無料ブログはココログ

« 『BLUE NOTE TOKYO jam Vol.197 SEP-OCT 2018』ブルーノート東京 | トップページ | 『BLUE NOTE TOKYO jam Vol.198 OCT-NOV 2018』ブルーノート東京 »

ソウ(2004年、アメリカ)

監督:ジェームズ・ワン
出演:ケイリー・エルウィス、リー・ワネル
原題:SAW
備考:サイコスリラー、R15+

あらすじ…二人の男が密室に監禁された状態で目覚める。部屋の中央には死体が。殺人鬼ジグソウの仕業だ! 二人は何とかして脱出しようとするが…。

 残虐描写注意。流血のみならず人体切断なども登場します。

 私はこの作品をレンタルビデオのDVDで視聴したのですが、そのDVDに収録されたメイキング映像に監督(ジェームズ・ワン)が登場し、そこで「ソウ」が自主制作映画として作られたことが語られています。
 部屋に監禁されていてそこから脱出しようとする、というモチーフならばたしかに、自主制作映画のような低予算とも相性がいい。
 もちろんそこからどう面白くするかが腕の見せ所です。それではこの「ソウ」はどうかというと…そうですな、ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、結末には唸ってしまいましたわ。そうきたか、とね。

« 『BLUE NOTE TOKYO jam Vol.197 SEP-OCT 2018』ブルーノート東京 | トップページ | 『BLUE NOTE TOKYO jam Vol.198 OCT-NOV 2018』ブルーノート東京 »

2000年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『BLUE NOTE TOKYO jam Vol.197 SEP-OCT 2018』ブルーノート東京 | トップページ | 『BLUE NOTE TOKYO jam Vol.198 OCT-NOV 2018』ブルーノート東京 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30