ―バスに、彼の仕事と国への献身に感謝したい。我々は共に多くを達成したし、彼を誇りに思う! 2017年7月28日午後4:00」

 なぜ彼がクビになったのか、おわかりいただけると思う。
 尚、伏字が多くてわかりにくいところがあるかもしれません。…わからなくていいです。

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

« RVAT終了のお知らせ(2020年、アメリカ) | トップページ | 「お酒と能」狛江の籠屋・秋元酒店にお邪魔してきました!(2020年、日本) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RVAT終了のお知らせ(2020年、アメリカ) | トップページ | 「お酒と能」狛江の籠屋・秋元酒店にお邪魔してきました!(2020年、日本) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30