無料ブログはココログ

« 椿姫(1937年、アメリカ) | トップページ | イエーツ「鷹の井戸」 »

イエーツ「心のゆくところ」

あらすじ…ブルイン夫妻は神父ハートを家に招いて相談をする。曰く、息子の嫁メリーが仕事をさぼって本ばかり読んでいるというのだ。とそこへ、妖精の子供がやってくる。

心のゆくところ

 メリーは一体どんな本を読んでいるのでしょうか? メリーが語ったところによると、アイルランドの王女イデーンが歌声に誘われて妖精の国へ行ってしまったという物語です(P29)。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、この後の展開と非常に重なると言ってよい。
 ともあれ、メリーの「心のゆくところ」はどうやら妖精の国であるようです。

【参考文献】
イエーツ『鷹の井戸』角川書店

« 椿姫(1937年、アメリカ) | トップページ | イエーツ「鷹の井戸」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 椿姫(1937年、アメリカ) | トップページ | イエーツ「鷹の井戸」 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30