無料ブログはココログ

« 太宰治「誰」 | トップページ | 新型コロナウイルスはもうたくさんだ!(2020年、アメリカ) »

太宰治「新ハムレット」

あらすじ…デンマーク国エルシノア城。王子ハムレットは悶々とした日々を送っていた。父王が死んでその弟が即位し母と結婚したのだ。

 原作は言うまでもなくシェイクスピアの『ハムレット』。
 シェイクスピア版との違いは色々とありますが、一つは登場人物が削られていることが挙げられます。先代の王の幽霊は登場せず、代わりに噂話として言及されるにとどまっています。又、ローゼンクランツとギルデンスターンも登場せず、フォーティンブラスや旅芸人一座さえも登場しない。随分と小じんまりした感じを与えます。
 舞台が一国の王城であることを考えると、もっと人がいてもいいし、もっと人が出入りしてもいい。
 それから、ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、あの結末は決着になっておらず、釈然としないものが残ります。これはどうやら、作者(太宰治)が力尽きたようです。さすがにシェイクスピアの傑作の壁は高いと言うべきか。

【参考文献】
太宰治『太宰治全集4』筑摩書房

【関連記事】
シェイクスピア(目次)

« 太宰治「誰」 | トップページ | 新型コロナウイルスはもうたくさんだ!(2020年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太宰治「誰」 | トップページ | 新型コロナウイルスはもうたくさんだ!(2020年、アメリカ) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31