無料ブログはココログ

« 『すみだ 5つの博物館めぐりガイド』すみだ企業博物館連携協議会 | トップページ | 『上野オークラ劇場 2020.1 Vol.145』上野オークラ劇場 »

「ハロウィン」の殺人鬼のメイキング(2018年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/jpRcnADLmNI

原題:Making a 'Halloween' Murderer: Michael Myers
備考:コメディ

 ドキュメンタリータッチのコメディです。
 マイケル・マイヤーズについては今更説明するまでもないと思いますが、簡単に説明すると、映画「ハロウィン」シリーズの殺人鬼です。
 とりあえず拙訳をどうぞ。

【拙訳】
1978年10月31日、イリノイ州ハドンフィールド
救急オペレーター:こちら911、どうしましたか?
通報者:ウチの通りで何かあったんだ。叫び声がして、肉切り包丁を持った、マスクをした巨漢を見たんだ。
救急オペレーター:どんなマスクですか?
通報者:ハロウィンのマスクだ。白くて、まるで…ウィリアム・シャトナーの顔だ。
救急オペレーター:スター・トレックの?
通報者:そう、スター・トレックの。
救急オペレーター:あれ大好き。
通報者:誰かを送ってくださいませんか?

フィル・ブロディ巡査部長
ハドンフィールド警察署(1977-1998)
ブロディ「一目瞭然でした。つまり、ハロウィンの夜のコスチュームの容疑者を特定するという初歩的な問題があったのです。ですが後に複数の証人が来て、犯人が殺人の武器を所持していることがわかりました。我々は自白以外は全て持っていました。事実、彼は自白しなかった。ああ、彼がどれほど静かだったか、いまだに恐ろしいよ。忘れちゃいない…あの不気味な静けさを」

マイケル「これ録ってるの? OK、いいよ。カメラはどこ? OK」
ハロウィンの殺人鬼のメイキング
マイケル「ああ、うん、『彼はしゃべらない』ってのがどこから来たのかわからないよ。とにかく黙秘権を行使したんだって。今はしゃべってるよ。俺が言いたいのは…俺を悪い奴に仕立ててるってことだ」
インタビュアー「それではベビーシッター殺しには全く関与してないと?」
マイケル「何? してないよ。ベビーシッターは大好きなんだ。殺したって? なんでそんなこと…問題提起すべきだと思うよ。ほら、こんなこと言うのは簡単だけど、俺は子供がいない。40年間牢にいたんだ。やっちゃいないよ」

キンバリー・テイラー
リビングストン郡地方検事局特別検察官
テイラー「証人は、彼が被害者の学校、オーク通りの茂み、そして殺人の日に現場にいたと証言しています。それからこちらが、ローリー・ストロードの調書で、『彼は私を刺した』とあります」

マイケル「みんな過去を話すのが大好きだ。俺はそれを悲しいことだと思う。正直言うと、そうだ。昨日は去った、明日はまだ来ない、我々には今日だけだ。俺のお気に入りの一人、マザー・テレサ(の言葉)だよ。いいか、俺は悪い奴じゃない。誰かに訊いてみろよ。俺の友達の誰かと話してみりゃあいい」

ジェイソン・ボーヒーズ
サマーキャンプの管理人
ジェイソン「マイクが殺人鬼だって? バカ言っちゃいけないよ。俺はあいつとは40年以上の付き合いだぜ。マイクが殺した唯一のものはダンスフロアだけだ。ああ、いや、誰も殺してないよ。ちなみに俺もやってないぜ、念のため」
マイケル「ボーヒーズが? いいねえ! 俺たちは何度か一緒だった。俺たちはしょっちゅう殺してたんだ…熊をな!」
インタビュアー「彼はあなたのことをよく話してくれました。しかしここに、検事が私たちに提供してくれたテープがあります。あなたが一連の犯行に関与した証拠となるビデオです」
マイケル「ああ。ああ。ああ、OK、見ろよ。OK、ひどいものだ。だけど…こいつは…マスクをかぶってる。他の誰かってこともありうる。あんたの可能性だってある。ほら、あんたのアリバイは?」
インタビュアー「私は2歳でした」
マイケル「話を逸らすなよ」
インタビュアー「はい、OK、しかし殺人鬼はあなたが今かぶっているのと同じマスクをかぶっていました」
マイケル「ああ、よし、ほら。いい趣味が犯罪なら…手錠をかけておけ」

