無料ブログはココログ

« 『新宿フィールドミュージアム2019 オフィシャルガイドブック 後期号』新宿フィールドミュージアム協議会 | トップページ | 『第13回 都立庭園 紅葉めぐりスタンプラリー』JR東日本 »

蕎麦の心(2016年、アメリカ)

 この自主製作映画は、Vimeoで観ました。
https://vimeo.com/192834629

 YouTubeでも観られます。
https://youtu.be/Xx_Us3Kp-qs

監督:アンドリュー・グーイ
出演:相馬睦子
原題:THE HEART OF SOBA
備考:ドキュメンタリー

あらすじ…蕎麦(そば)を打つ。

 出演者(相馬睦子)はシアトルで蕎麦を打っている人です。
 とりあえず訳してみました。少々長いですがどうぞ。

【拙訳】
最初に蕎麦を作ってくれたのは祖母でした。
家族の夕食に蕎麦と天ぷらを作ってくれたのです。
挽く際には、この大きな石をゆっくり回さなければなりません。
早すぎると小麦粉が粗くなるし、それに熱くなって香りがなくなります。
7年前から蕎麦を作り始めました。
私は新鮮な蕎麦を食べて育ってきたので、アメリカでは(それがなくて)寂しかった。
だから自分で作り始めました。
二八蕎麦と呼ばれるものです。
20%小麦粉、80%蕎麦粉。
それから、水を加えます。
生地がすごく滑らかになり、空気が全部抜けるまで捏ねます。
古い技術が重要で、
天気や湿気や湿度のレベルで変わってきます。
そう、水を加える量とか。捏ねる回数とか。
雨の日は加える水を減らします。
寒い日はちょっと多めに加えます。
生地を円形から四角にするために同時に押し下げて叩きます。
四角になった後は、1.2mmの厚さに伸ばします。
生地を切る時、1.2mmになるようにします。
これで均等に調理できます。
(麺を)振って、すべての層に少しの小麦粉が行き渡るようにします。
そして余分な小麦粉はすべて振り落とします。
蕎麦の料理だけじゃありません。
一般的に、料理は自分が愛する人のためにすることなのです。
心からの物作り、その一歩一歩が重要なのです。

 日本語訛りの英語なので、日本人の私には聞き取りやすかったです。
 それにしても、これを観ていたら蕎麦を少々食べたくなってきました。そのうち自宅で茹でて食おうかな。

« 『新宿フィールドミュージアム2019 オフィシャルガイドブック 後期号』新宿フィールドミュージアム協議会 | トップページ | 『第13回 都立庭園 紅葉めぐりスタンプラリー』JR東日本 »

自主制作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『新宿フィールドミュージアム2019 オフィシャルガイドブック 後期号』新宿フィールドミュージアム協議会 | トップページ | 『第13回 都立庭園 紅葉めぐりスタンプラリー』JR東日本 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31