無料ブログはココログ

« パソコンから出てきた妖怪画 | トップページ | 『コモ・レ・バ? Vol.41 Autumn 2019』CONEX ECO-Friends株式会社 »

トランプは異なる人物について同じ話をし続ける(2019年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/mLjg5hWhZ7c

出演:ドナルド・トランプ
原題:Trump keeps telling the same story with different characters
製作:ワシントンポスト紙

あらすじ…トランプは異なる人物について同じ話をし続ける。

 まずは拙訳をどうぞ。

【拙訳】
2019年9月9日(人々)
トランプ「そしてもし本当にそれについて考えるなら、私は人々に言ったんだ、『もっと重要なのは何か? ゴラン高原か首都エルサレムか? そこに大使館を移転することか?』と。彼は言った、『どれでもありません。あなたがイランでしたことはそれらより重要なことです』と。私は言った『ああ、君は正しいと思うよ』」

2019年12月7日(共和党の出資者シェルドン・アデルソン)
トランプ「私はシェルドンに言った、『もっとでかいのは何だ?(中略)イスラエルか、大使館がそこに入ったことでイスラエルの首都になったエルサレムか、ゴラン高原か?』と。彼は言った、『どれでもありません』と。(中略)彼は言った、『あなたがイスラエルのためにした最大のことは、オバマ大統領によって作られた恐ろしく一方的で破滅的な取引をぶち壊して葬ったことです』と」

2019年12月11日(ニューイングランド・ペイトリオッツのオーナー、ロバート・クラフト)
トランプ「私は言った、『ボブ・クラフト、もっとでかいのは何だ? ユダヤ人にとってどれが重要なんだ?』と。彼は言った、『どれでもありません』と。私は言った、『どういう意味だ?』と。彼は言った、『イランとの核取引を葬ったことがそれらよりでかいです』と。本当のことだと思うよ」

2019年12月11日(開発業者チャールズ・クシュナー)
トランプ「それから私はチャーリー・クシュナーに訊いたんだ、『チャーリー、聞かせてくれ、ユダヤ人にとってどれがでかいんだ? エルサレムに大使館を移転してそこがイスラエルの首都になったことか? どれがでかいんだ? それか、ゴラン高原か?』と。彼は言った、『どれでもありません』と。私は言った、『どういう意味だ?』と。彼は言った、『あなたがやった全てのことの中で最大のものは、イランによる核の破滅を終わらせたことです』と。本当のことだと思うよ。本当のことだと思うよ」

 同じ話しかしない人というのはいますけど、トランプの場合は相手の反応が同じと来たもんだ。おそらく、トランプの頭の中にこの種の話のテンプレがあって、その時々に応じて人物名を入れ替えて話しているのでしょう。

ドナルド・トランプ

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

« パソコンから出てきた妖怪画 | トップページ | 『コモ・レ・バ? Vol.41 Autumn 2019』CONEX ECO-Friends株式会社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パソコンから出てきた妖怪画 | トップページ | 『コモ・レ・バ? Vol.41 Autumn 2019』CONEX ECO-Friends株式会社 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29