無料ブログはココログ

« 『行こうよ、八王子』公益社団法人 八王子観光コンベンション協会 | トップページ | 成子冨士淺間神社竣成記念碑(成子天神社) »

トランプは、新型コロナウイルスは「誰にも影響しない」と主張(2020年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/H2MIp5szJdw

出演:ドナルド・トランプ
原題:Trump Claims COVID Affects 'Virtually Nobody' | NowThis

あらすじ…トランプは、新型コロナウイルス(COVID-19)は「誰にも影響しない」と主張。

 そういえばアメリカでの新型コロナの死者が20万人を突破したんでしたっけ。いやはや、大変なことだ。さて、そんな中、トランプが何を言ってきたのかをご覧下さい。

【拙訳】
トランプはCOVID-19は「誰にも影響しない」と主張。
2020年9月21日
トランプ「年寄りには影響する、心臓や他の部分に問題のある年寄りには。彼らが他の問題を持っていたら、それが本当に影響するんだ。そういうことだ。ほら、いくつかの州では、数千人が―誰も若者じゃない。18歳未満、みたいなのは誰もいない。彼らは強い免疫システムがあるからな。だろ? 見ろよ、若者には脱帽だ。なぜなら彼らは免疫システムの地獄を持っているからな。だがそれは誰にも影響しない。それってすごいことだろ」

次の日、合衆国の死者は20万人を超えました。

合衆国におけるCOVID-19の死者は911テロの攻撃を67日間毎日受けたのに等しい。ソルトレークシティもしくはアラバマ州ハンツヴィルの人口におおよそ等しい。(アソシエイテッド・プレス、2020年9月22日)

数ヶ月の間、合衆国は世界で最も大きい死者数を数えた。

トランプ「我々は素晴らしい仕事をしている任期を締めくくろうとしている。我々は驚異的な仕事をしている。その功績は認められていないが、それについてちょっと話そう」

トランプ「それはいなくなるだろう。落ち着くんだ。それはいなくなるだろう」

トランプがコロナウイルスを軽く見せかけている4分間をご覧下さい。

2020年2月10日(合衆国の感染者:12人)
トランプ「多くの人たちが、暖気と共に4月にはなくなると思っている。暖気が来たときにね。一般的に、4月にはなくなるだろう。我々は素晴らしい状態だが」

2020年2月26日(合衆国の感染者:60人)
トランプ「インフルエンザのように扱うことだ」

2020年2月27日(合衆国の感染者:60人)
トランプ「15人(※)、何十億人といる内の15人だ。彼らは回復しているし、間もなくみんなよくなる」
トランプ「それは消え去るだろう。ある日奇跡みたいに消えてなくなる。消えてなくなるだろうよ」

※字幕では15人となっているが、別のソースでは50人となっている。改めて聞き直してみると、15人と言っているように聞こえる。

2020年2月28日(合衆国の感染者:63人)
トランプ「今、民主党はコロナウイルスを政治問題化している。知ってるだろ? コロナウイルスだ」
トランプ「そしてこれが奴らの新しいでっち上げだ」

2020年2月29日(合衆国の感染者:68人)
トランプ「だから、健康な人たち、健康ならばおそらく過程をたどって回復するだろう」

2020年3月2日(合衆国の感染者:100人)
トランプ「(職員に訊ねて)固形のインフルエンザワクチンを服用したら、それがコロナに影響を与えるとは思わないか?」
職員「ノー。多分ありません」

2020年3月2日(合衆国の感染者:100人)
記者「大統領、このような公衆の健康の危機の中、選挙キャンペーンを開催することは安全もしくは適切ですか?」
トランプ「とても安全だと思うよ。ああ、とても安全だと思うよ」

2020年3月3日(合衆国の感染者:124人)
トランプ「見ての通り物事はとてもうまく行っている」
記者「コロナウイルスが国中に拡散することは不可避だと信じていますか?」
トランプ「いや、私は全く不可避だとは思っていない」

2020年3月4日(合衆国の感染者:158人)
ショーン・ハニティ「こちらにニュースがあります。(新型コロナウイルスの)世界的な死亡率は3.4%です」
トランプ「3.4%は本当に間違った数字だと思うよ。これは私の予感だけど…」
トランプ「個人的には、その数字は1%未満だろうと言いたい」

2020年3月4日(合衆国の感染者:158人)
トランプ「この時点で、我々はとてもうまくやっていると思うよ」

2020年3月5日(合衆国の感染者:221人)
トランプ「すべてうまく行くよ。みんな落ち着かなければ。すべてうまく行くよ」

トランプ「終わるだろうよ。みんな落ち着いたままでいなければ」

2020年3月10日(合衆国の感染者:994人)
トランプ「落ち着け。本当にうまく行くよ。そして多くのいい事が起こっている」

2020年3月11日(合衆国の感染者:1301人)
記者「あなたがこれを充分に真剣に取り組まず、あなたの声明のいくつかは医療の専門家が言っていることと一致していないと心配しているアメリカ人に何と言うのですか?」
トランプ「それはCNN。フェイクニュースだ」

