無料ブログはココログ

« 関神社再建の碑(関神社) | トップページ | 新社殿御造営費奉納者の碑(関神社) »

ケリーアン・コンウェイの面白発言集(2020年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/98pLwX1nqpI

出演:ケリーアン・コンウェイ
原題:Kellyanne Conway's controversial moments while working at the White House
製作:ワシントンポスト紙

あらすじ…ケリーアン・コンウェイの面白発言を紹介。

 ケリーアン・コンウェイはトランプのカウンセラーを長らく務めていたのですが、8月に退任を発表しました。
 それでは拙訳をどうぞ。

【拙訳】
2020年5月27日
ケリーアン「つまり、彼らはカップケーキを得るため、ジョージタウン・カップケーキ(※1)で1時間並んで待ちます。だから、彼らはおそらく、投票をする際に重大で批判的で根本的に重要な何かを行なうために並んで待つことができると思います」

2019年7月16日
記者「彼が言及していた国とは?」
ケリーアン「あなたの民族性は?」
記者「あ~、何の関連が…」
ケリーアン「いえいえ、私は訊いているの! 私の祖先はアイルランドとイタリアから来ました」
記者「ケリー、私自身の民族性は、私が尋ねている質問とは関連がありませんよ」
ケリーアン「いえいえ、彼が『本来』と言ったことについてあなたが尋ねてきたからよ」

2016年10月9日
インタビュアー「性的暴行を示唆し、それから…」
ケリーアン「それはとても不幸なフレーズですし、人々は本当にそれ(その言葉)を使うのをやめるべきです」
インタビュアー「なぜ?」
ケリーアン「なぜなら彼をよく知っているし、よくわかっているから」
インタビュアー「ですがそれは彼が言ったことです」
ケリーアン「彼は『性的暴行』の語を言いませんでした」
インタビュアー「ノー」

2017年1月22日
インタビュアー「なぜ大統領はホワイトハウス報道官に最初に壇上に立って全くの偽りを言うよう頼んだのですか? なぜ彼はそんなことをしたのですか? 初日にやるなんて、ホワイトハウス全体の信頼性を損なうんですよ」
ケリーアン「いいえ、違います。そうではありません、それについてはとても劇的ではありません、チャック。あなたはそれは偽りだと言っています。私たちの報道官ショーン・スパイサーに、もう一つの真実を提供したのです」(※2)

2017年2月2日
ケリーアン「オバマ大統領は、2人のイラク人がこの国へ来て過激化しボウリンググリーン大虐殺(※3)の首謀者になった後、イラク難民プログラムを6か月間禁止しました。多くの人たちはそのことを知りません。なぜなら、これは報道されなかったからです」

2017年7月12日
ケリーアン「だから、明確なんですよ、みなさん。先に―結論。共謀? いいえ。幻想・妄想? はい」

2017年2月14日
彼女は記者たちと喧嘩することで知られるようになった。
ケリーアン「時が経つにつれ、状況は明らかに持続不可能になりました。そしてフリン将軍(※4)は…」
記者「ケリー、それは無意味ですよ。先月、司法省がホワイトハウスに、フリン将軍が彼らをだましたと警告したんですよ」

2017年5月9日
(コミ―FBI長官の更迭を受けて)
アンダーソン・クーパー「あなたの(勤務する)ホワイトハウスは、彼がやったことは悪いことだったと言っています。しかし以前、ドナルド・トランプは候補者として、それは正しいことだと言っていました」
ケリーアン「あなたは別々の2つのものを混同していらっしゃいます。過去への感傷的な旅行をしてくれてありがとうございますわ。私たちはミシガンで勝つつもりでしたし、いかにしてそれをやろうとしていたのかを、昨年の秋に私はあなたの番組でしばしば言ってきました。それは楽しかったわ。でもこれが今日起こったことです」(※5)

2017年6月30日
ケリーアン「毎日テレビで―ジョージ、それはアメリカの人たちに対して、大統領にこの光を当てる助けにはなっていないのです。失礼。生産的でも愛国的でもありません」

2018年11月11日
ケリーアン「変わっていません。スピードアップしたのです。彼らはいつもそれをやっていて、実際に最初のダウンまたはタッチダウンがあるかどうかを確認するスポーツなのです」

2019年10月25日
ケリーアン「緊急速報なんて書いていなくてしかも記者ですらないのに、どうして自分を緊急速報の記者なんて呼ぶのかしら? 私に会ったことも、私と話したことも、私と電話したこともないくせに、私が感じる方法を特徴付けないで下さい―失礼、割り込まないで頂戴!」

2020年3月6日
記者「封じ込められているのになぜそれをしなかったのですか? 乗り越えられると?」
ケリーアン「封じ込められています。それでは封じ込められていないと思っていらっしゃる?」
記者「私は医者じゃありません」

2017年2月9日
彼女は幾つかの倫理違反にも問われていた。
ケリーアン「私が言おうとしているのは、イヴァンカの商品を買って頂戴ということです。買い物は嫌い。今日は自分で見つけるつもり」

2019年5月29日
記者「特別顧問室はこう言っています…」
ケリーアン「私は気にしないわ。聞いて」
記者「政府公務の中で…」
ケリーアン「結構。ブラブラ(※6)。聞いて」
記者「アラバマの特別選挙で…」
ケリーアン「ブラブラブラ。結構。すいません、1年半前のことを話していらっしゃるのかしら? 今日の質問と関係あるの?」

※1.ジョージタウン・カップケーキはカップケーキの専門店。
※2.トランプの就任式の観衆はスカスカだったにもかかわらず、トランプはたくさんの人が来ていたと強弁し、ショーン・スパイサー報道官も同様の強弁をした。
※3.実際にはそんな虐殺事件は起きていない。
※4.マイケル・フリン。トランプ政権下で国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたが、ロシアゲートで辞任に追い込まれた。
※5.結局何が言いたいんだ?
※6.馬鹿馬鹿しい、といった意味がある。

 こんな面白おかしい人が辞めちゃうなんて惜しいなあ。まあでも、彼女は家族との時間を大事にしたいと言って辞めるそうだから、おそらく家庭の問題を抱えているのでしょう。もしも無理に引き留めてコンウェイ一家が家庭崩壊を起こしでもしたら、それはそれで心苦しい。だから惜しいとは思っても引き留めようとは思いません。

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

« 関神社再建の碑(関神社) | トップページ | 新社殿御造営費奉納者の碑(関神社) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関神社再建の碑(関神社) | トップページ | 新社殿御造営費奉納者の碑(関神社) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30