無料ブログはココログ

« 『ジェイジー vol.109 2020年8月+9月』株式会社H14 | トップページ | 『TOKYO TREND RANKING 2020.8特別号』東京地下鉄株式会社 株式会社レッツエンジョイ東京 »

ニューヨーク市をアナーキスト地区にしている理由(2020年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/_X1-qi_CjPk

原題:What Makes New York City An Anarchist Jurisdiction?
備考:コメディ

 9月21日、司法省はニューヨーク市、シアトル、ポートランドの3都市をアナーキスト地区に指定し、連邦政府からの資金援助を見直そうとしています。
 それでは拙訳をどうぞ。

【拙訳】
ニューヨークの政治家たちは、トランプ大統領の、ニューヨーク市に対する連邦政府の援助を削減する最新の試みに反応しています。彼(トランプ)は司法省に、その都市をアナーキスト地区に認定させたのです。

アナーキスト地区のニューヨーク市。
もちろん、現実には、全てが順調のようです。
ただ自分の想像力とネットフリックスのアカウントを使うと、突然、バレエのギャングたちがウエスト・サイドを席巻している(※1)。巨大ゴリラが高層ビルを乗っ取っている(※2)。ワントン・ハーロッツは飲食店でオーガズムを迎えている(※3)。悪魔のお菓子がミッドタウンを脅かしている(※4)。そして最も恐ろしいことですが、ニューヨーク市にはこの馬鹿が住んでいます(※5)

※1.映画「ウエスト・サイド物語」
※2.映画「キングコング」
※3.映画「恋人たちの予感」
※4.映画「ゴーストバスターズ」
※5.映画「ホーム・アローン2」

 最後の「この馬鹿」のところでドナルド・トランプが登場。これには笑っちゃいました。なるほど、たしかにこれは恐ろしい。

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

« 『ジェイジー vol.109 2020年8月+9月』株式会社H14 | トップページ | 『TOKYO TREND RANKING 2020.8特別号』東京地下鉄株式会社 株式会社レッツエンジョイ東京 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ジェイジー vol.109 2020年8月+9月』株式会社H14 | トップページ | 『TOKYO TREND RANKING 2020.8特別号』東京地下鉄株式会社 株式会社レッツエンジョイ東京 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31