無料ブログはココログ

« トランプ大統領がイギリスのテレサ・メイ首相をホットじゃないと言う(2018年、イギリス) | トップページ | トランプが破った最大の30の約束(2018年、アメリカ) »

倉山満『大間違いの織田信長』KKベストセラーズ

 何が大間違いなのか? 本書によると以下の通り。

 最初に言っておきます。みんなが知っている「織田信長」のイメージと、信長を専門とする研究者の示す信長像は、まったくの別人と言ってよいほどです(詳しくは、日本史史料研究会編『信長研究の最前線』洋泉社をどうぞ)。(P16)

 つまり、一般的にイメージされている織田信長像が大間違いだと言っているわけですな。このテの歴史本では従来のイメージを覆そうとするのは珍しくないのですが、大間違いとは大きく出ています。
 では、どこが大間違いなのかというと、例えば「第五章 信長はものすごい働き者だった」…って、さすがに信長が働き者だってことくらい私でも知ってますわ。
 ところで、本書を読んで私が「おや?」と思ったのは、小早川隆景をボロクソに言っていることです。詳細は本書の記述に委ねますが、隆景は「言うなれば『太平記』の大悪役、坊門清忠みたいな奴です」(P260)って、これはひどい。

【参考文献】
倉山満『大間違いの織田信長』KKベストセラーズ

« トランプ大統領がイギリスのテレサ・メイ首相をホットじゃないと言う(2018年、イギリス) | トップページ | トランプが破った最大の30の約束(2018年、アメリカ) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプ大統領がイギリスのテレサ・メイ首相をホットじゃないと言う(2018年、イギリス) | トップページ | トランプが破った最大の30の約束(2018年、アメリカ) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30