ブロディ「あなたがなぜいまだにマイヤーズの事件を嗅ぎまわっているのかわからない。明々白々だよ。彼は若者たちを殺した、おしまい。ちょっと失礼。ああ、何だ? いや、彼を出すわけにはいかない!」

新しいDNAの証拠により、1978年のベビーシッター殺しではマイケルが無罪となる。
40年の時を経て、彼は社会に戻ってくる。

マイケル「やあ、フレッド。かけ直していい? ああ、じゃあね。失礼。ストローくれる? いいかな? ありがとう。最近何をしているかって? あ~、ほら、ん~、人生を楽しもうとしてるよ。ほら、本物の超越瞑想に没入してるんだ。大きなニュースは…ある人と出逢った」

ジェイソン「マイクは失われた時間を取り戻そうとしている。いいことだ、なあ? 先日あいつとあいつの女と一緒に遊んだんだけど、あいつらは10代のカップルみたいだった! ああ、もう少しであいつらを湖でぶっ殺すところだったぜ!」
インタビュアー「えっ?」
ジェイソン「えっ?」

マイケル「気にしないよ、みんなが俺のことを無実だと思うかそうじゃないと思うかなんて。もう終わったことだ。俺は未来を向いていたいだけなんだ。俺がやってみたいことはまだいっぱいあるんだ」

テイラー「リハビリ? いいえ、1秒だって信じられません。マイケル・マイヤーズはかつて殺人を犯したし、これからも犯すでしょう。それから、私があなただったら、可能な限り遠くへ逃げるでしょうね」

このインタビューの直後、マイケルは新たに発見された殺人事件により拘留された。

ブロディ「今でもあのDNA検査は狂っていると思っています。だから私は彼のファイルを読み直し、見過ごされてきた彼の他の犯罪を暴き出したのです。ここには10、11ものハロウィンの殺人事件があるのです!」

マイケル「ああ、戻ったよ。ムショの中にね。ええと、どうするのかって? 腐った司法制度だ。な? だが一つ、俺に希望を与えてくれる一つのことがある。それは、多くのいい人たちがあそこにいるということだ。彼らはまだ俺の無実を信じてくれている」
彼はハロウィン3にはいなかった
マイケルを釈放しろ、トランプを投獄せよ

マイケル・マイヤーズはスミス・グローブ精神病院に監禁されている。
彼は現在一人ぼっちである。

 最後の方で抗議活動をしている連中は、インタビューにも出てきたジェイソン・ボーヒーズ(映画「13日の金曜日」シリーズの殺人鬼)を始めとして、チャッキー(映画「チャイルド・プレイ」シリーズの殺人鬼)、フレディ・クリューガー(映画「エルム街の悪夢」シリーズの殺人鬼)、レザーフェイス(映画「悪魔のいけにえ」シリーズの殺人鬼)。凄いメンツだこと!
 尚、プラカードの英文もついでに訳しておきました。
 1つ目のプラカードについて言うと、たしかに「ハロウィン3」にはマイケル・マイヤーズは出ていませんが、裏返せばそれ以外では出ているということです。
 それから2つ目は…こんなところでトランプネタをねじ込んできています。さすがはトランプ、ネタの宝庫だけのことはある。

マイケル・マイヤーズ

【関連記事】
13日の金曜日(目次)
ハロウィン(目次)
ドナルド・トランプ(目次)

« 『すみだ 5つの博物館めぐりガイド』すみだ企業博物館連携協議会 | トップページ | 『上野オークラ劇場 2020.1 Vol.145』上野オークラ劇場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『すみだ 5つの博物館めぐりガイド』すみだ企業博物館連携協議会 | トップページ | 『上野オークラ劇場 2020.1 Vol.145』上野オークラ劇場 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30