無料ブログはココログ

« 護衛不動尊の碑(目黒不動尊) | トップページ | 兜松之碑(鎧神社) »

ケイリー・マクナニー曰く、トランプは新型コロナについて「嘘をついたことはない」(2020年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/6dvJB_Ov7DU

出演:ケイリー・マクナニー
原題:McEnany says Trump ‘never lied’ about the coronavirus

あらすじ…ボブ・ウッドワードのインタビュー音声についての質問に、ホワイトハウスのマクナニー報道官が答える。

 ボブ・ウッドワードが2月7日にトランプにインタビューし、トランプはその時点で新型コロナウイルス(COVID-19)の脅威について知っていたと言い、更に3月19日のインタビューでは新型コロナの脅威を軽く見せかけたいと言いました。その音声テープが公開されるに及んで、記者がホワイトハウス報道官に質問をしているといった次第。
 それでは拙訳をどうぞ。

【拙訳】
マクナニー「ポーラ」
記者「ケイリー、ありがとう。ウッドワードのインタビューについて質問です。トランプ大統領はアメリカ国民に対して、今や20万人近くのアメリカ人が死んでいるCOVIDの脅威について意図的にミスリードしましたか?」
マクナニー「絶対に違います。この大統領は、一度に乗り越えられない挑戦に直面している時、自信を表わすことが重要なのです。平静を表わすことが重要なのです」
記者「軽く見せかけていることが平静を表わす? 不正直では? 嘘をついているみたいです」
マクナニー「引用の残りを読んでみて下さい」
記者「ここにあるのはこれだけです」
マクナニー「最後の部分を除外してますね」
記者「『60ミニッツ』をフルで聞きましたよ」
マクナニー「失礼、ちょっといいですか」
記者「彼がこのパンデミックの脅威についてアメリカ国民をミスリードしたことを否定なさるのですか?」
マクナニー「もちろん否定します。彼は大混乱を見たくなかったということを明らかにしています。ちなみに、引用の第2パートです。そこはあなたの読み間違えです。それから大統領は、この話し合いをボブ・ウッドワードと行なってから数日後、この壇上でこのことを言いました。3月30日、彼は言いました。『彼らを落ち着かせておきたい。我々はすごい仕事をしている。個々の声明を見れば、これらは全部本当だ。落ち着け。それは消え去るだろうが、落ち着いていることが重要だ』 だからこの大統領は指導者―よき指導者がすることをしているのです。一度に乗り越えられない挑戦に直面している時、落ち着いて断固としているのです。これがこの大統領がやっていることです」
記者「これらのテープを聞くと、大統領がCOVIDによってもたらされた脅威についてアメリカ国民に嘘をついたように見えませんか?」
マクナニー「大統領はアメリカ国民に対して、COVIDについて嘘をついたことはありません。大統領はとても…大統領は平静を表わしていて、彼の行動はそのことを反映していました。1月6日、CDCは他の多くの活動の中で、合衆国で感染が確認される前に、武漢の旅行注意報を発信しました。一つ言及すると、ファウチ博士は言いました。『この大統領は積極的な反応を持っている。他の誰かがこれ以上のことをできたという状況を私は想像できない』 これが、この大統領の記録なのです」

 トランプのフォローをしなければならないのは大変ですな。ショーン・スパイサーやサラ・ハッカビー・サンダースの苦労が偲ばれます。
 しかし、だからと言って嘘をついていいわけがない。例えば「大統領はアメリカ国民に対して、COVIDについて嘘をついたことはありません」という発言なんかは嘘に嘘を塗り固めるようなものです。
 ちなみに、トランプが新型コロナについて嘘をついた事例は、当ブログの記事「合衆国内のコロナウイルス感染者が急増する中、トランプは全て順調だと言って数ヶ月を無駄遣い」にて訳してあるので、参考までにどうぞ。

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

« 護衛不動尊の碑(目黒不動尊) | トップページ | 兜松之碑(鎧神社) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 護衛不動尊の碑(目黒不動尊) | トップページ | 兜松之碑(鎧神社) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31