2020年3月11日(合衆国の感染者:1301人)
トランプ「これはほんの一時的なものだ」

2020年3月12日(合衆国の感染者:1631人)
トランプ「我々は素晴らしい状態だ。他の場所に較べたら、我々は素晴らしい状態だ」

2020年3月13日(合衆国の感染者:2185人)
トランプ「(我々は)1カ月以内に500万件(の検査をする)―それくらい必要なのか疑問だがね」

2020年3月14日(合衆国の感染者:2774人)
トランプ「この時点で、50人が死んだ。これは―多くのいい判断がなされたからだ。さもなければ死者数は何倍にもなっていただろう」

2020年3月15日(合衆国の感染者:3622人)
トランプ「だがそれは我々がものすごく制御しているものなんだ」
記者「それでは1から10までの段階で、あなたはこの危機を何段目に位置付けるのですか?」
トランプ「10だね。我々はすごい仕事をしたと思うよ」

2020年3月18日(合衆国の感染者:9333人)
トランプ「だが我々は見えない敵を打ち破るだろう。我々が思っているより早くそれをやるだろうし、完璧な勝利になるだろうと思うよ。完全な勝利になるだろう」

2020年3月19日(合衆国の感染者:13935人)
トランプ「人々はよくなっているからな。つまり、多くの人たちはよくなっているんだ。はるかに多くの人たちがよくなっている」

2020年3月20日(合衆国の感染者:19608人)
記者「あなたの物事に肯定的なスピンをかける衝動が、アメリカ人に誤った希望を抱かせてしまうんじゃないのですか?」
トランプ「いいや、そうは思わないね」

2020年3月21日(合衆国の感染者:24498人)
トランプ「多くの医者―私はたくさん読んでいるが、多くの医者―彼らは我々がやったすごい仕事を信じられないでいる」

2020年3月22日(合衆国の感染者:33948人)
トランプ「(防衛生産法を完全に活用していない方が)はるかにマシだ。本当にはるかにマシだ」

2020年3月23日(合衆国の感染者:44325人)
トランプ「アメリカは間もなく、ビジネスを再開させるだろう。とても素早くね」

2020年3月24日(合衆国の感染者:55579人)
トランプ「見えない敵との歴史的な戦いの終わりが近付くにつれて…」

2020年3月25日(合衆国の感染者:69136人)
トランプ「私は(全員に検査を勧告するのは)馬鹿げたことだと思うよ。それをやる必要はない。多くの州が直ちに元通りになることができるだろうし、おそらくそうするだろう」

2020年4月28日(合衆国の感染者:1040510人)
トランプ「これはいなくなるだろう」

2020年4月29日(合衆国の感染者:1089105人)
記者「ワクチンなしで、どうしてそのウイルスがいなくなると思うのですか?」
トランプ「なくなるよ。なくなる。なくなるんだ。根絶されるだろう」

2020年5月5日(合衆国の感染者:1243241人)
トランプ「ワクチンがあろうとなかろうと、過ぎ去るだろう」

2020年5月6日(合衆国の感染者:1268819人)
トランプ「このウイルスは消え去るだろう。時間の問題だ」

2020年5月8日(合衆国の感染者:1327754人)
トランプ「これはワクチンなしでいなくなるだろう」

2020年5月11日(合衆国の感染者:1393513人)
トランプ「我々はその瞬間に立ち会った。我々は勝利している」

2020年5月15日(合衆国の感染者:1494646人)
トランプ「いなくなるだろう。ある時点で、いなくなるだろう」

2020年6月15日(合衆国の感染者:2187230人)
トランプ「もし検査を直ちにやめたら、感染者数はもっと少なくなっていただろう。たとえあるとしても」

2020年6月16日(合衆国の感染者:2212864人)
トランプ「私はいつも言っているんだ。(ワクチン)なしでも、いなくなるってね」

2020年6月17日(合衆国の感染者:2239121人)
トランプ「数字は実際と比較してとても微少だ。消えているよ」

2020年7月1日(合衆国の感染者:2779953人)
トランプ「思うにある時点で、それは消えるようになるだろう」

ハーバードの世界医療理事は合衆国の対応を「大失態」と呼びました。

「私たちの(国の)対応は、影響を受けた他の国々のほとんどよりはるかに、はるかに悪いです」(アシシュ・)ジャーは言う。
彼はそれがいかに悪いものかを説明するのに「見事な」「大失態」「びっくりするような」という言葉を使う。
「幾つかの国ではとても積極的で、実際に全くいい仕事をしています」彼は言う。
「他の国では全く不足していて、思うに、非常に苦しんでいる。私たち全員のために学ぶべき教訓があると思います」NPR

 なるほど、大失態ですか…。トランプはこれには同意しないでしょうが、私は大失態と呼ぶのに同意します。20万人という数字は重い。

ドナルド・トランプ

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

« 『行こうよ、八王子』公益社団法人 八王子観光コンベンション協会 | トップページ | 成子冨士淺間神社竣成記念碑(成子天神社) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『行こうよ、八王子』公益社団法人 八王子観光コンベンション協会 | トップページ | 成子冨士淺間神社竣成記念碑(成子天神社) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31