無料ブログはココログ

« メラニア・トランプ像が燃やされた後撤去される(2020年、アメリカ) | トップページ | 四季の踊り:冬、雪の踊り(1900年、フランス) »

佛頂尊勝陀羅尼の碑(称往院)

 烏山寺町の称往院にある、佛頂尊勝陀羅尼の碑を解読してみました。ただし、私は梵字は読めないので、その部分は読み飛ばします。

佛頂尊勝陀羅尼の碑

【碑文】
(表)
佛頂尊勝陀羅尼
(長文の梵字)

(裏)
一天太平 百穀豊登
報謝四恩 利滲六道
(短文の梵字)
   元治改元甲子季六月二十七日立

 佛頂尊勝陀羅尼は尊勝仏頂(如来の肉髻)に捧げる陀羅尼(長文の呪文)で、表の「長文の梵字」がそれに当たるものと思われます。
 それから、裏面の漢文を現代語訳すると、「世界平和、全ての穀物は豊に実る。四恩(人がこの世に受ける四つの恩)に感謝してこれに報い、御利益は六道(衆生が輪廻転生する六種の世界)に滲む。」となるでしょうか。
 いや、あるいはこうかもしれません。「世界が平和になれば、全ての穀物は豊に実る。四恩に感謝してこれに報いれば、その御利益は六道に滲む。」

 ところで、この碑が立てられた元治元年(1864年)は幕末で、この年には池田屋事件や蛤御門の変(禁門の変)が起こっています。
 何とも物騒な年で、「一天太平」とは程遠い。

« メラニア・トランプ像が燃やされた後撤去される(2020年、アメリカ) | トップページ | 四季の踊り:冬、雪の踊り(1900年、フランス) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メラニア・トランプ像が燃やされた後撤去される(2020年、アメリカ) | トップページ | 四季の踊り:冬、雪の踊り(1900年、フランス) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31