無料ブログはココログ

« マイケル・コーエンは自宅軟禁の条件を拒否したと報じられる(2020年、アメリカ) | トップページ | メラニア・トランプ像が燃やされた後撤去される(2020年、アメリカ) »

大根の碑(待乳山聖天)

 待乳山聖天(東京都台東区)の境内にある大根の碑を解読してみました。

大根の碑

【碑文】
奉献
文政三年庚辰秋九月
新吉原神楽講中

 大根は聖天の好物であり、ここに大根を奉納する習わしがあります。私がお参りした際にもそういった大根を見かけました。
 さて、この石碑の大根を見ると、二股に分かれた大根の足を互いに交差させています。これは性交の暗喩(メタファー)ですな。
 そもそも聖天は大聖歓喜天、歓喜天ともいいますが、歓喜のいわれは十一面観音の化身と交合して歓喜を得たことによります。つまり、成り立ちからしてエロいわけで、この大根の碑もそれを踏まえているのでしょう。
 ところで文政3年(1820年)は江戸時代後期、化政文化が花開いた頃で、この時期には滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』が刊行されていたりします。

« マイケル・コーエンは自宅軟禁の条件を拒否したと報じられる(2020年、アメリカ) | トップページ | メラニア・トランプ像が燃やされた後撤去される(2020年、アメリカ) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイケル・コーエンは自宅軟禁の条件を拒否したと報じられる(2020年、アメリカ) | トップページ | メラニア・トランプ像が燃やされた後撤去される(2020年、アメリカ) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31