無料ブログはココログ

« ミミック(2016年、アメリカ) | トップページ | 信玄棒道ウォーキング(2015年、日本) »

『あいぼりー Vol.110 2018 September』京王電鉄株式会社

 特集は「“オトナカルチャー”はじめませんか?」(P4-11)。
 何をもって「オトナカルチャー」とするかは個人によって異なるでしょうし、ここで無理に厳密な定義付けをしなくてもいい。ただ、映画鑑賞、それも大人しか観ないような映画を視聴するのもオトナカルチャーの一つだということは申し上げておきます。
 そういえば本誌P10には映画「不思議惑星ギン・ザザ」「黒猫・白猫」が取り上げられていますな。ただし私はどちらも未見。
 そんなわけで、私からもオトナカルチャーにふさわしそうな映画を挙げておきます。↓

戒厳令(1973年)
第七の封印
惑星ソラリス

あいぼりー Vol.110 2018 September

« ミミック(2016年、アメリカ) | トップページ | 信玄棒道ウォーキング(2015年、日本) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミミック(2016年、アメリカ) | トップページ | 信玄棒道ウォーキング(2015年、日本) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30